• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

15日(日)ついに完成内覧会です!

 

現在、工事中の〝雨降りを楽しむ家〟がやがて完成します!

 

このお宅は、主に地元材を使い、手刻みで加工し、土壁を付けました。

内装は杉板、和紙などを使い、気持ちのいい空間に仕上がりました。

 

どなたでもご見学可能です。

私たちが心を込めて作り上げたこの家を、是非とも見に来てください!

 

 

日時  1月15日 朝9時頃〜夕方5時頃

場所 三重県津市稲葉町牧野(美里ホームランド内)  木神楽 新築現場 

 

外観は片流れの屋根と、大きな庇が特徴。雨降りの日も庇の下で遊べます。
背後に茂る森に抱かれるように建つロケーションは、最高!

 

 

現在、キッチンを製作中。

 

 

 

 

洗面台は、実用的な大型のシンクを入れました。
天板は、ワラ入り漆喰で磨き上げ。現在養生中です。

 

 

 

2階は解放的な造りに。屋根勾配を生かし、ロフトも広く取りました。

 

 

2階には、寝室と和室があります。

今日(1月12日)、畳が入りました。熊本産の減農薬イグサを使ってます。

 

玄関框は、お施主さまが、この日のために大切に保管されていたケヤキの柱を利用。
玄関土間は、土足にも耐える、カリンのフローリング張りとしました。

 

 

 

お施主さま(私も)念願の薪ストーブ。
あとは、煙突の接続を待つばかり・・

 

 

 

 

 

 

謹賀新年

 


本年も宜しくお願いします。 高橋一浩

ついに足場が外れました

〝雨降りを楽しむ家〟の新築現場。
待ちに待ったこの日、外部の足場が解体されました。

 

家を建てていて、ワクワク、楽しみ、そして嬉しい瞬間は、

1、外部の足場が外れる時
2、内部の床養生をめくる時   の二つ。

共に内外ともそれぞれ完成して、その全貌が見られる時です。

 

こうして見ると、背後の雑木林に抱かれるように建つロケーションの良さが感じられます。

 

 

 

 

前のみ杉板の南京下見張り、
両サイド、背面はガルバリウムトタン張りとしました。

板はプラネットカラーのシーダー色で塗装。
お施主様夫婦が半日程度掛けて塗りました。
黒に杉板が映えて、かっこいいと自分では思ってます。

本当は全部板張りにしたかったのだが、工期、予算、後のメンテナンスを考え、
ガルバリウムになりました。

 

 

 

 

背後に迫る木々

この林、下草を刈って整備すれば、子供達のいい遊び場になりそう。

 

 

 

 

ここまで出来ました

正面2階部分
この窓から庇の屋根の上に布団が干せます。
窓に手摺りか、格子を付けたいところですが、このままになるかもしれません。

1階内部 まだ壁が出来てません

2階内部 薪ストーブの「煙突が立っています。
 

小さいですが、2階に和室があります。