• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ブログアーカイブ

台風での強風被害

とんでもなく暑かった今年の夏、気がついたら朝晩はぐっと冷え込み、日中も過ごしやすい季節となった。

 

皆さんもご存知の通り、この夏は西日本豪雨に始まり、台風21号、そして北海道の地震と災害が多かった。被災地の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。そしてここ三重県でも、7月末の台風19号、そして関西で猛威を振るった21号の強風で、様々な被害があった。ニュースでもあったが、家の屋根が丸ごとめくれて飛んでいったところもあった。

ここではそのうち、自分が調査して来たものをちょろっとご紹介する。

 

 

これらは屋根の瓦。棟の部分は風の影響を受けやすく、瓦が飛びやすいが、よほど風が強かったのか平瓦も飛ばされている。被害を受けるのはやはり古い家が多い。対策としては、当然ながら瓦をしっかり屋根に接着させることだ。

 

これは板金の棟押えがめくれ上がった例。こういったところも非常に風で飛びやすい。築10年を超えたら、定期的に点検を受けることをお勧めする。

 

これは、塀が風で浮き上がった例。現在は控えの方杖でかろうじて倒れずにいる状態。これもそれなりに原因はあるが、これだけの長さの塀を浮き上がらせるには、かなりの強風が吹いたと思われる。これをどう補修するかは、なかなか頭の悩ませどころだ。

 

他にも外壁(トタン張り)がめくれた例も多い。新築でこういう被害を受けることは稀だろうが、築年数が増えてくると、このような被害を受けやすくなる。普段から、定期的な点検とメンテナンスを受けることによって、被害を未然に防ぐ、もしくは最小限に食い止めることが出来る。

 

木神楽では、自社で建てた家はもちろん、そうでない家でも点検は無料なので、不安があれば遠慮せずに声を掛けて欲しい。

伊賀の石場建ての家(6)環境負荷の低い石場建ての家

 

さて、伊賀の石場建ての家は、その名の通り石場建てだ。その石をどう据えるか、柱との取り合いはどうするのか等々、Shigezo氏は何枚も図面を描き、その度ごとに我々職人と打ち合わせて、連日頭を悩ませ続け、そしてとうとう仕様が決まって、本工事に入る運びとなる。

Shigezo氏のWebサイトはこちら→シンプルな杉の家

 

現場で建築位置を確認

 

石場建てにする理由

 

さて、これは前回にも述べた通り、それこそが環境負荷の低い家づくりだからである。たくさんのコンクリートを使うのは大変なエネルギーを消費している。そして石を据えてその上に家を建てるのは、昔ながらの伝統的な家づくりだ。ハイテクではない、ローテクである。そのローテクこそが持続可能な社会での家作りとなりうる。そして耐震上も決して不利にはならない。石の上に固定せず建てることは、ローテクな免震構造となる。

 

以前建てた松阪の石場建て現場

 

もう一つ、地面をコンクリートで覆わないことにも意味がある。大地の呼吸を止めないようにすることだ。それについてはまた後日詳しく書きたい。

 

基礎石が搬入される

 

時は2017年初冬。いよいよ基礎工事がスタートした。石を据えるのは、いとか工務店の今西さん。ニックネームはユウ君だ。

 

ユウ君は木神楽で建てた松坂の石場建ての家のお客様。土木会社の凄腕オペレーターであったが、現代土木に希望を無くし、自然と向き合う脱コンクリートの土木会社を一人立ち上げる。この伊賀の現場は、彼が独立してからの初舞台でもある。

 

 

 

ユンボに乗らせたら、おそらく右にも左にも出る人はいないだろうと思われるくらい、まるで自分の手足のように使いこなす。

 

 

現場に掘られていく穴、そして搬入された焼き杭。これから何が始まるのかは次回に続く。

 

 

伊賀の石場建ての家(5)持続可能な社会での家作り

さぁ、しばらく更新してなかった伊賀の石場建ての家について、どんどんといこう。

今までのブログ続きは、こちらをご参照あれ→ 伊賀の石場建ての家  

 

