• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 自然素材

海が見える山の家リフォーム(9)ロフトを作るの巻

この家では、ロフトを取り付けるのも重要なミッションの一つである。

 

ロフト、屋根裏部屋。

それは、本来の部屋ではなく、通常は隠される天井裏スペースを利用して作られる。

そこは、基本的に勾配天井であり、狭い。

 

しかしながら、そこは非日常的空間で、狭いながらも隠れ家的であり、秘密基地っぽくもあり、大人も子供もワクワクするスペースになる。

もちろんわたくしの自宅にも、広大なロフトスペースが作ってある。

今まで木神楽で建ててきた家のほぼ全てにも、ロフトスペースは取ってある。

 

リフォームで、ロフト付き部屋を施工した例

新築でもロフト付き

 

 

〝タイニーハウス小さく住む家〟にも、もちろんロフトはある。

 

そして、もちろんこの〝海が見える山の家〟のお施主様ご家族にとっても、ロフトスペースは夢の空間であり、今回何としても作らなければならないものだ。

しかし、そこには難関が待ち受けていた。

 

 

丸太の梁が邪魔をする

 

邪魔なんて言ってはいけない、構造的にはとっても重要な梁だ。

 

ロフトを取り付けるのは、吹き抜けにした元和室の部屋。

そこには瓦屋根を支えるべく太い松丸太が何本も入っていて、通常ならロフト空間は取れない。

 

しかしお施主様の夢を叶えるべく、我々木神楽スタッフは考えに考えた。

 

 

ロフトの高さは、高すぎても下からのアクセスが良くないし、低すぎると下の部屋を圧迫する。

 

そこら辺りを考えて、高さを設定する。ここでは、前の和室のちょうど天井あたりの高さに、ロフトの床を設定した。

 

 

ただこれだと、床のすぐ上を丸太梁が横切り、いまいち使い勝手はよくない。

そこで、さらに奥に一段上げて、ロフトを増設した。

 

奥の段は、ちょうど腰を掛けられる高さ。

丸太の梁の上に床を上げたので、あまり邪魔にならない。

こうして、少々変則的ではあるが、夢のロフトスペースが出来上がったのだ。

 

 

 

つづく

 

ラフターズカフェ制作日誌(11)Web内覧会その2 

店内は、漆喰塗りの壁、羽目板など無垢材をメインのところに使用して、ナチュラル感を出した。

っていうか、ナチュラルも何も、いつもの仕様である。

他のところも全て無垢材で仕上げるのが理想だが、使いやすさ(掃除のしやすさ)、メンテナンス性、コストなどを勘案し、無垢材と取り混ぜて、クロスやクッションフロアーを使っている。

 

 

オーナー様と何度も打ち合わせし、悩みに悩んで寸法を決めたカウンター席。
カウンター材には、赤松の集成板を利用。
シンプルなハイチェアは、IKEA。

 

 

一番奥にある大きなモニターが取り付く壁面には、何種類かの塗装をした杉の小割板をランダムに貼った。

 

 

ここも悩みに悩んで制作した、収納付きベンチ。
結構な収納スペースが出来た。

 

 

続く

ラフターズカフェ制作日誌(9)オーナーDIY編

ここの現場でも、オーナーご兄弟には頑張ってセルフビルドをやっていただいた。

全面的にお任せした塗装を始め、解体から設備・左官工事など、ほぼずっと一緒になって工事を進めた。

 

解体も予想以上に大変だったと思う。お二人が手に負えないところは、我々が担当した。

 

解体材や廃材の一時仮置場と化した、オーナー様ご自宅車庫。

 

 

手先が器用なお二人は、漆喰塗りも上手だった。

 

外部のモルタル塗りも、寒い中お尻を出しながら頑張るオーナー(兄)様。

 

内外部の塗装は、木部・モルタル部分ともに、私たちが現場を離れている日曜や深夜に進めてもらった。

 

IKEAで買って来た椅子を組み立て・塗装するオーナー(兄)様。

 

 

音響関係のお仕事をされていたオーナー(弟)様により、スピーカーやTV・PC配線はなされた。

 

そうして、解体からおよそ2ヶ月かけて、開店にこぎつけた。

次回は、完成写真を紹介しながら、この店のご紹介をしよう。

 

 

 

ラフターズカフェ制作日誌(6)収納できるベンチが欲しい

 

当初から要望のあった、収納付きのベンチ。

作るのに時間も予算も掛かるので、一旦保留になるも、オーナーの最初のイメージ通り、制作することになる。

取り付けるのは、客席側の壁面。まずは背もたれにもなる腰板を張る。

そしてそこにベンチを作るのだが、問題は収納だ。

 

どう作れば使い易いか、そして何より後々の故障が起きづらいか、を考えながら、形にしていく。

 

ベンチの座面には、杉板を利用。この部分を蓋にする。

 

上手く開くようにするには、細かい調整が必要だ。

そこのところは、弟子桝屋とスノーボーダー坂下が試行錯誤しながら、形にしていく。

 

そうして、見事に出来上がった、収納付きベンチ。

端から端までたっぷり収納できる。

無垢板で制作してあるので、後々板が反らないように、表裏に塗装をするのが良い。そこはオーナーの担当だ。

 

 

オマケ写真

 

このように人もすっぽりと入れます、かくれんぼ出来ます、と体を張って見せている坂下氏。
というわけでは決して無い。

裏からビスを打つために潜り込んでいるのだが、この後、ここから脱出するのに苦労することになる。

 

続く