• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ カフェ

ラフターズカフェ制作日誌(11)Web内覧会その2 

店内は、漆喰塗りの壁、羽目板など無垢材をメインのところに使用して、ナチュラル感を出した。

っていうか、ナチュラルも何も、いつもの仕様である。

他のところも全て無垢材で仕上げるのが理想だが、使いやすさ(掃除のしやすさ)、メンテナンス性、コストなどを勘案し、無垢材と取り混ぜて、クロスやクッションフロアーを使っている。

 

 

オーナー様と何度も打ち合わせし、悩みに悩んで寸法を決めたカウンター席。
カウンター材には、赤松の集成板を利用。
シンプルなハイチェアは、IKEA。

 

 

一番奥にある大きなモニターが取り付く壁面には、何種類かの塗装をした杉の小割板をランダムに貼った。

 

 

ここも悩みに悩んで制作した、収納付きベンチ。
結構な収納スペースが出来た。

 

 

続く

ラフターズカフェ製作日誌(3)解体始まる

 

12月あたま、あらかた改装計画ができたところで、いよいよ解体工事に突入する。

もちろんオーナーも参加しての解体だ。

もったいないから、使えるものは取っておこうということで、利用出来そうなものは、壊さずに取っておく。

畳の座敷席は必要ないので取り壊し、垂れ壁・カウンターも解体廃棄、壁に取り付いていた棚などは使えそうなので、壊さないよう取り外し。

 

そして、そう広くない店内は、あっという間に廃材の山。

 

以前の入り口付近を残そうかどうか迷ったが、結局お店のイメージに合わず、ほとんど解体。

 

この店舗のオーナーは、若いご兄弟お二人だ。
彼らの店作りスタートを記念して、写真を撮る。

 

さあ、次の作業がんばろう。

つづく

 

 

ラフターズカフェ製作日誌(1)カフェ作り始まる、の巻

鈴鹿市内で、カフェ作りのお手伝いをしている。

その様子を少しづつお知らせしよう。

 

 

場所は、市街地にある某テナントビルの1階。14坪ほどある店内は、以前は居酒屋さんだったらしく、カウンターに、畳敷きの座敷席。

 

 

厨房は、設備機器も何もないが、ステンレスが張られ、棚などの什器、換気扇などが残されている。

 

このままでも使えなくはない感じだが、何しろ目指すのはおしゃれなカフェだけに、このままお店を開くのはあり得ない。

ではどういうお店にするのか、オーナーとの二人三脚での店づくりが始まった。

 

まずはオーナーとのイメージの共有からだ。
第一回目の打ち合わせでは、どんなお店にするのか、そこではどんなサービスが提供されるのか、をたくさん聞かせてもらった。

そして、そのお店をイメージ出来る写真を、ネットや雑誌などで、集めてもらう。

 

お店のコンセプト、店内のイメージなどは固まりつつあり、それを今度は実現可能な形で具体化していく作業に入る。

 

続く

 

1