• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 工務店

鳥羽の土壁の家WEB内覧会⑴ 外観編

 

では改めて、完成した鳥羽の家をご紹介しよう。

 

撮影は、ダンディーカメラマン、加納準氏である。

 

 

 

 

まずは、外観。

北西面。風通しと明かり取りを考え窓を設けたが、西日も入るので、夏は簾をかけると良い

東北面。玄関があり、この前に駐車スペースが来る。

北東面。柿渋松煙の黒い外壁と、シダーシェイクの色の対比がきれい。

南西面。南寄りに窓を集中させた。

 

建物は、駐車スペース、小屋を建てる場所、畑など土地の使い方を考えて、配置を決めた。
屋根は切妻だが、勾配を変えて2階の部屋とベランダが、狭くならないようにしてある。


この方向が、正確には南である。
L字になった部分は、真壁(土壁)のままだ。
将来的には、漆喰か大津塗りになるだろう。

 

しかし、何と言ってもこの施主さん施工のシダーシェイクが、圧巻だ。上の方はうねってるし。
ここの外壁を張るだけに、一体どれだけの時間が掛かったのだろうか。

ちなみに横にある大きな壺は、施主さんがどこからか貰ってきたもの。雨水を貯めるようになっている。

 

南東面にある玄関

まだ玄関ポーチなどは出来ていない。
さあ、次回は、ここから中へとご案内する。

 

 

 

鳥羽の家 内覧会2日目

鳥羽の家内覧会2日目の様子。

 

 

この日は、朝から曇空で、涼しい風が吹いている。
昨夜は、会場でそのまま宴会へと突入したので、皆、寝不足&二日酔い気味だ。

 

昨夜、早めにダウンした自分ともりずむ理事長の顔や服に、落書きがしてあった事は、酔った席の事なので、不問としよう。
しかし、Gパンに尻の穴を描くのだけは止めていただきたい。下品な落書きはNGだ。

 

 

さて、ここで、内覧会のスタッフをざっと紹介する。

うちからは、自分と弟子の桝屋。先般、独立した前田も駆けつけてくれた。
NPOもりずむからは、理事長藤崎と水町。
そしてお施主さんだ。

さて、2日目のこの日も、皆、のんびりと過ごした。
来てくれたお客さんとも、たくさん話す事ができた。

 

昼休みもゆっくり取れ、昨夜の寝不足も解消できたことだろう。

 

この日は、屋根の上に上がれる秘密の出口をご開帳。

煙と何とかは高いところが好きと言うが、高いところは見晴らしが良くて気持ちが良い。
もちろん、ある程度は危険も伴うので、そこんとこは自己責任で上がって欲しい。

 

こうして、2日目も滞りなく終了した。
手伝ってくれた皆さん、会場を公開してくれたお施主さん、そして来てくれたお客さんに、この場を借りて改めてお礼を申し上げる。

 

さあ、次回は、完成したこの家を、プロフォトグラファー加納準氏の写真で振り返ってみよう。
ちなみに、加納氏、パッと見はごつくて怖そうだが、笑顔の優しいチャーミングな人である。

 

 

 

ピザ窯続編  移動式なのだ

注)これは2年前のお話。

 

 

そして、小山左官の手で、いちおう形になったピザ窯は、さっそく、子供会の夏休みイベントで活躍した。

 

さて、子供会イベントは、当然ながら工房でやるわけではない。作ったピザ窯を、そのイベントを開催する会場まで運ばなければならない。

土を分厚く塗って作ったピザ窯は、人力で持ち上げることなど出来っこない。

 

ピザ釜は、リフトで動かす

 

そこで、リフトの登場である。木神楽は工務店なので、材木を移動させる為のリフトがある。
ピザ窯の台にパレットを使ったのは、リフトで移動させる為だったのだ。

リフトですくい上げたピザ窯は、トラックに載せられ、会場まで運搬。
さぁ、会場についたら、その重たいピザ窯はどうやって降ろすのか?

 

答え=降ろさない。

会場は、ただの公民館である。トラックから降ろすためのリフトなどはあるはずも無いので、降ろさない、というか降ろせない。

 

トラックの荷台に載せたまま、着火だ。

 

もちろん、細心の注意を払っているが、車の荷台の上、しかもガソリン車のトラックでやる事は、もう二度と無いであろう。

 

ちなみに、台の中に空き缶を使ってあるので、そこで断熱し、下まで熱が行くことはない。
とにかく、子供達もお母さん達も楽しんでくれてよかったのだ。

 

 

ピザは、生地をたくさん用意し過ぎて作り過ぎ、とてもとても食べ切れないほどであった。
いくら美味しくても、ピザばかり、そうたくさん食べられるもんでは無い。

 

 

松阪の土壁の家⑫  地盤の話

さて、この家の地盤作りの話だが、よく考えたら、このシリーズの一番最初に書いていた。

→  松阪の土壁の家 2016年10月2日

そこに書いてある通り、地盤は、土建屋さんに頼まず、土木のプロであるお施主さんと木神楽のメンバーで、一緒に作った。

この家を建てる場所は、あまり地盤が良くなかった。だから土壁の重さはあるにしろ、屋根やその他でなるべく軽量化を図ってある。

 

 

50センチ近くかさ上げしたのは、道から少し下がっていたからだ。
また、道やその他の高いところから流れてくる水を止めて、地盤の環境をよくする意味もある。

 

かさ上げする割栗石や土は、一層ごとに叩き締め、何層にもした。

割栗を使うのは、その面の地盤を固めるのと同時に、水はけをよくする為だ。

 

 

これは、斜面の上から来る水の流れを止めて、横へそらす為の溝。
生石灰を撒き、その上に割栗石、砕石を敷きつめる。

 

そして、かさ上げした分、隣地との境には、石を積む。
普通ならブロックの擁壁になるところ。

この石積み、施主さんが器用にユンボ(ショベルカー)を使いこなし、あっという間にやってのけた。
ユンボのオペレーターとしても素晴らしい腕前である。

 

施主さんとしては、雑に積んだのであまり見て欲しくないらしいが、かっこいいので、公開しちゃう。

 

路地に面したところは、残念ながら、杉の赤みで作った土留めを作り、土で埋めた。
施主さんとしては、どうしても見せたくないらしい。

将来、杉板が腐る頃には、そこに丁寧に石を積むか、他の方法を何か考えるとのこと。

 

そんなこんなで、地盤作りは終わる。期間としては、最初に土を入れ始めてから2ヶ月ほど。実働はひと月も掛かってない。

この一連の作業を経験することによって、地盤への意識が高まった。

施主さんは、今回の自分の家作りだけでは終わらず、今後更に、自然の力を利用した、自然に歯向かわない土地作り、地盤作りを突き詰めていくことだろう。

彼の今後が、非常に楽しみである。