• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

工房便り

「畳で事務所」プロジェクト計画中

「畳で事務所」を作ります。
使うのは、廃棄処分になる古畳です。

写真師、松原豊氏の事務所office369を、その畳で壁も床も作ってしまおうというもの。

鉄骨倉庫の2階です

その利点は3つあります。

1.材料費がタダ

2.断熱材も兼ねる

3.リサイクルになる。エコだ!

古いものを使うということに抵抗のある方はダメかもしれません。
事務所を作る場所は、松原氏所有の鉄骨倉庫の2階部分です。
その中を、畳で仕切って事務所にします。

写真師 松原豊ブログ
追記

3番目のリサイクルというのは間違いで、
畳をそのまま再利用することから、リユースと呼ぶべきですね。

 

 

昔ながらの家づくり

昨日、江戸屋製材にて、三和土ワークショップに参加

友人の一峰建築設計、池山君が企画・施工中の江戸屋製材休憩所。

ここでは、石場建ての‘よいとまけ’ワークショップから始まり土壁塗りなど
何回かのワークショップを行っています。

今回は三和土の土間施工です。

三和土施工中
もっと叩き続けると表面がより滑らかに、硬くなります。

三和土施工に参加するのは3回目か4回目、随分慣れてきました。

が、このたたき棒で叩き続けるのは、手がしびれてきて
けっこうしんどいです。

でも何より素人でも家作りに参加できる、
そしてコンクリートに頼らなくても家作りが出来るって素晴らしいじゃないですか?!

試験体加工

13日は、三重の大工仲間3人と滋賀へ。

伝統的架構における、柱の欠点材の影響を調べるための試験体を加工しにやってきました。

 

場所は、木の家ネットの仲間、宮内建築の作業場
100113-kizami-004

何体も加工しました。
3人で加工すると早いものです。

鼻栓引きのホゾ加工された厚鴨居

ちなみに先日(11日)にあった実験の様子
100111-jikken-053

現在、国が伝統的な構造の住宅をきちんと法律付けようとしており、その中で材料問題を検討するプロジェクトの一環としての実験です。

キッチンのカウンターって・・・

よくある対面キッチンのカウンターって利用されていますか?

このカウンター、ひと昔前からの定番スタイルとなっていますが、そこで、食事をするのは最初だけで、
いつの間にかどこの家庭でも、物置き場所となっているのではないでしょうか?

 
数年前に新築させていただいたここのお宅でも例に漏れず、
物が積まれるためだけの場所となっていました。 
100102tana-003

お施主さまから、もうここでは食事をしないので収納場所にしてほしいとのご依頼。

カウンターの上は使えるよう、そのままにして、下の空間を有効利用できるよう、間仕切りを付け、可動棚をつけました。
100109-tana-012

目隠しは、お客様の用意されたロールカーテンを取り付け。
100109-tana-014

収納は、どこのお宅でも頭を悩ますことかもしれません。

自分のところでもそう。
何より、仕事上の書類や、道具・材料などの整理・整頓、そして収納がなかなかうまく出来ません。

最近考えていることは、物を減らすこと。
不要な在庫材料は持たない、必要ない書類は処分する、

そして、収納は、何より整理することが大切。

どこに何があるか分かるように、必要なものがすぐ取り出せるように、
整理整頓し収納するということは、
同時に頭の中も整理整頓されクリアになり、次なるステップに踏み出しやすくなると思います。