• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

手で作る意味

毎日、暑い日が続きます。

現在、もっかぐらの工房では、今度の新築(自分の友人宅)の刻み加工真っ最中。

ここは、標高が高く、まわりを林に囲まれているので、街中と比べると幾分涼しいかと思いますが、

それでもやはり日中は暑い!

熱中症にならぬよう、業務用扇風機を回しながらがんばっています。

 

 

 

 

木神楽では、なるべく職人の手仕事を心がけています

 

といっても、すべて手加工するわけではなく

加工済みの材料を仕入れたり、機械も積極的に使い、効率をはかります。

もちろん工場で加工をお願いすること(プレカット)もあります。

その家その家にあった構造の組み方、予算の取り方により、選択します。

 

 

構造材は、三重県産の杉・檜を使います。

羽目板や、他の細い材料は、他産地のものも入っていますが、基本的にすべて国産材を利用しています。

 

 

今回、外周のみ土壁を付けます。

伝統的な加工、木組みの部分もありますが、メインはボルトを使用した在来構法です。

 

 

 

20110813-155509.jpg

この新築では、檜の柱と土台はほとんどすべて、
お施主様とそのお父様が、山から切り出されて出したものです(造園業をされていて、間伐も請け負っている)。
お仕事柄ということもありますが、自分の家の木を自分で切り出したって素敵なことですね。

加工する私たちも大切に扱わなければ、と気合いが入ります。

その他の材料、梁などの構造材はすべて三重県産の杉を使います。
天然乾燥で良く乾き、目も詰んでいる良材です。

 

 

20110813-155532.jpg

通し柱は檜の5寸角(150mm)。

もっかぐらでは、地震時に胴差し部分で通し柱が折れるのを防ぐため、最低、この寸法以上を使っています。

 

耐力壁は、土壁と筋交い。

地震力に対する初期剛性は、筋交いと土壁が受け、さらに筋交いが破断するような大きな揺れには、

1寸(30mm)厚さの貫が倒壊を防ぎます。

 

 

 

しかし、毎日暑い中、みなさん本当にご苦労様。

20110813-155601.jpg

20110813-155640.jpg

20110813-155706.jpg

 

 

この家ではお客様の希望で、雨降りでも楽しめるようにと、玄関・リビングの掃出し前に、大きな庇を取り付けます。

よって「雨降りを楽しむ家」と呼ぶことにします。

コンセプトは、なるべく自然素材で作ること、もう一つが、ローコスト。

 

畳de事務所でも御馴染みのリユースを、ここでも取り入れたいと思っています。

〝リユース〟で作るスタジオ

写真師 松原豊氏の事務所を作るプロジェクト「畳de事務所」のスタジオ版、「畳deStudio」。

壁の畳の塗装も終わり、古建具も入りました。

ちなみに壁を白くするというのは、松原氏からの要望です。

撮影スタジオとして使うため、壁が白くないといけないのです。
正直、最初は白い畳なんて・・と思ったのですが、塗ってみると意外といい感じです。

ぱっと見、畳と気づかないかも。

 

真っ白な空間に古建具が映えて、ちょっとしたギャラリー風になりました。

 

 

ちなみに、空間の天井付近、東西2カ所には換気扇と取り付けてあり、熱気を排気します。

照明・収納棚等は、これから、松原氏の使い勝手に応じて取り付けます。

 

 

30畳以上あるスタジオスペース。

畳が敷き詰められていて、柔道場のようにも・・(笑)

 

古建具による開口部。

一番右側が、畳de事務所への入り口。

真ん中が階段ホールへとつながる入り口。

左側には、古雨戸で作った収納スペース。

 

階段ホール。

以前は手すりも何もなかったので、取り付け。

笠木も実は廃材利用。

奥に見えるスノコ状のものは、吹き抜け上部を施行するために取り付けた足場。

 

 

メインの材料は、捨てられる運命だった、古畳と、古建具。
畳は断熱材としては最適ですし、古建具もいい味を出してくれました。

 

 

 

 

 

 

すべてをほどほどに

毎月第一土曜は、みえ木造塾の講義日。

昨日の講義は、私も参加する木の家ネットに所属する、すまい塾古川設計室の古川保さんでした。

 

 

冒頭の言葉は、古川さんが発した、住宅作りにおいての指標。

すべてにおいて完璧を目指すのではなく、実はほどほどにやるのがいいんだ、と。

 

多くの伝統的な住宅を設計されてきた古川さんは、伝統構法の論客としても、色々な場で活躍されています。

原発の話、 太陽光発電、オール電化について、日本の山のこと、そして木のこと、

世間では常識と思われていることの裏側、本質を見抜こうとするとても面白い話でした。

 

またあらためて、古川さんのホームページを読んで勉強したいと思います。

 

 

 

 

 

写真は、数年前に、大工仲間と移築した大きな土蔵の解体時の様子。

 

 

またまた講習

20110728-122813.jpg

先週に引き続き、今日も一日、講習です。
今日のは建築士定期講習というもの。
最近改正された建築士法により、これから3年毎に受けなければなりません。

内容は、先週と良く似たもの。
建築士としての基礎知識です。

子供の時だけでなく、大人になっても勉強です。
世の中知らないことばかり、生涯死ぬまで勉強ですね。