弟子への提言@日々の仕事の中に真理を見出す

注)この仕事の心構えシリーズは、基本的に独断と偏見に基づく。
ここに書く事によって、自分への気づきとするのが、一番の目的だ。

 

弟子への提言なんて書いてるが、全くもって弟子なんて取れるような親方ではない。
実のところは、お願いして何とか来てもらっているのが現状だが、ぼぉーっとしてても経験年数だけは増えていくので、その中で感じたことを書く。

 

 

大工は、その仕事、その関わっている現場を、早く、なおかつ綺麗に納めるように努めるものだ。

が、そのことよりもっと重要なことがある。

それは、その仕事の中に真理を見出すことだ。

では真理とは何を指すのか、それは、自分自身で考えて欲しい。

 

真理を見るためには、

その時、
その現場、
その仕事、
そして周りの人、
何より自分自身を良く見ること、よく観察することが大切なのだ。

 

 

 

 

高橋一浩
  • 高橋一浩
  • 大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。
    《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。