• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 石場建て

伊賀の石場建ての家(6)環境負荷の低い石場建ての家

 

さて、伊賀の石場建ての家は、その名の通り石場建てだ。その石をどう据えるか、柱との取り合いはどうするのか等々、Shigezo氏は何枚も図面を描き、その度ごとに我々職人と打ち合わせて、連日頭を悩ませ続け、そしてとうとう仕様が決まって、本工事に入る運びとなる。

Shigezo氏のWebサイトはこちら→シンプルな杉の家

 

現場で建築位置を確認

 

石場建てにする理由

 

さて、これは前回にも述べた通り、それこそが環境負荷の低い家づくりだからである。たくさんのコンクリートを使うのは大変なエネルギーを消費している。そして石を据えてその上に家を建てるのは、昔ながらの伝統的な家づくりだ。ハイテクではない、ローテクである。そのローテクこそが持続可能な社会での家作りとなりうる。そして耐震上も決して不利にはならない。石の上に固定せず建てることは、ローテクな免震構造となる。

 

以前建てた松阪の石場建て現場

 

もう一つ、地面をコンクリートで覆わないことにも意味がある。大地の呼吸を止めないようにすることだ。それについてはまた後日詳しく書きたい。

 

基礎石が搬入される

 

時は2017年初冬。いよいよ基礎工事がスタートした。石を据えるのは、いとか工務店の今西さん。ニックネームはユウ君だ。

 

ユウ君は木神楽で建てた松坂の石場建ての家のお客様。土木会社の凄腕オペレーターであったが、現代土木に希望を無くし、自然と向き合う脱コンクリートの土木会社を一人立ち上げる。この伊賀の現場は、彼が独立してからの初舞台でもある。

 

 

 

ユンボに乗らせたら、おそらく右にも左にも出る人はいないだろうと思われるくらい、まるで自分の手足のように使いこなす。

 

 

現場に掘られていく穴、そして搬入された焼き杭。これから何が始まるのかは次回に続く。

 

 

伊賀の石場建ての家(3)まず土を寝かす

 

現場へ持って来た荒壁土にも、もちろん藁スサは入っているのだが、ここからさらにたくさんの藁スサを入れる。

そして水を足してよく混ぜる。

実際に中へ入り、足でよくこねる。

 

 

藁スサが片寄らないように気をつけながら混ぜる。

ちょうど現場を訪れたお施主様も飛び入り参加。

遊んでいるわけではないのだが、泥遊びみたいで結構楽しい。

 

 

このようにしてよく練った土は、池のようにたっぷり水を入れて、乾かないようシートをかけておく。

(水を枯らさず管理できるのであれば、シートなど使わずに自然の池のように作るのが良い)

そうして数ヶ月間〜、時間があるなら1年でも2年でも寝かす。

そうすることで、とってもいい状態の土になるのだ。

 

つゞく

伊賀の石場建ての家(1)自然との共生を意識して

伊賀で始まった、石場建ての家の新築。

建て前をしたのは、4月のあたまだ。

 

 

この現場のことを少しずつご紹介していこう。

 

まず、この家を設計施工するのは、sigezo率いる我々、チーム古民家のメンバーである。

チーム古民家については、こちらを参照あれ↓

 

まず、設計するのは、sigezoこと、中村茂史一級建築士事務所の中村氏

ホームページを見ると分かるが、彼が推し進めるのは、一貫して、杉で作るシンプルな木の家である。

彼の設計のスタイルは決まっていて、決してぶれることはない。

奇をてらわず、華美にならず、無理をせず、しかし大胆ではある。

 

その徳島杉の厚板を使ったシンプルで大胆な木組みは、非常に特徴的である。

お施主様は、sigezo氏のぶれない考えと設計に惚れ込み、依頼されたのであろうと思う。

 

そして、今回、大工棟梁を任せたのは、丹建築の丹羽君。

彼は、友人大工のikeちゃんの弟子であったが、独立し、なんとアメリカで、お寺のお堂を立てるというプロジェクトに参加していた。そしてそのアメリカから戻ったタイミングで、今回の新築プロジェクトに参加することになった。

 

 

そして、左官工事はを担当するのは、いつもニコニコ笑顔、しかしその秘めたる想いは誰よりも熱いK山左官。

 

そして私はというと、全体の工事の統括を行う役目である。

 

そしてもう一人、このプロジェクトに欠かせない主要なメンバーがいる。

いとか工務店 ユーキ君

彼は実は、以前木神楽で施工させていただいた、『松阪の石場建ての家』のお施主様だ。

 

土木の会社に長らく勤めていたユーキ君は、現代土木に反旗を翻し、昔ながらの土木、自然と共生する土木を目指し独立した。

その彼によって、今回の家の基礎である石場建ては、実現される事となったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

松阪の土壁の家⑧ 外壁編

過去工事シリーズ、松阪編を久しぶりに書こう。

 

 

前回は、荒壁付けまで来たので、そこからの造作工事について書く。
さて、土壁が乾いてきたところで、造作が始まる。

 

まずは外壁周りからだが、外壁を張る前に、大直しと言って、荒壁の上に土を塗る。
これによって、土壁の強度が増すのだ。

 

杉の赤身板を張る

さて外壁は、杉の赤身板を縦張りにした。
張り方にもこだわったが、それは写真を見て感じてもらいたい。

名付けて、杉赤身板の底目地張り。
底の目板は、墨汁を塗った。

 

正面は、軒が深いので外壁は張らず、漆喰塗りにする予定。
予定というのは、まだ大直しの状態で仕上げ塗りはしていない。
仕上げは、何年かしてから塗るのが良い。そうすることにより、柱との隙間が空きにくくなる。

 

 

図面描きは面白い

そしていつものごとく、玄関は木製建具だ。
今回は、リビングの掃き出し窓も、思い切って大きな木製建具で作ることにした。
この辺りのいわゆる納まりを考えるのが大変だが、それをCADを使って考えながら描くのが面白い。
非常に難しい納まりでも、図面を描いていけば、どうすればいいか見えてくる。
そして上手く図面が描けると、それはもうとても嬉しいのだ。
もちろん、それを今度は現場で再現しなくてはいけないのだが、図面がしっかりしていれば、職人も仕事はし易いのだ。

 

注)ここで言う図面とは、細かい部分の納まり図のことだ。
一般的な平面・立面図だけで、家は作れないことはないが、細部は大工の技量に任されることになる。

 

 

何だか専門的な話になってしまったが、要するに図面を書くのは苦痛ではなく、楽しいということなのだ。

つづく

 

 

 

 

 

 

1