• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ブログアーカイブ

二本木の家 その後・・

昨年、着工していた二本木の家。
⇒旧ブログより‘二本木の家’参照

家具作家と作る家

実は、この家はお施主さまが、家具作家であり、
当工房で外装と床を施工した段階で、お引渡しとなっていました。

あとの内装・木建具は、お施主さまが、仕事の合間を縫って、コツコツと仕上げています。

なかなか仕事もお忙しいようで、まだ完成しておりませんが、

訳あって、もう住み始めています。

先日久しぶりに伺ってきました。

お施主さまの森下氏は、津市白山町にて、家具工房フロッシュを
主宰する家具作家さん。建築家設計の住宅のキッチン等をフラッシュ家具で造られています。

外装は南京下見板張り

この写真は、昨年の6月のお引渡し時です。

外装は、杉の赤味板に、ウッドロングエコという、自然素材で作られた木材保護塗料を塗りました。⇒その時の様子
腐朽菌の発生を抑える効果があるとのことです。
杉の赤身に塗ると、特にこのような年月を経たような、味わい深い色に変わります。

ウッドデッキでは、ワンちゃんがお出迎え。

ウッドデッキ

リビングのウッドデッキも仮設。

実際は、もっと大きなものを作る予定だそうです。

外部は、南京下見張りという、板を張り重ねていくもので、施工は時間がかかりますが、出来上がりは陰影深く、なおかつ雨仕舞いもよいです。
サッシや屋根・樋などをガルバ二ウムなどを使い、シルバーに揃えました。

リビングからキッチンを望む

内部は、杉板と、漆喰、そして森下氏の作る家具によって構成されています。
まだ未完成の部分がありますが、現在、住みながら暇を見て施工している状態です。

洗面室

まだ扉などは、取り付けられていませんが、作りつけの洗面台に張ったガラスのモザイクタイル・収納付きの鏡など。

自分とは違った感性で作られており、大変興味深いです。

手作りの照明

玄関ホールにそっと置かれたステンドグラスで造られた素敵な照明・・

なんと森下氏の奥様の手作りです。奥様はステンドグラスを制作される作家さん。

このお宅も完成の暁には、ステンドグラスの照明があちらこちらに灯されることでしょう。

まだ未完のこのお宅、今回紹介できるのはここまでですが、

完成の折には、またウェブ上内覧会をしたいと思います。

なお、今回の出会い、そして共同作業を経て、新しく森下氏とコラボレーションした家作りを提案していきたいと思います。

古建具を利用

「畳で事務所」では、リユースをテーマにしています。
よって、開口部も、古い木製建具を再利用します。

古建具
なかなか味があっていいガラス戸です。

この引き違い窓は、解体屋さんで、譲り受けたもの。
この他にも、松原氏が所有する古建具を使わせていただく予定です。

当工房でも、数十枚の古建具をストックしています。
今回のように、リフォームで使うも良し、
また新築でも、上手に使うと、風格が出ていい感じになります。

「畳で事務所」工事始まる

‘畳で事務所’プロジェクトの、第1期工事が始まりました。

 100209e38080nikai-001ようやく片付いた事務所予定場所

100217-tatami-003

壁に下地を組み、畳を貼っていきます。通常、床に敷くものが壁にあるのは、変な感じでもあり、面白くもあります。

 

 

 

‘畳で事務所’は、

写真師松原豊氏のオフィス369の事務所を増設するに当たり、

松原氏の、「予算がないんやぁ~、なんとか安くあげてくれ~」との要望を元に、

産廃として、多量に出る古畳をリユースして、室内の壁や床に使うという、一つのモデルプランです。

 

利点としては

  1. 材料がタダで手に入る(畳屋さん、解体屋さんで、程度の良いものを厳選します)
  2. 断熱・吸音効果がある(畳の中身は、断熱材そのものです)
  3. そのまま、仕上げになる(古畳に抵抗のある方は、別途仕上げ材を施します)
  4. 何より、畳をそのままの形でリユース出来て、ゴミを減らすことが出来る

