朔saku

古民家リノベーション ‘日本料理 朔saku

竣工:2015年5月
設計:沓沢敬/朔、 高橋一浩/木神楽
施工:沓沢敬/朔、(株)木神楽
作庭:沓沢敬/朔

築100年程の小さな古民家を、料理店にリノベーション。構造部分は木神楽で担い、造作は施主自ら仕上げた。古家の構造は、柱と梁を残しほとんどを入れ替えた。造作から作庭、看板まで、オーナー夫妻の手により作られている。

古家部分21㎡、増築部分17㎡
外部屋根:桧皮葺き+草屋根、壁:土壁、基礎:石
内部床:松20mm板(古材)、壁:土壁、天井:野地板現し
設備厨房、カウンター、竃

撮影   加納準/加納フォト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。