• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ ワークショップ

子どもイスワークショップ、の巻

夏休みに入り、暑い日が続く毎日。

そんなとある日に、子供向け椅子作りワークショップをした話。

 

場所は、鈴鹿の某公民館。そこでは色々な講座を主催していて、以前にも依頼されてカホンワークショップを開催したことがある。
その時の様子はこちら→ もっかぐらFun!のblog

そして、今回再度お声が掛かったのだが、以前とは違うのをやって欲しい、夏休みだからイスとか作って欲しい、という要望に応え、椅子作りをすることになる。

 

子供椅子を作る

子供用イス。

イベントの木工ワークショップでは、定番中の定番であろう。

とりあえず、工房にある材料で仮に作ってみる。

まあ、こんなものだろう。ということで、早速制作だ。
作ると言っても、当然、全部作っちゃダメだ。当日の2時間で、子供たちが無理なく完成出来るキットを作るのだ。

 

寸法を決めたら、材料の長さを揃えて切っていく。なるべく、子供達が迷わずに組み立てられるよう、分かりやすい大きさ、長さ、寸法にすることを心掛ける。もちろん釘も打ちやすいように、下穴も開ける。

用意するのはたかだか10セットだったが、寸法などを考えながらやってるので、予想以上に手間は掛かる。

それでも何とか10台分用意し、やって来た当日。

 

森と緑の話をする

さて、椅子作りに入る前に、まずは森と緑についての話をするのだ。

何でかというと、実は、この椅子作りは、三重県のみえ森と緑の県民税、という税金から交付された事業なのである。
三重県民の皆さんはご存知であろうか、4〜5年前から一人頭一律1000円の税金が掛けられているのを。

こんな立派なパンフレットも作られている。

そのパンフレットをよく見ると、こんなゆるキャラを発見。

カモミちゃんだそうだ。おそらくこれは三重県の天然記念物カモシカをアレンジしたものであろう。
この微妙な表情でチェーンソーを持っているのが、なかなかじわじわと来る。

 

まあ、そんなことは置いといて、三重の森の話をちょろっとしたら、早速椅子作りの始まりだ。

今回は、地元の老人会の皆さんがお手伝いに来てくれたので、大助かりである。

椅子の組み立てには、2種類の釘を使う。

脚の部分は、しっかりするように、かなり長い釘を用意したので大変だっただろうが、みんな頑張って打って組み立てた。

組み上げたら、最後はサンドペーパーで擦って仕上げる。
みんな、いいのが出来て嬉しそうだ。あとはお家でニスを塗るなり、色を付けるなり好きにするであろう。

 

 

 

静岡遠征日記② 富士で土壁を塗る

さて、この北山さんの現場でも活躍するのが、流浪の民ならぬ、流浪の左官、小山氏だ。

 


髭のクマさん小山さんと、ハンチング帽がトレードマークの北さん。

 

 

ここでも当然ながら、荒壁は、1年以上藁を漉き込み寝かしてある。もちろん編み上がったえつり竹も自分達で切ってきたものだ。

 

 

今回は、公開イベントなので、参加者が続々と集まってくる。


子供たちも来ていて荒壁付けの講習のあと、一緒に土塗りをする。

 

ちなみに子供達が塗っている場所は、土壁が見えなくなる箇所だから、まあちょっとくらいデコボコでも問題ない。

 

 

 

 

さて我々三重組は、せっせと荒壁塗りのお手伝い。前田は、左官屋顔負けのコテさばきでドンドン壁を塗り付け、sigezoは、せっせと荒壁を運び、自分は、主に土差しをする。土差しというのは、土を塗っている人に、土を受け渡す役割りのことだ。



お昼を挟んで、夕方迄お手伝い。

土塗りイベントは、翌日の日曜こそが参加者も多いメインの日だ。
が、次の日予定のある我々は、涙を飲んで帰宅するのであった。

おわり。

松阪の土壁の家⑦ 荒壁ワークショップの巻

次の工程は、いよいよ待ちに待った荒壁付け。

これは、去年の6月末くらい。ちょうど梅雨の中休みにうまく決行できた。


いちおう言っておくが、泥んこ遊びでは無い。しかし皆楽しそうだ。
家作りの重要な工程であるから、決して手を抜けないのだが、泥だらけになって泥を捏ねるのは何故だか楽しい。

参加した誰もが笑顔になってしまうこの荒壁練り。素足になって足で踏む。これによって土の固さ、水やスサの量を調節する。ずっとやっているのは結構しんどい。

日曜のこの日に出て来てやってるのは、小山左官とうちの大工と施主様。

そこへはるばると静岡から、助っ人登場!

その名を大工の北山さん。

静岡で、伝統構法の家作りにこだわってやっている大工の棟梁だ。彼の仕事は妥協を許さない。具体的には構造にとことんこだわる。とにかくでかい材料を使ってしっかりとした木組みをする。

そんな彼が、左官と大工の仲間をひき連れて来てくれた。これは心強い。

そして来てくれたからには、また此方からもお返しに行かねばなるまい。それが今週末にせまっている。
静岡遠征の報告は、来週アタマになるだろう。



荒壁は、片面づつ付ける。そして少し乾き始めたその時に、もう片面を塗り付ける。そうすることによって、両面の土が一体となり、より強固な壁となるのた。

そうして、荒壁塗りが終えたら、乾くまで暫く養生期間となる。土が乾いたら、次は大工工事だ。

ひとまず、小山さんお疲れ様!

3月の美杉むらのわ市場

3月9日(日)、美杉むらのわ市場へ、カホン手作りワークショップで、出店してきました。

場所は、美杉リゾートの火の谷ビール工場前広場。

むらのわ市場は、毎月第2日曜、美杉町のお店をメインに、手作り・オーガニックな食べ物や手作り品が出店されています。

 

IMG_0614

時間は、10時から2時まで。けっこうのんびりな感じですが、出してるお店、特に食事に関しては、本当にこだわりのお店ばかりです。

 

この市場では、市場と同時進行で、軽い講座的なものが開かれています。

この日の午前中は、お店を少し留守にし、「めぐる命のお話し会」に参加。

無農薬栽培などで知られる時芽輝農場の池添さんと、むらのわ市場の主催者でもある、きのカフェ店主と共に話しながら、料理の用意をし、食事をするという企画。

池添さんの話しをゆっくり聞くのは初めてで、農業だけでなく、生きることについてよく考え、それを実践している方だと感心。

池添さんの大豆ハンバーグ、きのカフェ特製、みんなで握ったおむすびを美味しくいただきました。

 

IMG_0616

 

昼からは、お店に戻り店番。

もっかぐらFun!で作っているカホンは、三重の杉製ですが、ここでは美杉限定、美杉の杉で作るカホンも用意してます。

 

午後来てくれた親子、弟くんがカホン小、お姉ちゃんは、美杉カホンを作っていってくれました。

ちなみに話しをしていると、お母さんは、私の友人の友人だということが判明。こういうことは非常に多いです。

こういう場所に出ていると、どんどん人と繋がって行く感じ。それはとても嬉しく、楽しいことです。

 

IMG_0621

 

ボンドを付けて、釘を打って、針金を張ったり、仕上げは、ペーパー掛け。

お姉ちゃん、なかなかいい手付きです。

IMG_0622

IMG_0620

IMG_0624
そして完成!頑張って作りましたね、お疲れ様でした。

カホン作りは、自分達で作るという経験をすること、地元の素材に親しむこと、そして老若男女、障がいのある方でも誰でも楽しめる、ということを目的にやっています。

次回のむらのわ市場は、4月13日(日)です。

1