以上のことがあげられます。

畳をもらいに行く

松原氏の事務所を作るための古畳を分けてもらいに、畳屋さんへ行きました。

向かった先は、
同じ津市内にある「インテリア・タタミの伊藤」さん。

伊藤さん
伊藤さんが回収した古畳を三十数枚いただきました。

昔の畳は中がワラだったが、今はほとんどの畳が、断熱材に使われるス発泡系のボードと、インシュレーションボードという木のチップを固めたものを合わせて作られています。

伊藤さんによると、現在はいいワラがほとんどなく、ワラ床の畳は勧めてはいないとのこと。

そして畳表は国産のい草にこだわっています。

たたみ
さまざまな染料で染めたカラー畳

たたみ
い草にもいろいろ種類があり、またいろいろな織り方があります。

使用するのは、残留農薬ゼロの国産い草です。
産地は九州、熊本。
ちなみに国産い草の95パーセントほどが熊本で生産されているとのことです。

詳しくは伊藤さんのホームページをご参照あれ。
インテリア・タタミの伊藤

「畳で事務所」プロジェクト計画中

「畳で事務所」を作ります。
使うのは、廃棄処分になる古畳です。

写真師、松原豊氏の事務所office369を、その畳で壁も床も作ってしまおうというもの。

鉄骨倉庫の2階です

その利点は3つあります。

1.材料費がタダ

2.断熱材も兼ねる

3.リサイクルになる。エコだ!

古いものを使うということに抵抗のある方はダメかもしれません。
事務所を作る場所は、松原氏所有の鉄骨倉庫の2階部分です。
その中を、畳で仕切って事務所にします。

写真師 松原豊ブログ
追記

3番目のリサイクルというのは間違いで、
畳をそのまま再利用することから、リユースと呼ぶべきですね。

 

 

昔ながらの家づくり

昨日、江戸屋製材にて、三和土ワークショップに参加

友人の一峰建築設計、池山君が企画・施工中の江戸屋製材休憩所。

ここでは、石場建ての‘よいとまけ’ワークショップから始まり土壁塗りなど
何回かのワークショップを行っています。

今回は三和土の土間施工です。

三和土施工中
もっと叩き続けると表面がより滑らかに、硬くなります。

三和土施工に参加するのは3回目か4回目、随分慣れてきました。

が、このたたき棒で叩き続けるのは、手がしびれてきて
けっこうしんどいです。

でも何より素人でも家作りに参加できる、
そしてコンクリートに頼らなくても家作りが出来るって素晴らしいじゃないですか?!

試験体加工

13日は、三重の大工仲間3人と滋賀へ。

伝統的架構における、柱の欠点材の影響を調べるための試験体を加工しにやってきました。

 

場所は、木の家ネットの仲間、宮内建築の作業場
100113-kizami-004

何体も加工しました。
3人で加工すると早いものです。

鼻栓引きのホゾ加工された厚鴨居

ちなみに先日(11日)にあった実験の様子
100111-jikken-053

現在、国が伝統的な構造の住宅をきちんと法律付けようとしており、その中で材料問題を検討するプロジェクトの一環としての実験です。

キッチンのカウンターって・・・

よくある対面キッチンのカウンターって利用されていますか?

このカウンター、ひと昔前からの定番スタイルとなっていますが、そこで、食事をするのは最初だけで、
いつの間にかどこの家庭でも、物置き場所となっているのではないでしょうか?

 
数年前に新築させていただいたここのお宅でも例に漏れず、
物が積まれるためだけの場所となっていました。 
100102tana-003

お施主さまから、もうここでは食事をしないので収納場所にしてほしいとのご依頼。

カウンターの上は使えるよう、そのままにして、下の空間を有効利用できるよう、間仕切りを付け、可動棚をつけました。
100109-tana-012

目隠しは、お客様の用意されたロールカーテンを取り付け。
100109-tana-014

収納は、どこのお宅でも頭を悩ますことかもしれません。

自分のところでもそう。
何より、仕事上の書類や、道具・材料などの整理・整頓、そして収納がなかなかうまく出来ません。

最近考えていることは、物を減らすこと。
不要な在庫材料は持たない、必要ない書類は処分する、

そして、収納は、何より整理することが大切。

どこに何があるか分かるように、必要なものがすぐ取り出せるように、
整理整頓し収納するということは、
同時に頭の中も整理整頓されクリアになり、次なるステップに踏み出しやすくなると思います。

