• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

セルフビルドの勧め

20110717-132358.jpg

もっかぐらでは、お客様になるべく家作りに参加してもらうようにしています。

その方が、家に愛着も湧くし、何より安く上がります。

今日は一日、セルフビルドの御指導、お手伝いです。

最初の写真は、畳deスタヂオで、ペンキ塗りをする、オーナーのご友人。

二枚目は、ご自宅の床にコルクタイルを張るK様。

20110717-132503.jpg

.

杉の赤身って強い!

少し前に、補修させていただいたウッドフェンス。

実はこのフェンス、7~8年前に作らせていただいたものです。
その時白く塗装。
それ以来なにもメンテナンスぜず、雨ざらしですが、
ペンキは剥がれていてきているものの、
ほとんど痛みなしで、改めて赤身の強さを実感!
(赤身とは、木の年輪に近いところの芯材のことです)

今回は、車がぶつかりこわれたのでその部分を新しく作り直しました。

このままの無垢の色も素敵ですが、これからまたペンキ屋さんに白く塗ってもらう予定です。

 


          design&planning  T-space

新築工事が始まります。

場所は、自宅のすぐ近く、歩いて1分ぐらいのところです。

お客様は、自分の中学時代の友人!

数年前から相談を受けていたのですが、このたびついに念願の家作りが始まることとなりました。

友人とそのファミリーの人生一大イベントである〝家を建てる〟ことに、

関わることが出来てとても光栄です。

 

先日の地鎮祭の様子

 

 

今回のおうちは、外周に土壁を付けます。

さっそく現場に壁土を置き、藁をたっぷり入れて寝かしています。

 

熱気を抜く

畳de事務所プロジェクトの経過報告です。

先日施工した、もっかぐらオリジナル棟換気の工夫

少し分かりづらいですが、スレート波を利用し、雨が入りにくく、

小屋裏の熱気が逃げるようになっています。

いくら屋根断熱をしても小屋裏換気が出来てないと、

熱は断熱材(この場合は古畳)を暖め、下まで伝わります。

この換気口を設けて、始めて屋根断熱の完成です。

 

一方、屋根下の室内、棟に近い上部。

電気に頼らない自然換気もいいですが、今回は換気扇を取付け。

これで、この鉄骨スレート葺きの建物も以前とは比べ物にならないほど、

快適になるでしょう。