• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

工房FROSCH

建物探訪 FROSCH編② 広がるfroschワールド

さて、家具工房FROSCHへやって来た我々は、森下氏の自宅の中へと足を踏み入れる。

 

そこでいきなり出迎えてくれた、シーラカンス?みたいな魚の照明。少し暗めの玄関ホールで、その青い光がとても美しく、怪しく光っている。

実はこれ、森下氏の奥様が制作されたもの。彼の奥様はオリジナルな作品を作っているステンドグラス作家さんだ。この家は彼ら二人の作品が飾られたギャラリーでもあるのだ。

 

リビングには、所狭しと置かれた観葉植物。

 

 

内装工事は、さすが家具屋さんだけあって、きめ細かい仕事が見て取れる。色鮮やかな照明器具のシェードは、すべて奥様のステンドグラス。

 

そして、キッチンから洗面、そして作り付け家具に至るまで、森下氏の独特の感性が溢れていている。

 

 

そのユニークで独特な造形、カラフルな色使い。

何とも不思議な感覚に襲われた私たち。

 

帰る間際、S設計士がポツリと呟いた。「ここはまるでワンダーランド・・いや宇宙だね!」

 

 

 

建物探訪 FROSCH編

スモールハウスの建て前を控えた、とある秋晴れの日。

 

外壁の板をどう貼ろうとかの話になり、近くで以前建てた家を見に行くことになった。

メンバーは、私とスモールハウスのお施主さん、それに、最近よく木神楽に逗留しているS設計士の3人だ。

目指す先は、白山町の家具工房FROSCH。

 

ここが建てられてから、早7年が経つ。施主は家具職人なので、当然ながら内装工事は施主施工である。

ここに7年前の写真があるが、目的はこの外壁だ。

 

ここでは、ウッドロングエコという、塗料ではないが、木材を保護するものを外壁に塗ったので、その後の経過を見るのが目的である。

 

突然の訪問にも関わらず、施主である家具職人の森下氏は、快く我々を迎えてくれた。

 

そして7年経った外壁を仰ぎ見る。

たったの7年とは思えないほど、全体的に黒くなり、すでに古民家の様である。

何とも味わい深くなっているではないか。これこそ、古くなって美しくなる家であろうと思う。

使っているのは、杉の赤身板なので、水が切れるこの状況下ではそう簡単には腐らない。

 

さて、外壁だけでは飽き足らない我々は、森下氏の許可も得て、家の中に足を踏み入れることになる。

 

そこにはまるで別世界、そう、FROSCHワンダーランドが広がっていたのだ。

 

 

続く

 

 

 

二本木の家 その後・・

昨年、着工していた二本木の家。
⇒旧ブログより‘二本木の家’参照

家具作家と作る家

実は、この家はお施主さまが、家具作家であり、
当工房で外装と床を施工した段階で、お引渡しとなっていました。

あとの内装・木建具は、お施主さまが、仕事の合間を縫って、コツコツと仕上げています。

なかなか仕事もお忙しいようで、まだ完成しておりませんが、

訳あって、もう住み始めています。

先日久しぶりに伺ってきました。

お施主さまの森下氏は、津市白山町にて、家具工房フロッシュを
主宰する家具作家さん。建築家設計の住宅のキッチン等をフラッシュ家具で造られています。

外装は南京下見板張り

この写真は、昨年の6月のお引渡し時です。

外装は、杉の赤味板に、ウッドロングエコという、自然素材で作られた木材保護塗料を塗りました。⇒その時の様子
腐朽菌の発生を抑える効果があるとのことです。
杉の赤身に塗ると、特にこのような年月を経たような、味わい深い色に変わります。

ウッドデッキでは、ワンちゃんがお出迎え。

ウッドデッキ

リビングのウッドデッキも仮設。

実際は、もっと大きなものを作る予定だそうです。

外部は、南京下見張りという、板を張り重ねていくもので、施工は時間がかかりますが、出来上がりは陰影深く、なおかつ雨仕舞いもよいです。
サッシや屋根・樋などをガルバ二ウムなどを使い、シルバーに揃えました。

リビングからキッチンを望む

内部は、杉板と、漆喰、そして森下氏の作る家具によって構成されています。
まだ未完成の部分がありますが、現在、住みながら暇を見て施工している状態です。

洗面室

まだ扉などは、取り付けられていませんが、作りつけの洗面台に張ったガラスのモザイクタイル・収納付きの鏡など。

自分とは違った感性で作られており、大変興味深いです。

手作りの照明

玄関ホールにそっと置かれたステンドグラスで造られた素敵な照明・・

なんと森下氏の奥様の手作りです。奥様はステンドグラスを制作される作家さん。

このお宅も完成の暁には、ステンドグラスの照明があちらこちらに灯されることでしょう。

まだ未完のこのお宅、今回紹介できるのはここまでですが、

完成の折には、またウェブ上内覧会をしたいと思います。

なお、今回の出会い、そして共同作業を経て、新しく森下氏とコラボレーションした家作りを提案していきたいと思います。

1