• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

タグアーカイブ もりずむ

海が見える山の家リフォーム(9)ロフトを作るの巻

この家では、ロフトを取り付けるのも重要なミッションの一つである。

 

ロフト、屋根裏部屋。

それは、本来の部屋ではなく、通常は隠される天井裏スペースを利用して作られる。

そこは、基本的に勾配天井であり、狭い。

 

しかしながら、そこは非日常的空間で、狭いながらも隠れ家的であり、秘密基地っぽくもあり、大人も子供もワクワクするスペースになる。

もちろんわたくしの自宅にも、広大なロフトスペースが作ってある。

今まで木神楽で建ててきた家のほぼ全てにも、ロフトスペースは取ってある。

 

リフォームで、ロフト付き部屋を施工した例

新築でもロフト付き

 

 

〝タイニーハウス小さく住む家〟にも、もちろんロフトはある。

 

そして、もちろんこの〝海が見える山の家〟のお施主様ご家族にとっても、ロフトスペースは夢の空間であり、今回何としても作らなければならないものだ。

しかし、そこには難関が待ち受けていた。

 

 

丸太の梁が邪魔をする

 

邪魔なんて言ってはいけない、構造的にはとっても重要な梁だ。

 

ロフトを取り付けるのは、吹き抜けにした元和室の部屋。

そこには瓦屋根を支えるべく太い松丸太が何本も入っていて、通常ならロフト空間は取れない。

 

しかしお施主様の夢を叶えるべく、我々木神楽スタッフは考えに考えた。

 

 

ロフトの高さは、高すぎても下からのアクセスが良くないし、低すぎると下の部屋を圧迫する。

 

そこら辺りを考えて、高さを設定する。ここでは、前の和室のちょうど天井あたりの高さに、ロフトの床を設定した。

 

 

ただこれだと、床のすぐ上を丸太梁が横切り、いまいち使い勝手はよくない。

そこで、さらに奥に一段上げて、ロフトを増設した。

 

奥の段は、ちょうど腰を掛けられる高さ。

丸太の梁の上に床を上げたので、あまり邪魔にならない。

こうして、少々変則的ではあるが、夢のロフトスペースが出来上がったのだ。

 

 

 

つづく

 

鳥羽の土壁の家WEB内覧会(5)最終編

鳥羽の家ご紹介もいよいよ最終章。

 

ユーティリティー

 

脱衣所、洗面、トイレがリズム良く並ぶスペース。間仕切りはもちろん古建具の再利用。
壁の板張りは旦那さん施工。こういう狭い場所は、壁に体や物が当たり易いので、板張りだと使い易い。

 

ゲストルーム

 

 

天井すぐ上は屋根だが、断熱材と通気層が取ってあり、通気窓も十分あるので、暑くはならないはず。

 

照明

 

この家の電灯は、施主さんが全てチョイスした。
幾つかのもりずむ製作のもの以外は、ほとんど全て笠松電機製作所の器具だ。

笠松電機は、昔ながらの、船舶照明・電柱に付ける傘付き照明などを、製作販売している。

無骨なデザインながら、そのしっかりとした作り、素材感、そしてリーズナブルさから、一部のコアなファンからは根強い人気のあるメーカーである。もちろん私もそのファンのひとりだ。

今回、また新たに笠松電機ファンが増えて嬉しい限りである。

 

 

 

薪ストーブ

 

最後に御紹介するのは、この家の顔でもあるストーブ。

 

岐阜の鋳鉄メーカー、株式会社岡本が製作している、針葉樹も燃やせる薪ストーブAGNI
施主さんは、岐阜まで行き、その現物を見、製作ポリシーを聞いて購入を決断したという。

 

冬になるのが何とも待ち遠しい。

 

 


 

以上で、鳥羽の家の御紹介は終了だ。
更に詳しく知りたい方は、直接ご連絡いただきたい。
ただ、施主さんはもう住む準備を進めているので、現場をご案内出来るかどうかは分からない。

 

 

鳥羽の土壁の家⑫杉の木で作る照明

さて、鳥羽の家は、木神楽の職人と施主のコラボによって完成された。(正確にはまだ未完。後は施主が住みながら少しづつ作る)

 

 

それに色を添えてくれたのが、NPOもりずむだ。
この家は、99%、もりずむの杉の木を使っている。
が、材料供給だけでは飽き足らず、そこに居る職人達で、家具まで作ってしまった。

 

これは食器棚。他に下駄箱も、もりずむ製作。

 

 
そしてもうひとつ特筆すべきなのは、照明である。
来場してくれた方々は気が付いたであろう、所々に付いてる奇妙な形の電気。


これらも、もりずむ製作だ。

 

 

作ったのは、もりずむ木工担当の水町氏。

じっと目を閉じ瞑想中の水町氏

 

 

 

 

内覧会二日間とも、手伝ってくれた彼。1日目終了後の宴会では、夜中の3時まで呑んでいたという酒豪だ。
そんな彼が、施主に提案したのが、杉の木で作った、オリジナルな照明だった。

実はこれらのデザインは、施主家族のフリーハンドのスケッチを元に、加工された。

自分ならそんなの無理と断るところだが、それを文句も言わずにコツコツと作り上げてしまう彼なのだ。

 

 

ではここに、彼の作った照明ダイジェストを載せよう。

自然の木のうろを利用した照明。水町デザイン

カボチャ?施主スケッチを元に製作

蜂の巣みたいなのがいいとの要望を受け、製作

女性の体の曲線美を表しているらしい

これが一番作るのが簡単だとか。

施主さん長男デザイン。上の穴からも光が出る

杉の木目がいい感じ。

これらの照明は、これから本格的に商品化していくとのこと。
今後のもりずむの木工部門から目が離せない。

 

撮影 加納準

1