• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

仕事の心構え

親方の心得@弟子を育てる事は、自分自身を育てる事

 

注)この仕事の心構えシリーズは、基本的に独断と偏見に満ちている。
書く事によって、自分への気づきとするのが、一番の目的だ。

 


 

さて、 大工になるには、何処かに弟子入りする必要がある。大工に限らず、何かのプロフェッショナルになる為には、弟子入りし、そこで技術や心構えを学ぶ必要がある。ここでは、弟子を受け入れる側からの話を書こう。

 

なぜ弟子を取るのか

 

弟子を取るのは大変だ。仕事をいちから教えなければならないし、職人仕事が出来るようになるまでは、長い時間が掛かる。それでも弟子を取る理由は、大まかに次の3つだ。

 

  1. 自分の仕事の補佐
  2. 職人の育成
  3. 自分自身の成長

 

1.自分の仕事の補佐

これがまず一番の理由だ。仕事が忙しくなってくると、自分一人では仕事は回せない。そんな時に自分の代わりにやってくれる職人がいると助かる。ただし、仕事が出来るようになるまで、長い時間が掛かるので、それまでは辛抱が必要だ。

 

2.職人の育成

いつまでも自分たちの世代で仕事が出来るわけではない。誰かが若い者へ教えて、次の世代へ引き継がなくてはならない。自分も弟子入りして、仕事を教えてもらった。

 

3.自分自身の成長

弟子を取り、育てると言うことは、実は自分こそが学び、育つ事だと思っている。

人にものを教えようと思ったら、自分こそが、まず理解していなければならない。そして仕事に対する自分自信の動かない考え、信念、というものをしっかり確立させる必要がある。親方自身がぶれぶれでは、弟子も迷ってしまうだろう。

人に仕事を教える立場になって、初めて自分の仕事にも目が向く。人にうるさくものを言って、そこで、あれ、自分もできてないじゃん、と気づく。

だから、弟子を取り、育てることは、自分こそが育つチャンスなのだ。

 

 

職人の心得③ 弟子への提言 仕事は段取り八分

この職人の心得シリーズ、なんか偉そうに書いてるが、実は自分に言い聞かせてることでもある。
多分、今まで自分自身ちっとも出来てない。
ここへ書くことによって、これらを意識し、実行できるようにするのだ。

 

 仕事は段取り八分

 

これは、職人なら定番過ぎる言葉である。
恥ずかしいことだが、やっぱり自分自身、今までしっかりやっていたと言う自信は無い。

 

でも、この言葉通り、仕事の進み具合は、間違いなく段取りで決まる。
早め早めの段取りが、鉄則だ。

職人や弟子に、お前が言うな、と突っ込まれそうだが、これからはしっかりやる。
これからは、がんばるのだ。

 
ちなみに、段取りは主に親方の仕事である。
が、弟子のころから段取りを意識し、自分の仕事、そして現場の段取りをしっかり意識して、仕事に取り組むようにして欲しい。

 

職人の心得② 弟子への提言

職人の心得の追加

前回書いた職人の心得①はこちら

職人としては、当然の心構えなのだ。
弟子、大工見習いは特にしっかりと取り組んで、習慣としておくように。

注)基本的に記事は独断と偏見に満ちてます

 

  1. 1日の始まりに、今日の自分の仕事をどこまで出来るかイメージを描く。
  2. 1日の終わりには、そのイメージ通りできたかどうかを確認する。

 

これは、1日を無為に過ごすな、ということ。

勘違いしていないか。
仕事って、時間通りに来て、時間が来たら帰ったらいいのでは無いよ。

職人とは、よりいい仕事を、よりきれいに、そしてより早く出来るよう目指すもの。

仕事は、イメージ通りには進まない。途中で予定してなかったすべき事が必ず出てくる。
ほぼ9割方は、思っていたより手こずり、時間が掛かってしまうものだと考えて良い。

が、いかにそれを少なくし、自分の思い描くように進めることができるようになれるか、だ。

それには、毎日ブラッシュアップし続けることである。
1日の始めに自分の仕事をイメージし、出来なければ、どうして出来なかったかを考え、それに翌日に生かす。
それを毎日毎日、繰り返す。そのことによって、少しづつ進歩する。

 

職人仕事は、急に出来るようになったりしない。毎日の小さな繰り返しの作業によって、磨かれ、出来るようになるもの。
その事を忘れず、日々1日たりとも怠るな。

 

 

職人の心得について

《仕事の心構え Part1》

 

これは、お客様には直接関係ないことだが、弟子育成の為に考えて、書き出してみた。

心得とは、つまり仕事をするにあたっての心構え。職人の心得は職人であれば当然のこと。弟子の心得は、見習いとしての心構えだ。内容については、思いついたことがあれば増やすし、また変更したり、削除することもあり得る。

(ここでの職人とは大工のことだが、どんな職人についてもおおよそ共通することだろう)

 

 

 

職人の心得
  1. 休む場合は、よほどのことがない限り、前日までに伝える事。
  2. 仕事時間に遅れる、もしくは早退する場合は、なるべく早く親方に伝える事。現場に親方が居ない場合は、現場の同僚にも伝える事。
  3. 施主様がいつ見に来ても気持ちの良い現場を心掛けること。(常に現場の整理整頓を心掛ける、養生をきちんとする、下地においても雑にしない、挨拶、などによる。)
  4. 帰りは必ず仕事場を綺麗に片付け、掃除を行う事。
  5. 見えなくなるところでも、雑にせず、丁寧に仕上げる事。
  6. ノミ、鉋などの研ぎものは、なるべく休み時間や、家でやっておく事。
  7. 特に手道具の手入れ(研ぎもの等)は、怠らない事。
  8. 道具は直ぐに使えるように、常に手入れをしておく事。
  9. 仕事をすることによって、近隣を騒がして迷惑をかけている事を忘れず、施主様だけでなく、近隣にも感謝の気持ちを持って挨拶する事。
  10. 施主様はもちろん、近隣の方々にも大きな声と笑顔で、積極的に挨拶を行う事。通りすがりの人には、軽い会釈でよい。
  11. 仕事の間違い、失敗は、残業・早出して直す事。もしくはそれにて遅れをカバーする事。(不可抗力を除く
    親方には直ぐに報告する事。
  12. 常に切磋琢磨し、今より綺麗な仕事を、今より早く出来るようになるよう目指す事。
弟子の心得
  1. 挨拶・返事は、大きな声でハキハキ行う事。
  2. 人より早く来て、現場の開錠、養生めくり、冬なら火を炊いておく、ゴミ処分、先輩職人が出て来たらスムーズに仕事を始められるような段取りをしておく事。
  3. 仕事中においても、現場・工房の掃除、片付けには常に氣を配る事。
  4. 帰りは最後に出て、現場の施錠を行う事。
  5. 休憩時間は、率先してお茶・休憩場所の準備を行う事。
  6. 些細な事でも、親方、先輩職人への報告・相談を行う事。

 

1