• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 三重県

自然観察日記 モリアオガエル(1)樹上に見つけた卵

ちょっと家作り話からは脱線。

 

うちの工房は山の中にあり、四季折々の自然が美しい。また行く先々の現場も田舎が多く、そこでも美しい自然の動植物と出会う。そんな命の不思議、奇跡とも言える姿を見るのが大変興味深く、深く感動を覚える。ここではそんな現場や工房で見た自然の姿をお伝えしたい。

 

さて、まず最初に書くのは、何と言っても今取り掛かっている新築現場での話。伊賀市のとある山間部にあるその現場は、周りを雑木林に囲まれ、敷地のそばには小川が流れるという、とっても自然豊かなところである。

 

 

この写真は、一番最初に現場下見に行った時に見つけた、野鳥の巣である。調べてみると、どうやらコチドリの卵らしい。ここは建設予定地に造成された、何もないところだ。なんでこんなところに無防備に卵があるのか!?と思ったが、コチドリさんは、このように何もない裸地に卵を産み、ヒナを孵す習性があるとのことだ。この後しばらく現場に行かなかったので、この卵が無事孵化して、雛が巣立ったのかどうかは分からない。

 

コチドリについて詳しくはこちら

 

さてさて、ここからが本題だ!この現場には池、というほどでもない沼がある。敷地のすぐ脇に山から流れ出る小川があり、そこがちょっとした堰でせき止められ、沼になっているのだ。まさしく自然に出来たビオトープである。

 

 

さあそしていよいよ新築工事が始まり、春を迎えた。暖かくなり雨が多くなると、冬眠から目覚めたカエル達の声がたくさん聞こえてくる。そして梅雨に入ったとある6月の日。

 

 

沼の上の木の枝に付いた泡のかたまり。直径10cmほどあるだろうか。これがどうやら噂に聞くモリアオガエルの卵らしい!そしてこの泡のかたまりは、日を追うごとに増えていくではないか。

 

 

あっちにもこっちにも。これらは、沼の上にせり出した枝に産み付けられている。卵は、水面すれすれのところにあったり、はたまた結構高い樹の枝にもあったり。それでも全てちゃんと水の上の枝を選んで産卵するのは大したものだ〜

モリアオガエルについてはここ

 

 

用心深いカエルたちは、昼間は決して姿を現さない。何がなんでもその産卵シーンを見たい私達は、夜を待って沼地に行ってみることにした。

つゞく

 

小さく住む家Web内覧会(4)番外編

この家はとても小さい。小さいながらも手を抜かず、普通にしっかりと断熱してあるので、冷暖房はよく効くはずだ。

何より、冬は南面の大きな開口部から日差しがバッチリ入るので、昼間は無暖房でいけるだろう。

夏は、とにかく風通し重視だ。

リビングから洗面・玄関スペースに風が抜けやすいよう、室内高所にも開閉式の通気窓を取り付けた。

照明について。

一つとして高価なものはない。うちの在庫のアンティーク器具やシンプルな照明器具を取り付けた。

全てはled電球であるが、電球色を選んである。

無垢の木の家には、温かみのある電球色がよく似合うのだ。

番外編

外構と植栽施工は、津市丸の内で花屋を営みながら外構工事も請け負う、T.spaceの尾崎さんだ。

実はここのお施主様は、尾崎さんからのご紹介であった。

人の繋がりに感謝である。

web内覧会終わり

海が見える山の家リフォーム(8)杉づくしの室内

床に張るのは、厚30mmの杉板。

天井も床も杉づくしである。

 

今、日本では杉花粉で問題となっているように、戦後に植えられた大量の杉の木が伐採時期を迎えつつある。
そのおかげで、こんな厚みのある杉板もどんどん贅沢に使えるのだ。

厚みがあるので、板自体に断熱や蓄熱性能も期待できる。

 

 

 

杉というものは、非常に柔らかく、そしてその上を裸足で歩いた時に冷たく感じにくい。

杉の繊維は、いわゆる多孔質で空気を多く含む。そのことで室内に近い表面温度になるのだ。

もちろん、調湿性能も高い。

そして、柔らかいということは、傷つきやすい。
この床の上を、何か重いものを引きずったりしたら、また椅子を何度も引きずって動かしたりしてたら、表面は凹んでデコボコし、またささくれ立ったりもしてくるであろう。

凹んだ場合は、濡れ雑巾をその上に一晩くらい載せておくと、少々の傷ならふやけて元どおりに膨らむ。

そうならない場合は、厚みが30mmもあるのだから、表面を少々削っても構わない。

しかし経年変化の証として、傷や汚れを楽しんで貰えたら、と思う。

住まうことで、アンティークな家にしていくのだ。

 

 

海が見える山の家リフォーム(7)天井仕上げ編

和室改装の続き

次は、断熱材を入れた天井に、杉の羽目板を貼っていく。

ちなみに、工事の順番としては、まずは、足場となる床下地を作るのだが、その次には床を仕上げず、天井を先に仕上げる。

その方が、床を傷つける心配がないので安心して仕事ができるのだ。

 

そして、天井面に張られた杉の羽目板。

構造材が所々に刺さるように突き出ている。

この部分を張るのは、結構大変。

 

 

 

まるで丸太の梁が、天井から生えているかのようではないか。

この辺りは、スノーボーダー坂下氏の渾身の削り合わせによるものだ。

 

さて、杉板というのは、真材の赤い部分(赤身)と、辺材の白い部分(白太)がはっきりと色が分かれていて、見た感じはまだらに感じるかもしれない。

しかし、板というのは年月を経るごとに、色が揃ってくるものだ(赤身は薄くなり、白太は色が付く)。

 

ここは、寝室の天井。

ビフォアー

アフター

 

当初の竿天井はプリント合板だし、断熱材も入っていなかった。

この竿の間に下から断熱材(押出式ポリスチレンフォーム)を入れ、杉羽目板を張る。

好みもあるが、こうすることで和室っぽさは少なくなる。