• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 土壁、石場建て、三重の木

斜面に礎石を据える

建てる場所を決めるのに、一体どれだけ時間が掛かったのか、どれだけの数の模型が作られたのかは分からないが、施主様と建築家のやり取りは長い時間が掛かったようだ。最終的に決まった場所は、お店からの眺望にはあまり影響を与えない、山の中腹である。

おやつの楽しみな工事現場〜大阪の小さな円いカフェ

カフェオーナーの作るおやつはやっぱり美味しい

手作り豆腐ドーナッツ

ちょっと話はそれるが、この現場での楽しみはおやつの時間であった。

伊賀の石場建ての家Web内覧会〜こだわりとシンプルさ

どこまでもシンプルに設計するのが、しげぞー氏のこだわりである。その点、自分も見習いたい。では内部のご紹介。

三和土土間の玄関

松阪の土壁の家


現在、左官工事中のこの現場。

「石場建ての家を建てたい」

と言う、強い意志を持ったお客様との出会いから始まりました。

お客様は、土木のプロ。

伝統的な家づくりをしたい、という強い想いと、お客様ご自身の経験からコンクリート、セメントの類いは一切使わず、作業を進める事になりました。

先ず取り掛かったのは、地盤を造ること。

50センチ近くカサ上げするため、通常は杭打ちか改良材を使う所、砕石や割りぐり石、などを転圧しながら土を固めていきました。

土留めは石積みと、杉の赤身での落とし板で製作。

土木作業に長けているお客様の手を借りて、何とか地盤を固めることが出来ました。


ここまでかなり時間が掛かったのですが、本当に大変な作業はこれからでした。

つづく

1