新型コロナについて〜山中教授のサイトより

さて、新型コロナについて信頼できるサイト。ips細胞でノーベル賞を受賞した京都大学山中伸弥教授による情報発信ページ。 内容はいい加減な情報ではなく、データを示した正しいと思われる内容を示して、今私たちが取るべき行動を示唆...

新型コロナウィルスについて

このブログは基本的に木神楽の家作りについて書く場所であるが、現在のコロナウィルスのことに関しても時々綴っていきたい。 さて新型コロナウィルスの流行により、世界中が大変な混乱に向かいつつある。世界のウィルスの感染者数は現在...

みさとの学校マルシェに出店する の巻

今日は、8月20日に行われた、みさとの学校マルシェの様子をお知らせする。     このマルシェは、廃校になった旧長野小学校を利用した、屋内型マルシェである。 主催は地域の協議会になっているが、実質的に...

子どもイスワークショップ、の巻

夏休みに入り、暑い日が続く毎日。 そんなとある日に、子供向け椅子作りワークショップをした話。   場所は、鈴鹿の某公民館。そこでは色々な講座を主催していて、以前にも依頼されてカホンワークショップを開催したことが...

ピザ窯続編  移動式なのだ

注)これは2年前のお話。     そして、小山左官の手で、いちおう形になったピザ窯は、さっそく、子供会の夏休みイベントで活躍した。   さて、子供会イベントは、当然ながら工房でやるわけではな...

工房紹介④  ピザ窯を作ろう

工房紹介番外編 木神楽の工房には、ピザ窯がある。 2年ほど前に、左官屋さんに作ってもらったものだ。 では、ピザ窯の作り方をレクチャーしよう。まずは、材料の準備から。 材料     赤土、空き缶、パレット、板切れ、ベニヤ、...

木の家ネットとの出会い

さて、そもそも話つづき。 そうして会社を作ったはいいが、さして仕事が増えるわけでもなく、それでも何なりと大工仕事をやっていた。 そして、ある日、いつものごとく、友人大工の建て前応援に行った先で、それは起こった。 なんだか...

なぜ大工になったのか

そもそも話。 今日は何で自分が大工になったのか、何で工務店を経営しているのかを書こう。   父親が大工だった   そう、大工になったのは、一言で言うと父親が大工だったから。 小さい時から、自分は大工に...

整理整頓③ ルーティンワークを意識しろ

整理整頓は、何も工房や事務所内のことだけではない。 仕事そのもののやり方・進め方も同じことである。 今日何をすべきか、どういう風に現場を進めるか、などなど仕事全般を分かり易くし、職人スタッフ皆で共有し、効率良く進められる...

工房の整理整頓

長く工務店をやっていると、現場で余った材料、残った金物類など、どんどんと在庫が溜まる。 木神楽の工房は、山の中にあり、広い敷地に、工房もとても広いのだが、やはり、材料で埋まりつつある。 また、古材や古建具もいいのがあれば...

静岡遠征日記② 富士で土壁を塗る

さて、この北山さんの現場でも活躍するのが、流浪の民ならぬ、流浪の左官、小山氏だ。   髭のクマさん小山さんと、ハンチング帽がトレードマークの北さん。     ここでも当然ながら、荒壁は、1年...