• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ ジュリー珈琲

小さなカフェの作り方その4

壁にえつりを編む

屋根が出来たら、次は壁だ。ここの壁は円いので、どう仕上げたらいいのかが課題であったが、それはK山左官が一瞬のうちに解決したことは、先般お伝えした通りだ。→ジュリー珈琲制作秘話

竹割器で竹を割る

壁に使うのは、竹と土のみだ。竹はいくらでも曲がるので曲線下地を作れるし、大体の形を作っておけば、あとは土でどんな風にでも塗っていける。

材料に使う竹は、自分たちで山から切ってきたもの。それを写真のような竹割器で、いい具合の幅に割る。もちろん竹の太さはまちまちなので、いく種類かある竹割器の中から太さに合わせてチョイスするのだ。

竹というのは、経験した人ならと思うが、とっても気持ちよくパカっと割れる。まさにあの”竹を割ったような性格”と形容するように、あと腐れなくスカッと割れる。

まだ未経験の方がいたら是非とも一度体験してほしい。あなたも竹を割ったような性格になるかもしれない。


その割った竹の節を取り、壁に沿って編み込んでいく。これをえつりと呼ぶが、ここのえつりは伝統的なものとは違う。編み込むと言うよりタッカーで柱に打ち付け、竹と竹同士もタッカーで留める。


出来上がってくると、それはまるで大きな竹カゴのようで、これでもいいんじゃないかと感じるくらい。自然素材で作る建築というものは、それが例え下地の状態であろうが、それぞれの段階で美しいのだ。だから自分たちも例え下地の状態だからといって手を抜けない。下地であっても綺麗に美しく作りたい。

この窓周りが一番苦労した部分だ。アルミサッシの周りに上手く土が付くようにシュロ縄を巻いた竹をぐるりと回した。他の開口部分も同じく苦労したが、こここそが、この建物の見せ所になるのだ。

つづく

ジュリー珈琲制作秘話

秘話といっても大した話はない。

このジュリー珈琲(以降、小さなカフェと呼ぶ)のオーナー様から連絡があったのは、かれこれ一年以上前の話だ。なんでも自宅の庭に小さな小屋を建てて、そこでカフェを始めたいと言うのだ。最近スモールハウスづいてる私としては、飛び上がらんばかりの楽しいお話である。

そこで、私から提案させていただいたのが、かねてから温めていた円い小屋のアイデア。実は以前このような円い建物を却下された経験があった。。

(それでも懲りずに)ダメもとでご提案したところ、思いもかけず気に入っていただき、全面的に制作を任される運びとなったのだ。

まずは、基礎の準備。見ての通り、まずは12角形が構造の基礎となっている。

円い建物となると、どうしてもイメージは、おとぎの国、ムーミンの世界にあるような感じになる。しかし果たしてそれをどうやって現実化できるのだろう。それを解く鍵は、うちが得意としている木と土の家作りにあった。

「今度円いカフェを作ることになったんだけど、円い壁をどうやって作ろうか?」私は職人たちに相談した。仕上げは土か漆喰で塗ろうとは思っていたのだが、問題はその下地をどうやって作るかだ。私も含め、大工達が頭をひねる中、土で塗ることにこだわり続けているK山左官はこともなげに答えた。

「そんなの竹を曲げて作ったらいいんですよ。竹ならどんだけでも曲がるし、そこに土を付ければどんな形でも作れますよ!」これで、また一歩前進だ。

続く

小さく作る円いカフェの話

事後報告になるが、去年の暮れに着工し、今年3月に完成した、タイニーハウス的な店舗のことを書こう。

住宅地の隙間に建つ、円いカフェ

そう、もう完成して、お店は営業を始めている。その名も『ジュリー珈琲』

ここは、津市の久居射場町のとあるお家の庭に建っているおうちカフェである。ハンドドリップの美味しい珈琲や、今流行りのタピオカミルクティーなどを提供している。

ここの店主はちょっと面白い人で時々えっ?というようなメニューがあったりするのだが、詳しくはinstagramにジュリー珈琲の公式サイトがあるので、そこで検索されたし。

さて、この店は、見ての通り曲線を多用したユニークな建物だ。ご存知の通り、通常の建物は四角く、直線によって構成されている。それは何故かというと人間が機械などを使って加工するには、直線加工が最もコスト的に効率が良いからだ。よって直線、90度、そしてそれを利用した四角い建物が建てられるのである。

しかし、自然界の造形に直線はほとんど見られない。人間の住むところも、あまり道具がなかったその昔は、自然界のものを生かした曲線的な建物で構成されていた。それがいつしか道具を使い、機械を発明し、効率を追い求めていく中で、建築物は、直線で構成されるようになったのだ。

確かに直線は決して悪くはない。角が立ったピリッとしたものは、それは素敵で、人間にしか作り出せないであろうとも思う。

でもそういう世の中だからこそ、曲線的な建物があると、人々は心惹かれるのである。

続く

1