• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ブログアーカイブ

木のカウンターはオイルで仕上げるのが良い〜大阪の小さなカフェ

オイルフィニッシュとは木の良さを生かす塗装

オイルフィニッシュとは、いわゆる植物性のオイルを木に塗り込んで仕上げとすることを言う。一般的に、建築や家具に使うのは植物性の乾性油だ。強い塗膜が張るわけではないが、古くなるほどに木の色に深みが出て、さらに年数が経ってからでも、また上からまた塗り込むことができる。そうしていくと段々とアンティークのような渋い表面になっていくのだ。

乾性油とは

乾性油とは、乾いて固まるオイルのことを言う。荏油、亜麻仁油、桐油などがそれだ。乾性油は内部に浸透し、そこでゆっくりと固まる。普通の塗料みたいにパキッと表面に膜が張る訳ではないので当然汚れやすくもあるが、木の風合いが生きるので、無垢材には、断然オイルフィニッシュがオススメだ。汚れが気になる時はその上から蜜蝋ワックスなどを塗る。ワックスは使っていると剥がれていくので、定期的に塗り直しが必要である。

楠のカウンターを作る

さて、このカフェのカウンターには、木神楽秘蔵の楠(クスノキ)の板を使った。この板は曲がっていたので、真っ直ぐにすると幅が狭くなってしまう。だから曲がったなりに使うことにした。

元は12センチ厚あったが、厚すぎるので7センチくらいまで薄く削った。削った直後の板は楠特有の香りが半端ない。
節や少々の割れも味わいのうち。
厚みがあって、店内に入れるとかなりの存在感だ。ハイスツールを使うので、足元には足掛けを作ってある。
カウンターの下は漆喰仕上げ。
キッチン側には円く作ったカウンターにシンクを仕込む。
そして完成したカウンターとハイスツール。仕上げはオイルフィニッシュ。ここでは亜麻仁油を使った。
オイルを塗ると、木の色に深みが出る。これから使い込むとだんだんと良くなっていくのだ。
完成したカウンター。広くはない店内だが、カウンターを楕円にしたことで距離が伸び、5人が座れるスペースが取れた。
現在営業しているお店では、蜜を避けるため入店は3人までに制限されているので、5人は入れない。

カウンターとスツール、棚などは亜麻仁油塗りだが、床は保健所の検査があるので、水を弾くウレタン塗装となっている。カウンターの楠は、おそらく今でもいい香りを放っているはず。木の香りを消さないのもオイルフィニッシュのいいところだ。


こんな楠のカウンターのある円いカフェに、是非ともいらして下さい!と言っても現在は入店制限がある状態ではあるが。場所は大阪府阪南市箱浦1−59『海のカフェ高木』だ。営業時間などは変動があるので、Instagramを要チェックだ。 → 海のカフェ高木Instagram

お店のWebサイトはこちらから

とんがり屋根の葺き方〜大阪の小さな円いカフェ

円いカフェの特徴であるとんがり屋根。

何気にできてるこの屋根だが、かなり考えに考えて作ったものだ。今回はこの屋根の制作秘話をぜひ聞いてもらいたい。

小さなカフェの建築期間は?〜大阪の小さな円いカフェ

およそ4ヶ月掛かる

小さな円いカフェは、壁が土壁で出来ている。土壁は仕上げるまで3回〜4回の工程があり、それぞれ乾燥しないと次に進めない。その期間も季節によりけりだ。

楽しくなけりゃ仕事じゃない〜大阪の小さな円いカフェ

仕事は楽しむもの

ストレスを抱えてまでやる必要はない。仕事はただ単にお金を稼ぐ手段ではない。それはライフワークであり、生きること、人生そのものなのだ。

おやつの楽しみな工事現場〜大阪の小さな円いカフェ

カフェオーナーの作るおやつはやっぱり美味しい

手作り豆腐ドーナッツ

ちょっと話はそれるが、この現場での楽しみはおやつの時間であった。

姉妹店?ではない〜大阪に建った小さな円いカフェ

大阪で小さな円いカフェがオープン

オーナー様のInstagramより

小さな円いカフェWeb内覧会〜お店の名前はジュリー珈琲。その由来はやっぱりあの人

お店のママさんは、沢田研二の大ファン

ママの愛蔵品、若かりし頃のジュリー等身大パネル

この店を預かるママさんは、ジュリーのコンサートがあれば大阪まで行き、もちろんCDは全て買い揃えている筋金入りの大ファンなのだ。

小さなカフェの作り方Web内覧会〜大工のエゴ全開で作った小屋

時には作る側のエゴも必要になる

小さく円く作るカフェ

この円いカフェは、私が作りたかったからそれをお施主様に提案した。いわば私のエゴで作らせていただいたカフェである。

伊賀の石場建ての家Web内覧会〜こだわらない家造り?

作る側のエゴを押し付けてはならない

工法とか材料にとらわれて、柔軟な発想の家作りができない、他人から見たら些細なこと、気にしなくてもいいことまで気にする、そんなこだわりの家なら、こだわらない方がいい。

材料・工法はその時々で柔軟に対応し、しかし、一つ一つに信念を持って、材料を選び、そして職人が作る。安易な妥協はすべきではないが、決して作る側のエゴで家作りをしてはいけでない。

古民家再生とセルフビルドの関係。どこまで自分でやれる?

やる気と時間があれば、どこまでも出来る

その気があれば、youtubeを含むインターネットなどで、あらゆる情報が溢れている現在、大工仕事でも何でも詳しく学ぶことが出来る。要はやる気とそれに取り掛かる時間を作れるかだろう。もちろんある程度危険を伴う作業があることを忘れてはならない。