ラフターズカフェ制作日誌(11)Web内覧会その2 

店内は、漆喰塗りの壁、羽目板など無垢材をメインのところに使用して、ナチュラル感を出した。

っていうか、ナチュラルも何も、いつもの仕様である。

他のところも全て無垢材で仕上げるのが理想だが、使いやすさ(掃除のしやすさ)、メンテナンス性、コストなどを勘案し、無垢材と取り混ぜて、クロスやクッションフロアーを使っている。

 

 

オーナー様と何度も打ち合わせし、悩みに悩んで寸法を決めたカウンター席。
カウンター材には、赤松の集成板を利用。
シンプルなハイチェアは、IKEA。

 

 

一番奥にある大きなモニターが取り付く壁面には、何種類かの塗装をした杉の小割板をランダムに貼った。

 

 

ここも悩みに悩んで制作した、収納付きベンチ。
結構な収納スペースが出来た。

 

 

続く

高橋一浩
  • 高橋一浩
  • 大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。
    《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。