• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

羽アリの季節がやって来ました

20140522-130240-46960710.jpg

この梅雨前の時期は、シロアリが羽化して飛び立つ季節です。
木神楽の工房でも、外で腐食していた木から沢山の羽アリが飛び出して来ました。
シロアリと聞くと、身構えてしまいますが、自然界には、普通に存在している虫です。

シロアリと、普通の羽アリとの区別は、付きにくいですが、触角や羽の形などで見分けます。

家の足元や壁から、たくさんの羽アリが出て来た時は、それがシロアリかどうか見分ける必要があります。
分からなければ、写真に撮って、専門家に見てもらうのが宜しいでしょう。

ちなみに、この写真に写っているのは、この地方で一般的に見かけるヤマトシロアリの羽アリです。
一緒にいる白いアリは、アゴが大きいので兵隊アリですね。

ヤマトシロアリは、雨漏りや、床下が湿気っているなどの原因がない限り、家の材木を食べることはないので、いたずらに怖がる必要はありません。

この辺りでは滅多に見かけませんが、イエシロアリ・カンザイシロアリという種類には、要注意です。

竈の家に新たなスペースが出来ました。

20140402-182345.jpg

昨年から、少しづつ補修していた、〝竈の家〟の離れ小屋。
ここを先日、オーナーと共に片付け、そして二階に本棚を取付けました。

またまだ直すところはたくさん有りますが、とりあえず、新たなスペースが出来ました。
ここの本棚は、古書を中心に置く予定です。
竈の家公開日には、新たな憩いのスペースとして、活用されることを願っています。

————————————————
四日市のまちかど博物館〝竈の家〟
詳しくはこちらを→http://kamadonoie.net

ここは、築100年以上の大変古い民家。
色々な方の御尽力でこの民家が維持され、昔ながらのカマドを中心に、イベント等で活用されています。

木神楽では、ここの改修整備に協力させてもらってます。

Wild Art YESEがオープンします

DSC_5771

 

去年から工事に取り掛かっていた、エロン&ユウコの拠点
「芸術文化交流の家 Wild Art YESE」がオープンします。

ドイツ帰りの彼らは、ここ津市白山町に拠点を構え、その独特の感性で、ダンス・音楽・語学の教室をここで開きます。

広いダンスルームは、和室をぶち抜き、造りました。
難しい大工仕事以外の作業のほとんどは、彼らとその友人によって行われています。

まだ、全部完成しているわけではありませんが、取り敢えずスタート。
今後も彼らによって、少しづつ造られていくだろうと思います。

今日昼からは、オープニングイベントとして、そのスタジオが解放されます。
興味のある方は、どなたでも遊びにいらして下さい。

 

10015046_650682648337334_1845247708_n

詳しくはこちらを

 

2014.3.29YESE FLYER FINAL VERSION

 

wildartyese.com

 

 

ふれあいフェスタでカホン作り

昨日は、津商工会議所さんのイベント「ふれあいフェスタ」にて、カホン木工教室を開催してきました。

 

IMG_0646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、15組の親子が同時に作り始める、そして時間は1時間、という条件。
誰でも迷わず組み立てられるよう、釘を打つ位置まですべて印をつけるという、入念な準備をしていきました。

会場は、メッセウィング三重。
一階は、津の企業紹介ブースや、物産展などで大変賑わっています。
木工教室は、2階の会議室をお借りして行いました。

 

IMG_0649

IMG_0650

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、楽しみにして来てくれたようで、中にはカホンが何か知らないまま参加してくれた方もみえました。
が、とにかく自分たちで作ることが出来る、というのが大切なところです。

トントンカンカン、小さいお子さんも頑張って金づちを振ります。
その中で、やけに作るのが上手な男の子を発見。彼は将来物作りの道を歩むのでしょうか。

IMG_0652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1394876332383

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、製作には、予定時間をオーバーして、1時間半ほど掛かりました。

最後には、皆で叩き方ワークショップをして、演奏を楽しみました。