小さく住む家⑦ 古建具を使う

この家でも、古建具を使う。

 

数少ない室内の建具はもちろん、玄関の扉もリユース品だ。

ちなみに玄関の扉は、某所で捨てられそうになってたのを戴いてきたもの。

この家では、開き勝手が逆なので、取手や金具は付け替えて使う。

さらには、外側はべったりとペンキが塗ってあったので、それも削り取ってしまおう。

 

 

ここでもお施主さんの登場だ。
この日は、有給を取ってもらってのお手伝いだ。
自分の家づくりなのだから、取れる有給はどんどん取ってもらって、何でもやってもらう。

 

かなり根気のいる作業だが、ご覧の通り、綺麗な白木の状態までなってきた。

なかなか頑張りの効くお施主さんである。

こうなったら、これからもどんどん作業をしてもらうのだ。

 

 

 

 

 

高橋一浩
  • 高橋一浩
  • 大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。
    《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。