• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

月別アーカイブ8月 2020

床板?いえいえ外壁です〜月読の家新築現場より

杉赤身の本実板を貼る

月読の家の外壁は全面に、杉赤身の本実板を張っている。これらは、あらかじめお施主様に塗装していただいたものだ。ちなみに使われた塗料は、植物油ベースで作られているプラネットカラー。価格は決して安くはないが、顔料が濃く、一度の塗装で色濃く塗れるのが特徴だ。

外壁板は塗装すべきか否か

好きにすればいい

何だか答えになっていないが、塗ってもいいし、塗らなくてもいい。自然のままの風合いを楽しむなら無塗装、コストは掛かるが劣化を遅らせ、色を楽しみたいなら塗装すればよろしい。

ポリカ波板屋根の耐久年数は、15~20年。

メーカーの耐久年数は10年

ポリカ波板とは、ポリカーボネートて作られたもので、カーポートなどの屋根などによく使われているアレだ。この素材は非常に丈夫で長持ちする。メーカーによる寿命は10年程とされているが、実際はどうなのだろうか。