• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 木の家作り

ラフターズカフェ制作日誌(6)収納できるベンチが欲しい

 

当初から要望のあった、収納付きのベンチ。

作るのに時間も予算も掛かるので、一旦保留になるも、オーナーの最初のイメージ通り、制作することになる。

取り付けるのは、客席側の壁面。まずは背もたれにもなる腰板を張る。

そしてそこにベンチを作るのだが、問題は収納だ。

 

どう作れば使い易いか、そして何より後々の故障が起きづらいか、を考えながら、形にしていく。

 

ベンチの座面には、杉板を利用。この部分を蓋にする。

 

上手く開くようにするには、細かい調整が必要だ。

そこのところは、弟子桝屋とスノーボーダー坂下が試行錯誤しながら、形にしていく。

 

そうして、見事に出来上がった、収納付きベンチ。

端から端までたっぷり収納できる。

無垢板で制作してあるので、後々板が反らないように、表裏に塗装をするのが良い。そこはオーナーの担当だ。

 

 

オマケ写真

 

このように人もすっぽりと入れます、かくれんぼ出来ます、と体を張って見せている坂下氏。
というわけでは決して無い。

裏からビスを打つために潜り込んでいるのだが、この後、ここから脱出するのに苦労することになる。

 

続く

 

 

親方の心得@弟子を育てる事は、自分自身を育てる事

 

注)この仕事の心構えシリーズは、基本的に独断と偏見に満ちている。
書く事によって、自分への気づきとするのが、一番の目的だ。

 


 

さて、 大工になるには、何処かに弟子入りする必要がある。大工に限らず、何かのプロフェッショナルになる為には、弟子入りし、そこで技術や心構えを学ぶ必要がある。ここでは、弟子を受け入れる側からの話を書こう。

 

なぜ弟子を取るのか

 

弟子を取るのは大変だ。仕事をいちから教えなければならないし、職人仕事が出来るようになるまでは、長い時間が掛かる。それでも弟子を取る理由は、大まかに次の3つだ。

 

  1. 自分の仕事の補佐
  2. 職人の育成
  3. 自分自身の成長

 

1.自分の仕事の補佐

これがまず一番の理由だ。仕事が忙しくなってくると、自分一人では仕事は回せない。そんな時に自分の代わりにやってくれる職人がいると助かる。ただし、仕事が出来るようになるまで、長い時間が掛かるので、それまでは辛抱が必要だ。

 

2.職人の育成

いつまでも自分たちの世代で仕事が出来るわけではない。誰かが若い者へ教えて、次の世代へ引き継がなくてはならない。自分も弟子入りして、仕事を教えてもらった。

 

3.自分自身の成長

弟子を取り、育てると言うことは、実は自分こそが学び、育つ事だと思っている。

人にものを教えようと思ったら、自分こそが、まず理解していなければならない。そして仕事に対する自分自信の動かない考え、信念、というものをしっかり確立させる必要がある。親方自身がぶれぶれでは、弟子も迷ってしまうだろう。

人に仕事を教える立場になって、初めて自分の仕事にも目が向く。人にうるさくものを言って、そこで、あれ、自分もできてないじゃん、と気づく。

だから、弟子を取り、育てることは、自分こそが育つチャンスなのだ。

 

 

1