オープンオフィス開催決定

「畳で事務所」プロジェクトの現況報告です。

使用する畳がぜんぜん足らなくなったので、解体屋さんで譲ってもらいました。
倉庫内に保管される畳
倉庫内で、何千枚と積み上がる畳。
これらの廃棄物をもっと有効活用できないものでしょうか・・

有効活用しましょう!ということでもらってきたのは、その中から程度の良い
スタイロ畳80枚。
程度の良い古畳です
この解体屋さんからは、前に紹介させていただいた古建具もいただいてきました。

 

そして、畳の壁の出来上がり。
100225-tatami-009
普段は床にあるものが壁にあるのは、何だか変な感じ・・
しかし、オーナーの松原氏はなかなかのお気に入りです。

ここでは、 「三重の木」利用推進協議会さん、美里雑学大学さんの後援を受けて、
3月末にオープンハウスならぬ、オープンオフィスを開くことになりました。
その場で、このプロジェクトの趣旨説明、建築・リユース・三重の木についての公開討論などを行いたいと思っています。

詳しくは、また後ほどご案内します。

現在、「畳で事務所」プロジェクトは一旦中断しています。
松原氏がこの月に開く写真展の準備をここで行っています。
写真展が終わってから、再度、残りの天井・床などの工事に入ります。

 
「村の記憶」写真展
写真展「村の記憶」は、3月18日~22日開催

松原氏の「村の記憶」写真展は、

三重県立美術館の県民ギャラリーで、3月18日~22日の間催されます。

「村の記憶」は、松原氏が、数年を掛けて撮り続けている、ライフワークというべきものです。

他人の撮らない、普段みながあまり気に掛けない、しかし素朴、味わい深い、年月を経た重みを写真に残す作業、といったところでしょうか。

興味のある方はぜひ一度足をお運び下さい。

案内はこちら  ⇒「村の記憶」

          ⇒松原氏のブログ

高橋一浩
  • 高橋一浩
  • 大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。
    《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。