• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 木の家ネット

小さなカフェの作り方その5

土壁を塗る

注)これは2018年12月の話です

この日、朝早くから現場に続々と集まる職人達。K山左官を筆頭に、大工や左官、さらにこの店のオーナーまでも。荒壁を一日で一気に塗ってしまう必要があるために人手が要るのだ。

荒壁とは、藁と土を混ぜた竹下地(えつり)に最初に塗りつける土のことを言う。その後、その壁が乾くごとに、大直し、中塗り、仕上げ塗りなど何回もの工程を踏まえて壁は完成する。土壁はその総称。

荒壁用の土は、近隣の泥コン屋さんから朝イチ運んでもらう。これを早速、えつり(竹下地)に塗り付けていくのだ。

泥コン屋とは、荒壁土を専門に扱う業者さんのこと。これも年々需要が減って廃業するところが多く、今でも営業しているのは貴重な存在。

こういう作業は、いつも大勢の職人でワイワイと楽しくやる。そう、建前と並んで家づくりのメインイベントなのである。そしてこの大勢の職人の息がピタリと合った時、それはもうすごい勢いで壁土が塗られていく。こういう作業は、大まかなミーティングはするが、その場の動き・流れで、各々が自分のやるべきことを判断して動くのだ。

この日は、自分も入れて総勢7名。次に新築予定のお施主様もお手伝いに来てくれた。
窓周りを円く仕上げる。手間の掛かるところだが、慌てず丁寧に。
塗り付けが終わったら、大きな定規を当てて、平らな面を出していく
全面に塗り付けが終わった!
壁の曲線も綺麗に。

何だか不思議な形の建物が出来上がって来たぞ。しかし完成はまだまだ。土壁塗りも、まだまだ続くのだ。

つゞく


木の家ネットとの出会い

さて、そもそも話つづき。

そうして会社を作ったはいいが、さして仕事が増えるわけでもなく、それでも何なりと大工仕事をやっていた。

そして、ある日、いつものごとく、友人大工の建て前応援に行った先で、それは起こった。
なんだか変な大工と出会ってしまったのだ。

やたら愛想のいい大工と出会う

職人って、普通は初対面ではムスッとして、あまり愛想良くない。が、彼は違った。
やたらと人懐っこく、面白いことを言っては人を笑わせたりして、直ぐに友達の輪を作ろうとする。

案の定、自分もそれに巻き込まれて、友達となる。
それがH峯建築設計のI山大工だ。
(本人の了承を得てないので、ここでは匿名とさせてもらおう)

ご本人のイメージ図。ギターを弾く彼の影響で、自分も音楽を楽しむようになる。

 

 

そんな風に、どんどんとネットワークを広げていく彼。
そして、そんな彼に紹介されて一緒に入会したのが、「職人がつくる木の家ネット」だ。

 

全国の職人のネットワーク、木の家ネット

 

木の家ネットでは、全国にいる様々な職人、工務店の経営者、そして素晴らしい設計者と出会い、勉強させてもらうこととなる。
木の家ネットでは、顔の見える関係を大切にしている。
そして、それぞれがいい仕事、いい家作りが出来る環境を整えようとする場でもある。

 

 

まだ見たことないかたは、是非とも木の家ネットのサイトを覗いてみて欲しい。
全国には色々な職人がいて、みんな、いい家作りを行っているのだ。

 

 

1