 

今回の伊賀の石場建ての家は、ヨットから古民家再生まで設計する建築家Shigezoの設計によるものだ。

ここでは彼の考え・ポリシーに基づく設計理念について触れてみたい。

 


 

 

前回に書いた地盤調査で、しっかりした地盤であることが判明。そして自然との共生をテーマとする今回の家づくりにおいて、石場建てになるのは自然の流れであった。もちろんそこには、Shigezo氏の綿密な計算と、何よりもお施主様の深い理解があったからに他ならない。

Shigezo氏の設計のコンセプトについては、このページに詳しく書かれている。

 

シンプルな杉の家/中村茂史一級建築士事務所

 

 

 

持続可能な循環型社会を目指して

 

彼の設計は、まずは理想的な社会はどうあるべきか、というところからスタートしている。彼も、そして私たちも目指すところは、持続可能な循環型の社会であることだ。この地球は、我々人間だけのものでは無いし、そう思ってこのまま環境破壊し続ければ、結局のところ自分達が手痛いしっぺ返しを受けることになる。動物も植物も共にこの地球上に生きる仲間だ。もちろん生きていく上で彼らの命を頂戴するのだが、そこには決して驕りがあってはならない。

 

 

さてさて話を戻して、現在の日本には戦後に植林された大量の杉の木が、伐採期を迎えている。それらの木を切ることは環境破壊にはならない。その杉の木を有効利用して、構造・仕上げ材だけに留まらず、断熱にも利用して、なるべく建材類を使わない環境負荷の低い家づくりであるのが、彼の手がける家の特徴だ。それらの家は非常にシンプルでしっかりした構造であり、良質な住宅ストックとなるのだ。

 

 

 

ちなみに彼は、古い茅葺の古民家に住んでいる。現在の日本では、無理に新築しなくとも程度の良い古民家はたくさんある。それらを改修して住めば、それが一番環境負荷が少ないであろう。そもそも人間の経済活動自体が、地球環境には良く無い。しかしそんなことを言ったら何も出来ないので、少なくともこの地球に住まわせてもらっているという謙虚さを持って、生きたい。

 

 

工房紹介 今年もリスがやって来る、の巻

 

ここは、木神楽の工房の土場。その南側の斜面には、大きな1本のクルミの木がある。

 

 

(この記事は、2017年6月2日の記事を書き直しました。)

 

毎年、秋にはたくさんの実をつけるのだが、それを狙っていつからか、リスが姿を表すようになった。

 

 

クルミを咥えて、駆けてゆくリス氏。その愛くるしい姿を何とか捉えようと、カメラを持って頑張って撮った写真だ。

 

木に実がなり始めると、どこからともなくリスが現れる。
くるみは、かじって木から外す。

 

外したくるみは、がりがりかじる。どこまでかじっているのかは分からない。表面に、皮の部分があるので、中の種が出てくるまでかじるのかもしれない。そして、それをどこかへ運び去る。昔、読んだ本には、土の中に埋めて隠し、冬に備えるのだということが書いてあった。しかし、たくさん隠しすぎて忘れるらしい。そうして埋められた実から発芽し、別の場所に新たなクルミの木が生える、ということだ。

自然は何とも上手く出来ている。

 

ちなみに、ここ何年かは、2匹のリスを確認している。彼らが来ると、沢山実っていたくるみの実はあっという間に無くなる。自分でも食べてみようと、昨年は落ちたものを拾い集めたが、中身が少なく、実を取り出すのがあまりに面倒すぎて断念。

 

 

年々大きくなるくるみの木。

今年もたくさんの実がなった。そしてすでにリスが様子を見にきている。もう食べられると思ったら、きっと一気に取って行くに違いない。

 

これから8月に掛けては、リスに出会える確率は高い。

お暇な方も忙しい人も、是非、木神楽の工房へリスを見に来て欲しい。工房は山の中なので、避暑にはもってこいだ。