狭小地での店舗建築〜花とガーデンエクステリアの店T.space竣工

狭小地での新築工事

先日、とあるお店が竣工したので、少しご紹介。

花とエクステリアのお店、T.space

場所は津市丸の内という街中。設計・監理は三重の建築家S氏。彼の設計はオリジナルに満ち、しかし手堅くまとまっている。今回、木神楽では板金・木工事などを担当、あとは施主様の人脈により、直接発注となった現場であった。

仮設トイレを置くスペースも無かった

これは、都会での建築では当たり前なのかもしれない。敷地は決して広くなく、建物はほぼ敷地いっぱいだ。足場を組んだら工事中は仮設トイレも置けないし、車も停められないが、施主様に近隣の駐車場を用意していただいたので、助かった。(トイレは近くのスーパーへ。)

工事中の様子。一階の店舗と駐車スペースを作っているところ。
店内にスチールの階段桁を設置する。
外装は、ガルバリウムと杉板張り。

詳しい設計の過程は分からないが、狭小地にうまく店舗・駐車スペース、そしてプライベート空間が配置されている。さすがはS氏。

竣工後の店舗外観。敷地いっぱいだが、前の歩道は広い。
竣工後の店内。施主様と建築家のセンスでシックにまとめられている。

ここは花屋さんでもあるが、庭や外構工事を相談、依頼できる店でもある。

この店は別の場所でテナント経営されていたが、今回移転オープンとなったのである。ここに施主様が作られたのフラワーギフトの一部をご紹介する。

家具やエクステリアが完成したら、竣工写真を撮って、またの機会にご紹介したいと思う。


花とエクステリアのお店T.space

→Facebookはこちら →Instaramはこちら

S氏建築家情報はこちら

→Suga建築設計ウェブサイト

高橋一浩
  • 高橋一浩
  • 大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。
    《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。