• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ スモールハウス

小さく住む家⑬簾戸の使い方

簾戸(すど)をご存知だろうか。

格式高い旧家などで見られる、夏用の建具のことだ。
字の通り、すだれを建具の障子の代わりに入れ、風通しを良くするものである。
昔の日本家屋では、夏になると簾戸に入れ替え、涼しげに過ごしていたらしい。

 

さて、そんな古建具の簾戸が木神楽には長い間、在庫として眠っていが、今回ようやく日の目を見ることになる。

ここは、就寝スペースへの入り口。適度に視線の遮ってプライバシーを確保しつつ、しかし空気は通すという、この場所に最適な建具であろう。

 

簾戸の在庫は、まだまだあるので、今後もご希望のお客様があれば、どんどんと使っていきたい。
もちろん古建具なので、それなりに傷や汚れはあるが、框が漆塗りの高級建具である。

 

そして、玄関から入るダイニングと、サニタリールームへの入り口。

ここには少し幅が狭いめの硝子戸を入れる。
これは、去年、明和町で解体された古民家から引き上げてきたものだ。
早速再利用できて、嬉しい。

 

 

小さく住む家⑫内装編

内装工事は、どんどん進む。

断熱材を入れたら、杉板を貼る。狭い面積だが、板を張るのは結構手間暇のかかる仕事だ。

お施主様たっての希望の丸い窓も、綺麗に収まった。

 

ここは、間仕切り壁なのだが、急遽予定を変更して、漆喰を塗ること。
この壁が白くなることで、部屋の印象が随分と変わる。

さらに、上部には換気用の開口部を、これまた急遽開ける。
ここを開けることにより、室内の空気が循環、夏は熱気が抜けることを狙っているのだ。

 

 

 

 

 

小さく住む家⑧ 祝 上棟

9月も後半を迎えた大安吉日のこの日。

いよいよ、待ちに待ったスモールハウスの上棟日である。

そして弟子の桝屋の初棟梁の建て前でもある。

 

前日に降った雨が基礎の中に溜まり、朝から水を汲み出す。

周りもぬかるんで足元は良くないが、曇り空でそう暑くない天気は、建て前にはうってつけだ。

 

建て前だと、通常はクレーン車の登場だが、クレーンを使うほどの材料はないので、そんなものはいらない。

大工の人数も少ないが、小さな家なので、夕方までに屋根まで完成させるつもりで進める。

 

さて、構造は無事組み上がり、いよいよ屋根に取り掛かる。

この家は、何と言っても南に大きく張り出した屋根が特徴である。

いざ垂木を付けていくと、思った以上の張り出しだ。先端へ行くとフワフワと揺れるが、後で両側に袖壁をつけるので、それでしっかり固定されるはずだ。

 

この日は、お施主さんも、もちろん有給を取ってもらって参加。設計を手伝ってくれたS設計士も来てくれた。

屋根も出来上がり、最後にみんなで記念撮影。

 

この後は、木神楽の事務所に集合し、お施主さんを囲んで祝いの席となった。

私は早々に脱落したが、日を跨ぐまで宴会は続いたようである。

 

小さく住む家⑦ 古建具を使う

この家でも、古建具を使う。

 

数少ない室内の建具はもちろん、玄関の扉もリユース品だ。

ちなみに玄関の扉は、某所で捨てられそうになってたのを戴いてきたもの。

この家では、開き勝手が逆なので、取手や金具は付け替えて使う。

さらには、外側はべったりとペンキが塗ってあったので、それも削り取ってしまおう。

 

 

ここでもお施主さんの登場だ。
この日は、有給を取ってもらってのお手伝いだ。
自分の家づくりなのだから、取れる有給はどんどん取ってもらって、何でもやってもらう。

 

かなり根気のいる作業だが、ご覧の通り、綺麗な白木の状態までなってきた。

なかなか頑張りの効くお施主さんである。

こうなったら、これからもどんどん作業をしてもらうのだ。