• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ 三重の木

小さなカフェの作り方その5

土壁を塗る

注)これは2018年12月の話です

この日、朝早くから現場に続々と集まる職人達。K山左官を筆頭に、大工や左官、さらにこの店のオーナーまでも。荒壁を一日で一気に塗ってしまう必要があるために人手が要るのだ。

荒壁とは、藁と土を混ぜた竹下地(えつり)に最初に塗りつける土のことを言う。その後、その壁が乾くごとに、大直し、中塗り、仕上げ塗りなど何回もの工程を踏まえて壁は完成する。土壁はその総称。

荒壁用の土は、近隣の泥コン屋さんから朝イチ運んでもらう。これを早速、えつり(竹下地)に塗り付けていくのだ。

泥コン屋とは、荒壁土を専門に扱う業者さんのこと。これも年々需要が減って廃業するところが多く、今でも営業しているのは貴重な存在。

こういう作業は、いつも大勢の職人でワイワイと楽しくやる。そう、建前と並んで家づくりのメインイベントなのである。そしてこの大勢の職人の息がピタリと合った時、それはもうすごい勢いで壁土が塗られていく。こういう作業は、大まかなミーティングはするが、その場の動き・流れで、各々が自分のやるべきことを判断して動くのだ。

この日は、自分も入れて総勢7名。次に新築予定のお施主様もお手伝いに来てくれた。
窓周りを円く仕上げる。手間の掛かるところだが、慌てず丁寧に。
塗り付けが終わったら、大きな定規を当てて、平らな面を出していく
全面に塗り付けが終わった!
壁の曲線も綺麗に。

何だか不思議な形の建物が出来上がって来たぞ。しかし完成はまだまだ。土壁塗りも、まだまだ続くのだ。

つゞく


ジュリー珈琲制作秘話

秘話といっても大した話はない。

このジュリー珈琲(以降、小さなカフェと呼ぶ)のオーナー様から連絡があったのは、かれこれ一年以上前の話だ。なんでも自宅の庭に小さな小屋を建てて、そこでカフェを始めたいと言うのだ。最近スモールハウスづいてる私としては、飛び上がらんばかりの楽しいお話である。

そこで、私から提案させていただいたのが、かねてから温めていた円い小屋のアイデア。実は以前このような円い建物を却下された経験があった。。

(それでも懲りずに)ダメもとでご提案したところ、思いもかけず気に入っていただき、全面的に制作を任される運びとなったのだ。

まずは、基礎の準備。見ての通り、まずは12角形が構造の基礎となっている。

円い建物となると、どうしてもイメージは、おとぎの国、ムーミンの世界にあるような感じになる。しかし果たしてそれをどうやって現実化できるのだろう。それを解く鍵は、うちが得意としている木と土の家作りにあった。

「今度円いカフェを作ることになったんだけど、円い壁をどうやって作ろうか?」私は職人たちに相談した。仕上げは土か漆喰で塗ろうとは思っていたのだが、問題はその下地をどうやって作るかだ。私も含め、大工達が頭をひねる中、土で塗ることにこだわり続けているK山左官はこともなげに答えた。

「そんなの竹を曲げて作ったらいいんですよ。竹ならどんだけでも曲がるし、そこに土を付ければどんな形でも作れますよ!」これで、また一歩前進だ。

続く

小さく住む家Web内覧会(3)リビングと就寝スペース

内覧会続編、リビングから。

 

ウッドデッキに面したダイニング・リビングスペース。

ここは5畳大の広さ。天井が高くなった部分にはロフトが乗る。

いつも使う可動式の棚。

 

 

キッチンは、考えに考えた末の、超シンプルなカタチ。

いかにコストを掛けず、しかし使い勝手よく、カッコよく作れるか。
実際は、結構コストが掛かった。

物が片付くよう棚も配置。見せる収納が基本となっている。

 

キッチンの反対側、ロフトの下にあるのが寝室スペースになる。

ここは、約2畳大ある。

スノコで床を上げて、その下は収納スペース、足元はクローゼットだ。

古建具の簾戸を閉めると、風は通すが適度に視線を遮ることができる。

ここも、広すぎず狭すぎず、快適である。

 

 

そして、梯子を上がればロフトスペース。

普段使わないものを上げておいたり、お客さんが来た時には、臨時の就寝スペースとしても利用可能。

尚、ここはほとんどの構造材を、柱材である105角を使って組み上げた。

それは、いかに構造をシンプルにし、同じ材料で作ることによるコストダウンを考えてのこと。

このロフトの梁も、105角を二重に重ねた複合梁となっている。

 

つゞく

 

 

小さく住む家Web内覧会(2)玄関ホールとサニタリールーム

 

 

では、内部の説明をしよう。

玄関を入ると、そこは、こぢんまりとした玄関ホール。

 

ちなみに、この家の内装は、杉板と漆喰。木製建具は全て古建具を再利用している。

通常土間になるところは、水に強い杉の赤身板張り。

 

そして正面のガラス戸を開けると、サニタリールームだ。

shigezo氏が、狭いスペースながらも、トイレ・洗濯・洗面・脱衣スペースを上手に配置設計してくれたところである。

ここは一坪を少し切るくらいの広さだが、使ってみるとちっとも狭さを感じないのだ。

ただ、この洗面台は、壁の厚みを利用して少しでも部屋が広く使えるように作った。

奥に見えるユニットバスは0.75坪タイプ。広すぎず、狭すぎずのちょうどいい寸法。

 

 

そして玄関ホールから左のガラス戸を開けると、そこがキッチン・リビングスペースとなる。

 

 

つゞく