• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

お知らせ

鳥羽の家、内覧会お知らせ 6/10,11日

 

つ、ついにこの日がやって来た!

 

 

鳥羽の家に、お施主さんが引っ越すことになり、その前に内覧会を開催することとなったのだ。
ここで、ざっと鳥羽の家作りの経過を見てみよう。

 

建て前をしたのは、ちょうど一年前

 

この現場、建て前をしたのが、ちょうど一年前の6月アタマ。
それから、お施主さんによるセルフビルドと木神楽との協働作業にて、ようやく、完成まで漕ぎ着けたのだ。

この現場は、美杉町の新月伐採の杉を使い、伝統的な構法を多用した住宅。
しかし、現代的な設計(の、つもり)により、新しく、しかし懐かしい、そして長持ちする家を目指して作られた家だ。

 

セルフビルドとの協働作業で家作り

何といっても、お施主さんによるセルフビルド(土壁、その他多数箇所)があるというところが大きい。

頑張れば、ほらこれを読んでいる貴方にだって出来ちゃうのだ。

 

 

鳥羽の土壁の家 内覧会 6月10日(土)、11日(日)

場所は、鳥羽市幸丘。小高い丘の上にある、静かな住宅地。
海も山も程近く、遠くに電車の音が聞こえる気持ちのいいところ。
見学希望の方は、詳しい場所をお知らせするので、木神楽高橋までお問い合わせを。

ちなみに、近鉄船津駅から、徒歩6分です。電車でノンビリ来るのも良いかも。

高橋連絡先→電話090-3385-2706
もしくは、お問い合わせページまで

 

火星に土壁の家を建てる

御報告が遅れましたが、NASUと共同で行う、「木神楽house イン火星」プロジェクトが決定となりました。

 

《この投稿は、エイプリルフールネタです。あしからずご了承下さい。》


NASAが、2030年に有人火星探査を計画しているのはご存知の通りですが、当然火星探査基地ともなるべきものも計画されています。

そこは、ひとつの街の様なものになるのですが、その中の一つに、木神楽プロデュースの木と土壁の家を建てるというものです。

もちろん、火星の石を使った石場建て、更に火星の土で壁を作ります。

 

今回のお話、NASU長官からの直々の依頼です。もちろん当然最初は断りました。

日本には、うちよりもっと素晴らしい建築をする工務店や設計事務所は沢山ある、と何度も伝えたのですが、トレンプ大統領からの電話で、プロデュースだけでもして欲しい、との事で、お引受けする事にしました。

建物としての条件は、火星にある素材を活かして、更に火星に残してきても決して害にならず、自然に風化し土に還る家です。

そこに住む宇宙飛行士は、もはや地球に帰還する事は出来ないので、生涯をそこで暮らします。だから、安心して、そして尚且つ安らぎを感じて住める家にして欲しいとの事です。

骨組みの加工はこちらで済ませるとして、問題は、向こうの土が使えるのか、水はあるのか、竹小舞を編む竹は生えているのか、何より、誰が火星まで行って建てて、土壁を付けて来るのか。

そこで木神楽では、火星まで行って家を建てたい、土壁を付けたいという職人を募集する事にしました。2030年まではまだまだ時間があるので、まだこれから見習いを初めて大工や左官になるのでも構いません。

ただし、火星へは片道切符です。

行ったら帰って来る事はないでしょう。生涯をこのビックプロジェクトに掛けてもいいという強者がみえたら、是非ともご連絡をお待ちしております!

 

尚、下記ニュースにもあるように、近々来日する長官と、第1回目となる打ち合わせをする予定です。

火星への旅、日本も一員に。朝日新聞より

今年も木と土の家を創ります

新年明けましておめでとうございます。2016-12-16%e4%bc%9a%e7%a4%be%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b62

 

木神楽では、在来構法・伝統構法の木の家づくりを手掛けています。

三重の木・土壁など、自然素材で仕上げます。

腕のいい大工・左官職人を中心に、永く持つ丈夫な家、そして永く愛されるデザインにこだわります。

古い家づくりをそのまま受け継ぐのではなく、

そして時にはこだわりにこだわらず、常に新しいものを「創り出す」気持ちで取り組みます。

 

本年も何卒よろしくお願いします。

 

内覧会のお知らせ

松阪の土壁の家、明日明後日と内覧会です。

事前予約制ですが、当日の電話予約も受け付けております。

職人が造る〝木と土の家〟を是非一度、見て、体感していただきたいと思っています。

 

2016-11-12%e5%86%85%e8%a6%a7%e4%bc%9a%e6%a1%88%e5%86%85

 

 

よいとまけワークショップのお知らせ


22日から、1週間に渡って、参加、見学自由のよいとまけを行います。

よいとまけとは、地固めのため、大勢で重い槌(つち)を滑車で上げおろしすることです。

この作業が終わった後には、伝統構法による家が建ちます。

今ではほとんど行われていない貴重な作業に参加してみませんか?することは、ロープを引くだけなので、基本、誰でも出来ます。

お昼のまかない付き。

飛び込みでも構いませんが、参加希望の方は、ホームページのお問合せページから連絡いただくか、高橋090-3385-2706までお電話いただくとありがたいです。

場所   松阪市宝塚町1571

日時 22日(金)〜29日(金)

朝8時〜夕方5時までの間

 

若手大工見習い達でよいとまけ

 

木の家ネットの仲間も、見学に来てくれました。

 

12