• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ラフターズカフェ

ラフターズカフェ製作日誌(7)お正月に漆喰を塗るのだ

内壁下地が出来上がった年末、ヒゲの左官K山氏がやってきた。

皆が休んでいる年末年始、正月休みもせずに左官工事に入るのだ。

そう、彼は現場を円滑に進める為なら、正月だろうと例え夜中になろうとも、家に帰らず仕事をする。
決して威張らず欲張らず、予算が足りなければ僕の分を使ってくれと差し出し、西に困った人があれば助けに行き、東に病気の人があれば行って励ます、そんな宮沢賢治のような左官職人である。

今回は、冬休みに入っている高校生の息子も連れてきて、親子で漆喰塗りである。

なかなか手つきの良い彼は、果たして左官屋になるのだろうか。
お父さんは結構期待しているようではある。

 

さて、もちろんいつもの調子で、オーナーや我々も参加する。

 

この壁面は、プロジェクターで映像を写したいとのオーナーの希望により、なるべく平らにするべく、皆でコテで押さえる。

オーナーであるご兄弟二人も中々器用である。

 

そして、ご覧のように、綺麗な漆喰壁が出来上がった。

ちなみに、この漆喰壁は、石膏ボードに薄塗りで仕上げてあるので、工期は短く済む。
ただし、厚みが薄いので、強度はあまり無く、ボードの継ぎ目でひび割れなどが起こりやすいが、私としてはあまり細かいことにこだわらず、漆喰の質感を楽しんで欲しいと思う。なおひび割れた漆喰は補修可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラフターズカフェ制作日誌(6)収納できるベンチが欲しい

 

当初から要望のあった、収納付きのベンチ。

作るのに時間も予算も掛かるので、一旦保留になるも、オーナーの最初のイメージ通り、制作することになる。

取り付けるのは、客席側の壁面。まずは背もたれにもなる腰板を張る。

そしてそこにベンチを作るのだが、問題は収納だ。

 

どう作れば使い易いか、そして何より後々の故障が起きづらいか、を考えながら、形にしていく。

 

ベンチの座面には、杉板を利用。この部分を蓋にする。

 

上手く開くようにするには、細かい調整が必要だ。

そこのところは、弟子桝屋とスノーボーダー坂下が試行錯誤しながら、形にしていく。

 

そうして、見事に出来上がった、収納付きベンチ。

端から端までたっぷり収納できる。

無垢板で制作してあるので、後々板が反らないように、表裏に塗装をするのが良い。そこはオーナーの担当だ。

 

 

オマケ写真

 

このように人もすっぽりと入れます、かくれんぼ出来ます、と体を張って見せている坂下氏。
というわけでは決して無い。

裏からビスを打つために潜り込んでいるのだが、この後、ここから脱出するのに苦労することになる。

 

続く

 

 

ラフターズカフェ制作日誌(5)店の顔を作る

着々と造作工事が進む、ラフターズカフェ。

まずは、取り壊してしまったお店の入り口を作る。

 

外観のデザインは、FIX窓一枚と、開き戸だけのシンプルなもの。
窓ガラスは、大きいので、8mm厚のガラスを入れる。

 

外壁は、ヒゲの左官ことK山氏によってモルタルが塗られる。

仕上げは、漆喰になるか、何か塗装をするのかは、この時点では未確定だ。

 

扉は、以前の入り口を再利用。

引き戸2枚を、両開きドアに変える。

このままでは使えないので、工房へ持ち帰り加工する。
2枚の大きさを揃え、高さも少し足して、板も張り替え。

 

そして引き手にサルスベリの枝を取り付け、オーナーが色を塗ると、リユースとは思えないおしゃれな扉の出来上がり。

 

ラフターズカフェ製作日誌(4)笑顔が集うお店に

解体が終わって、いよいよ内装工事。

ここでの大工工事は、スノーボーダー坂下と、大工5年目桝屋のコンビを中心に進める。

今回の工事では、オーナーとともに器具付けや水道工事も自分達でやってしまうことにした。

ホームセンターで材料は揃うので、それを買って取り付ける。

車で1分程度のところにコメリがあるので、なんとも便利な現場である。

 

