• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 上棟

小さく住む家⑧ 祝 上棟

9月も後半を迎えた大安吉日のこの日。

いよいよ、待ちに待ったスモールハウスの上棟日である。

そして弟子の桝屋の初棟梁の建て前でもある。

 

前日に降った雨が基礎の中に溜まり、朝から水を汲み出す。

周りもぬかるんで足元は良くないが、曇り空でそう暑くない天気は、建て前にはうってつけだ。

 

建て前だと、通常はクレーン車の登場だが、クレーンを使うほどの材料はないので、そんなものはいらない。

大工の人数も少ないが、小さな家なので、夕方までに屋根まで完成させるつもりで進める。

 

さて、構造は無事組み上がり、いよいよ屋根に取り掛かる。

この家は、何と言っても南に大きく張り出した屋根が特徴である。

いざ垂木を付けていくと、思った以上の張り出しだ。先端へ行くとフワフワと揺れるが、後で両側に袖壁をつけるので、それでしっかり固定されるはずだ。

 

この日は、お施主さんも、もちろん有給を取ってもらって参加。設計を手伝ってくれたS設計士も来てくれた。

屋根も出来上がり、最後にみんなで記念撮影。

 

この後は、木神楽の事務所に集合し、お施主さんを囲んで祝いの席となった。

私は早々に脱落したが、日を跨ぐまで宴会は続いたようである。

 

祝上棟!

〝雨降りを楽しむ家〟の建て前を18日(日)、19日(月)に行い、
職人に怪我もなく、無事、屋根まで完成しました。

長ホゾの柱で、堅い仕事がしてあったので、すんなりとはいきませんでしたが、まずまず順調でした。

今回の現場で墨付け棟梁をこなした前田君、ご苦労様でした。

 

昨日は、お施主さんにも手伝ってもらい、貫のクサビ打ち、込栓打ちをしました。

 

 

 

 

きょうは、台風接近で現場は休み。

風雨が強くならないか心配です。

〝雨降りを楽しむ家〟では、明日から土壁付けのためのえつり掻きをはじめます。

日曜、月曜には、えつり、荒壁付けワークショップを行いますので、

参加希望の方はご連絡下さい。

見学だけでもかまいません。

 

 

 

 

 

 

 

1