山の神

旧ブログ 工房便りはこちらから

 

今日1月7日、
この地域では山の神といって早朝暗いうちから火を焚き、

正月飾りや古い御札さんをそこで燃やします

その火で餅を焼く その餅を食べると一年間病気をしないとか
各地であるどんど焼きなどと言われているものと
同じようなものでしょう。

風がびゅんびゅん吹いていましたが、
火に当たっていると以外と寒くないものです。

今年は火焚き当番に当たり、朝早くから出動!
風が強く、周りに燃え移らないか心配しましたが、
多少火の粉が飛ぶ程度で大丈夫でした。
餅もうまく焼け、ついでに持って言ったサツマイモも、
いい焼き芋になりましたface02

100107-fire-010

仕事初め

旧ブログ 工房便りはこちら

 

当工房は昨日から仕事初めです。

昨日から伺っているのは以前新築させていただいたお宅。
一部壁の変更や、棚の取り付けなどを行います。

今日行ったのは、板壁の部分を張替え。

板は斜面板といって、三角に加工してあります。
100105-ita-002

この板を張ると、南京下見板張りになるというわけ。
100105-ita-003
この板の張り方は、雨切れもよく、陰影深くて好きです。

素材は杉の天然乾燥の赤身板で、

プラネットカラーのウッドコートを塗装しています。

新年あけましておめでとうございます

旧ブログ 工房便りはこちら

 

今年もよりいっそう、循環社会に根差した木の家作り、

そして地域との結びつきをより深めて
活動していきたいと思っております。

初詣に行って来ました。

地元の氏神さん、高宮神社。  
090101jin-001

近くの神社、辰水神社の干支飾り。けっこう有名です。
100102hatumode-007

これまた近く、榊原温泉街にある射山神社
100102hatumode-004

これは伊勢の猿田彦神社境内にある方位石
100102hatumode-014

本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

荒壁付けに参加しました

昨日、荒壁付けを手伝いに行ってきました。
場所は、岐阜県池田市。
晴吉さんの現場です。

本当は先週末の予定だったのが、寒波により、
1週間伸びての壁塗りとなりました。

平屋建て、石場建ての建物は
とってもかっこいいです。

0912gihu-002

 左官は当工房の木と土の家でも
お世話になった、和歌山県の小山さんです。

土にこだわり土を愛す職人、自給自足の自然びとでもあります。

行ったときは、ほとんどの壁が塗り終わっていましたが、
残りの何ヶ所かの壁塗りを手伝い、
寝かしてある荒壁土を移動させたりなどの作業を手伝いました。

 

0912gihu-005

 今回は、片面を塗ったのみで、残りの裏返し塗りは
また来年の春に行うということです。

この先、楽しみな現場です。

木の家ネットとは

木の家ネット 高橋建築工房も

参加する木の家ネットは、国産材を使い、環境に配慮し
家作りを行う各種職人、設計者、工務店の集まりです。
現在、木の家ネットでは伝統的構法による住宅を
これからも建てていけるような活動を行っています。
そして、そのための改正基準法再改正を求めていくために、
公開アンケート調査を行っています(2009/12/14締切)。
つくり手&住まい手のみなさん、ぜひご協力をお願いします!

こちらから

→「職人がつくる木の家」づくりを未来につなげるアンケート

 

木で作るバルコニー

 

先日竣工した、バルコニー兼カーポートです。

091003-ihu-0042

工房イフウさんの工房兼自宅に施工させていただきました。

バルコニーから眺める田園風景は逸品です。

091003-ihu-012

 
下の部分はカーポートになっています。

雨よけにガルバ二ウム鋼板の波板を張りました。

091003-ihu-005

ちなみにイフウさんは同じ美里町内で、

家具職人の川北さんと蜻蛉玉作家の奥様のお二人が
設立された工房です。

090429-ihuu-001090429-ihuu-012