さて、このお店の名前、ラフターズカフェについて、説明しよう。

ラフターのラフは、英語のLaugh、笑うの意味だ。

笑う者、笑顔が集う場所になるようにとのオーナーの想いが込められた、なんとも素敵な命名ではないか。

 

ちなみに、このお店で提供するのは、ピザを中心としたメニューで、夜はお酒も出すとのこと。
今から、お店のオープンが待ち遠しい。

 

続く

 

 

ラフターズカフェ製作日誌(3)解体始まる

 

12月あたま、あらかた改装計画ができたところで、いよいよ解体工事に突入する。

もちろんオーナーも参加しての解体だ。

もったいないから、使えるものは取っておこうということで、利用出来そうなものは、壊さずに取っておく。

畳の座敷席は必要ないので取り壊し、垂れ壁・カウンターも解体廃棄、壁に取り付いていた棚などは使えそうなので、壊さないよう取り外し。

 

そして、そう広くない店内は、あっという間に廃材の山。

 

以前の入り口付近を残そうかどうか迷ったが、結局お店のイメージに合わず、ほとんど解体。

 

この店舗のオーナーは、若いご兄弟お二人だ。
彼らの店作りスタートを記念して、写真を撮る。

 

さあ、次の作業がんばろう。

つづく

 

 

ラフターズカフェ製作日誌(2)設計からセルフビルドについて

 

 

そう広くはない店内だが、設計は大切だ。
入り口から客席への動線、椅子やテーブルなどの什器の配置、厨房内のレイアウトなど、考えなければならないことはたくさんある。

 

オーナーのイメージは大体決まっているので、それを元に、具体的に配置計画を作っていく。

椅子の高さから、テーブルの大きさ、人が通れる幅など、一つ一つ寸法を出し、落とし込んでいく。これらの作業は大変だが、なかなか面白い作業だ。

ちなみに、ここでの店内レイアウトの設計期間は、およそ1ヶ月。
オーナーと約1週間ごとに打ち合わせ、その場で、図面を引きながらあーでもないこーでもないと、配置や外観、カウンター仕様を詰めていく作業をしていった。

 

 

そして大体の図面が決まってきたところで見積もり。

この工事でも、オーナーのセルフビルド部分があるので、その部分は見積もりから省く。
彼らにやってもらうのは、解体からゴミの片付け、塗装は当然のこと、AV配線、器具の仕入れ、その他各業者の手配など、結構盛りだくさんだ。

 

 

ここでセルフビルドについての注意点を少し。

 

セルフビルドで行う理由は、コストダウンが第一だと思うが、その作る工程を楽しむ、という面も非常に大きい。

しかしセルフで行うということは、その工事の責任を、当然ながら自分で背負わなければならない。

さらに当然ながら、プロレベルのクオリティが出せるわけでもない。

そしてわからないことばかりだろうから、何をするにしても大変だろうし、時間も掛かる。

私たちが一から十まで教えることは出来ないし、それを最初から期待するくらいなら、セルフビルドはやめたほうがいい。

 

しかし、それでもやりたいのだというなら、喜んで我々は協力するのだ。

 

 

つづく

ラフターズカフェ製作日誌(1)カフェ作り始まる、の巻

鈴鹿市内で、カフェ作りのお手伝いをしている。

その様子を少しづつお知らせしよう。

 

 

場所は、市街地にある某テナントビルの1階。14坪ほどある店内は、以前は居酒屋さんだったらしく、カウンターに、畳敷きの座敷席。

 

 

厨房は、設備機器も何もないが、ステンレスが張られ、棚などの什器、換気扇などが残されている。

 

このままでも使えなくはない感じだが、何しろ目指すのはおしゃれなカフェだけに、このままお店を開くのはあり得ない。

ではどういうお店にするのか、オーナーとの二人三脚での店づくりが始まった。

 

まずはオーナーとのイメージの共有からだ。
第一回目の打ち合わせでは、どんなお店にするのか、そこではどんなサービスが提供されるのか、をたくさん聞かせてもらった。

そして、そのお店をイメージ出来る写真を、ネットや雑誌などで、集めてもらう。

 

お店のコンセプト、店内のイメージなどは固まりつつあり、それを今度は実現可能な形で具体化していく作業に入る。

 

続く

 

1