• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

天井の仕上がり

DSC_4956

 

美杉町の古民家改修現場にて。

天井板を張替え、そして天井がなかったとところも、断熱材を入れて、天井板を張りました。

新たに作った部材は、元の煤けた色に墨で塗装。

無塗装にした天井板が映えて、明るくなりました。

 

 

古民家リフォーム

2013-11-12 09.27.42

 

現在、美杉町で施工させていただいてる、古民家です。

以前雨漏りしていたところが、腐っていて、柱を取り替え、梁の一部を補強などしています。

この後、落とした土壁を再生し、若干、間取りも変更します。

地元の材で作り、そして土に還る材料を使って、デザイン・リフォームをさせてもらっています。

 

2013-11-05 12.58.43

以前、屋根替えをされているので、雨漏りの心配はありません。

昔のままの木製建具を残し、趣きある佇まいです。

 

2013-11-12 10.15.46

私たちが工事に入っている間に、なんとヤギがやってきました。

お施主さまは、前から飼うのが夢だったのだとか。。とても可愛い子達です。

 

 

竈の家補修工事

image

image

この夏施工させていただいた、四日市のまちかど博物館竈の家の倉庫。

屋根は、瓦が割れ、穴が空いている状況でした。
低予算に押さえるため、屋根はガルバリウムの波トタンに葺き替え。

image

足場を掛けたついでに、外壁の錆びたトタンを、杉板に張り替えたり、ストックしてあった木建具の窓を入れたりしました。

予算なりに、古民家らしいいい雰囲気になったかな、と思います。

M様邸上棟しました

DSC_2810

 

DSC_2841

 

初夏から工事に着工していた、M様邸新築が、無事棟上げされました。

暑いときで大変でしたが、職人のみんなも頑張ってくれ、無事終わりました。

写真は、お施主様も交えた、棟木収めの時と、上棟式後の記念写真です。

今回の工事は、若い衆の前田に、墨付け・刻みとすべて任せました。

間違いもほとんどなく、いい仕事をしてくれました。

若い職人が育つのは、とても嬉しいことです。

 

DSC_2605

 

今回の家では、丸太を2本使用。

そのうち1本は、加工から仕上げまで、すべてまさかり・ちょうな、といった手道具で加工しました。

手間は掛かりましたが、これがまたいい仕上がり!

詳しい内容は、順次アップしてゆきたいと思います。