• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ブログアーカイブ

外壁板は塗装すべきか否か

好きにすればいい

何だか答えになっていないが、塗ってもいいし、塗らなくてもいい。自然のままの風合いを楽しむなら無塗装、コストは掛かるが劣化を遅らせ、色を楽しみたいなら塗装すればよろしい。

ポリカ波板屋根の耐久年数は、15~20年。

メーカーの耐久年数は10年

ポリカ波板とは、ポリカーボネートて作られたもので、カーポートなどの屋根などによく使われているアレだ。この素材は非常に丈夫で長持ちする。メーカーによる寿命は10年程とされているが、実際はどうなのだろうか。

いい設計をするために、どこまで施主になりきれるか

いい家づくりをするために必要なことは、施主になりきって、その家を設計することだ。

新築における薬剤を使わない3つのシロアリ対策

まず前提として、木神楽で主に施工している地域は三重県の北中部だ。この地域で主に見られるのはヤマトシロアリなので、ここで述べるのは主にヤマトシロアリ対策となる。

土壁+断熱材の効果〜月読の家新築工事

最初に、このたびの九州地方豪雨災害におきまして、お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申しあげます。


さて、現在施工している月読の家(木と土の家新築)の進行状況をお知らせしよう。


いつも悩むこと〜塀の修繕工事その2

どうデザインするか

いつも悩むこと、それはどうデザインするか、だ。デザインとは意匠のことだが、それだけでなく、その構造強度、長持ちするのか、そしてメンテナンスのし易さは?なども含めて考えなければならないのだ。

さて、前回の続きで、同じお宅の塀修理の様子。これも強風で倒れた塀である。

傷みにくい塀を作るには?〜塀の修繕工事その1

雨が切れやすく、乾きやすく作る

塀は、基本雨ざらしであるので、木で作る場合は大変傷みやすい。それをどうやって長持ちさせるか、であるが、雨に濡れても乾きやすい構造を作ることがポイントである。ここでは、塀の修繕の実例を見ながら説明していこう。

和室もいいけれど、、家族で楽しむ空間を作る〜Web内覧会 海が見える山の家リフォーム

前回の続きで、ここでは内部をご紹介しよう。

ここは、元々こぎれいな和室であったのだが、お施主様の永年の夢を叶えるべく、大きく改装した部屋だ。

家の顔を変える〜Web内覧会 海が見える山の家リフォーム

この海が見える山の家リフォーム、ずいぶん前に竣工しているのだが、施工途中でブログが終わってしまっているので、ここで完成写真をご紹介したい。

私たちがお客様に出来ることは?〜工務店を20年やっていて感じること

私たちがしている仕事は、家を建てる、家を直す、お店を作る、それらを設計すること。そしてそこには、その仕事を依頼してくれる施主様がみえる。

古民家探訪〜松阪市編 

ここは松阪市は嬉野町の、雲出川下流域に広がる田園地帯である。その中の古い集落にあるこの古民家に関わらせていただくことになった。

屋根裏部屋を作る利点と注意点〜過去施工例より

昨日に引き続いて、ロフト・屋根裏部屋について書こう

空間を有効利用出来る屋根裏部屋

通常は屋根裏になってしまうところだから、広くは取れないが、その狭さが隠れ家っぽくて、屋根裏部屋の魅力の一つだ。

ワクワクする非日常空間、ロフトを作ろう〜木と漆喰で仕上げるリフォーム

子供心をくすぐるロフト空間

ロフトとは、屋根裏スペースを有効活用して作る部屋。通常天井はそんなに高くは取れないが、勾配天井の屋根裏部屋っていうのは、何だか秘密基地みたいで楽しいのだ。木神楽で作る新築には、基本的に全てロフト空間を付けるが、リフォームでも結構ロフトをつけたりする。

杉の木と漆喰で和風住宅をリフォーム

杉・漆喰のリフォーム事例

けっこう前の現場だが、リフォーム事例をご紹介。

とある団地内に建つ、築数十年の住宅。それほど痛んではいなかったが、古くなった外装などを新しくしたいとのご依頼を受けた。

20年前に建てた高床式はどうなっているのか

20年前に建てた電柱構法

まずは写真を見ていただこう。

竣工してから約20年。山の中に建てた山小屋。大工の父親が設計し、私と当時来ていた大工職人とで建てた。