• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

松阪の土壁の家

松阪の土壁の家、建て前をする

《松阪の土壁の家 Part4》

これはちょうど1年前の話。

さて、構造材の墨付け、刻みがどんどんと進んでいくが、実はそれと同時に、鳥羽の土壁の家の準備も始まっていた。刻みが終わらないうちに、鳥羽の家の材料が工房にどっと入ってくる。

そして建て前は、5月末日と決定、そしてそのすぐ後6月1日に鳥羽の家の建て前も決定するという、とてつもなくハードなスケジュールとなった。どちらも梅雨に入る前ギリギリである。

そして、ようやく迎えた建て前の日。

まず初日は、下組みをする。伝統構法な建物は、木組みが複雑なので、まず寝かした状態で組めるところを組んでしまう。

そして2日目、前日に組んだものを、クレーン車で順番に起こしてゆく。この過程は、大工として最も面白いところである。


そしてこれらは、屋根の登り梁。合掌梁とも言う。この松阪の家の見せ所でもある構造材だ。これを入れる事により、よりシンプルで美しく、そして小屋裏が使い易い架構となる。


これはお楽しみのお昼時間。今回は、いつもの大工メンバーに、木の家ネットの仲間である、滋賀の宮内建築にも来てもらった。宮内さんちは、こだわりの木組みの家、とりわけ石場建ての新築も結構手掛けていて、僕としては、今回の自信のある家を是非見に来てもらいたかったのだ。


そうして屋根まで完成。ここまで4日掛かった。木組みの家にしては早い方だろう。

さあ、次はいよいよ土壁。左官屋さんの出番である。

つづく

松阪の土壁の家 つづき

随分と間が空いてしまったが、松阪の土壁と石場建ての家のつづきを書く。

前回は、ヨイトマケが済んだとこまでだったはず。

そしてこの様な、石を並べた基礎が出来上がった。どう見ても遺跡の様。これは、去年の4月頃の写真。

(因みに、現場は去年の秋に完成し、国産薪ストーブも付いて、お客様が暮らし始めてます。)

さて此処からが、大工達の腕の見せ所。石場建てと言って、柱をまず石に建てる構造。当然、通常とは全然違う、非常に技術も要るし、手間も掛かる、しかし好きモノには堪らない、ある意味ヘンタイ的な建物だ。

伝統建築には欠かせない、丸太の地棟も使用。用意したのは、よく乾いた国産松丸太。

写真に写ってる丸太の傍らで、睨みを利かせて、、じゃなかった、仕上がりを確かめてるのは、この家の墨付けを担当した前田。大工仕事から建具作り、果ては板金工事までこなすマルチプレーヤーである。

そして刻みは、仲間の大工に応援を頼み、どんどんと進んでいく。

社長のわたくしは、段取りに専念、そして職人が迷わず仕事を進められる様に、細部に至るまでの納まり図作成に専念。

実はこの時、もう一軒の新築の刻みも同時に進んでいて、木神楽史上初めての、建てまえ二連ちゃんを迎えることになるのだ。

つづく

よいとまけ

松阪の土壁の家
さて、ようやく地盤が出来上がり、いよいよ基礎を作ることになった。

もちろん基礎もコンクリートは使わない。昔ながらの方法で、地面を突き固め、石を据えていくのだ。

地面を突き固めるために、櫓を組み滑車を付け、ロープを張り、重い丸太を取り付ける。そしてただひたすらロープを引き、丸太を落として地面を固める。地面が固まってきたら石を据え、またさらに突く。

石は、菰野石を使用。殆どの石は、天端を石屋さんで切ってもらい、平らにした。

その上に直接柱が建つのだ。

この作業、重い丸太を滑車で引き上げる為に、人手が必要。

よいとまけイベントと銘打って、多くの人に参加してもらった。

ここにそのダイジェストを載せよう。

 

と、こんなに沢山の人に手伝っていただいた。感謝感謝です。そしてこんな家づくりもあるんだと知ってもらえた事が嬉しい。

ここまでの作業は、何よりお施主様が参加される事により、成し遂げられたものです。仕事が終わってから、そして休みの日も一緒になって、ヨイトマケを行いました。

松阪の土壁の家


現在、左官工事中のこの現場。

「石場建ての家を建てたい」

と言う、強い意志を持ったお客様との出会いから始まりました。

お客様は、土木のプロ。

伝統的な家づくりをしたい、という強い想いと、お客様ご自身の経験からコンクリート、セメントの類いは一切使わず、作業を進める事になりました。

先ず取り掛かったのは、地盤を造ること。

50センチ近くカサ上げするため、通常は杭打ちか改良材を使う所、砕石や割りぐり石、などを転圧しながら土を固めていきました。

土留めは石積みと、杉の赤身での落とし板で製作。

土木作業に長けているお客様の手を借りて、何とか地盤を固めることが出来ました。


ここまでかなり時間が掛かったのですが、本当に大変な作業はこれからでした。

つづく

123