• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

松阪の土壁の家、建て前をする

《松阪の土壁の家 Part4》

これはちょうど1年前の話。

さて、構造材の墨付け、刻みがどんどんと進んでいくが、実はそれと同時に、鳥羽の土壁の家の準備も始まっていた。刻みが終わらないうちに、鳥羽の家の材料が工房にどっと入ってくる。

そして建て前は、5月末日と決定、そしてそのすぐ後6月1日に鳥羽の家の建て前も決定するという、とてつもなくハードなスケジュールとなった。どちらも梅雨に入る前ギリギリである。

そして、ようやく迎えた建て前の日。

まず初日は、下組みをする。伝統構法な建物は、木組みが複雑なので、まず寝かした状態で組めるところを組んでしまう。

そして2日目、前日に組んだものを、クレーン車で順番に起こしてゆく。この過程は、大工として最も面白いところである。


そしてこれらは、屋根の登り梁。合掌梁とも言う。この松阪の家の見せ所でもある構造材だ。これを入れる事により、よりシンプルで美しく、そして小屋裏が使い易い架構となる。


これはお楽しみのお昼時間。今回は、いつもの大工メンバーに、木の家ネットの仲間である、滋賀の宮内建築にも来てもらった。宮内さんちは、こだわりの木組みの家、とりわけ石場建ての新築も結構手掛けていて、僕としては、今回の自信のある家を是非見に来てもらいたかったのだ。


そうして屋根まで完成。ここまで4日掛かった。木組みの家にしては早い方だろう。

さあ、次はいよいよ土壁。左官屋さんの出番である。

つづく

新建新聞社来たる

木神楽に新聞社が取材に来た。その名も新建新聞。

一般の方は知らないだろうが、住宅を初め、建築のトレンドや情報を扱う、この業界では知る人ぞ知る業界専門新聞社だ。

実は5、6年前に一度取材に来られて、新建ハウジングという冊子の記事になった。その時は、まだ今の屋号に変える前の高橋建築工房で、ちょうどその頃やっていた畳de事務所 のことをお話した。

その時の掲載情報、中ほどで紹介

今回もやって来たのは、その時と同じ記者の桝田さん。いや、名刺の肩書きを見ると、編集長になっておられる。お顔は完全に忘れていたが、特徴的なボサボサ頭は覚えたし、Facebook でも繋がったので、もう忘れる事はないだろう。

 

東京から電車できて、津で前泊するというので、工房へ泊まってもらうことにした。

津駅まで迎えに行き、街まで出てきたので、前日にオープンした津の盛り場、大門のランタン通りへご案内。そこでお友達の材木屋や大工達と合流、さらにはその後、他の花見会場へも行く。

建築に関係ある人ない人たくさん居たが、色々と親交を深めてもらった。きっと有意義な情報交換が出来たに違いない。


そして翌日の取材は、現在施行中の鳥羽の土壁の家だ。ここの家は、施主さん施工の部分とうちで請け負う部分とあり、その取り組みを記事にしたいとのことである。スタンバイして待っててもらったお施主さんの作業風景を撮り、お話を聞いて、取材は終わった。また記事になったら、紹介しよう。

他に、桝田さんからちょっと面白そうな情報も得たので、そちらもやってみようか検討中。実になるようならご報告する。

 

 

 

軽トラキャンパーを作った、の巻

《スモールハウス Part2》

これ、今頃書いてますが、3年も前の話。

スモールハウスと同じく熱い視線を向けていたキャンピングカー。そしてそれをを作ることになったのは、数年前のこと。僕たちが隊員として活動するサルシカ隊だった。

隊長はじめ、サルシカ隊員の間でも話題のキャンピングカー、しかし通常は高くて手が出ない。それをリーズナブルでお手軽な軽トラキャンパーにして、うまくいけば販売しようということになったのだ。

コンセプト、当然それは軽トラに乗るよう小さく作り、何より、何処へでも移動出来るモバイルな住まい。普段の足の軽トラに、週末だけそのキャンパーを積み込み、旅に出る、という感じか。

ということで、木神楽の工房にて制作が始まった。普段作っている家とは違い、丈夫に作る、というより、とにかく軽くしなきゃならん、というのを頭において進める。

形は、軽トラの荷台にフィットする、そして上が前に伸びているキャンパーらしい外観だ。

構造は、普段よく使う45角の下地材で骨組みを組み上げ、剛性を出すために5mmのベニヤ板を貼った。

実は、軽くするはずが、ベニヤを貼った時点でかなり重くなる。これはまずいなと思いつつ、その上に防水用のパネル、サイドには杉板を貼って化粧を施し、窓や出入り口を取り付けて、完成だ!

ここにその全貌を表そう。

 

 

完成と言っても中は仕上げてないが、内装は今後の使い勝手に応じて作れば良いので、敢えて作ってない。

内部は2段構造になっていて、上段は取り外しできるベットになっている。

そして・・とてもしっかり作れたのだが非常に重い。大人4〜5人で吊り上げないと、荷台への上げ下ろしは出来ない。

もう少し軽くするためには、骨組みをもっと細くし、外部の防水はFRPか何かでする必要があるだろう。若しくは頻繁な上げ下ろしは諦め、積みっぱなしなら良いのだが。

 

そしてサルシカ隊の秘密基地に納品。

今後のサルシカのイベントでどんどん使う予定だったが、結局出動したのは数回か。今は秘密基地の倉庫で、物置き代わりになっている。

 

さて肝心の販売計画の方だが、地域課題解決何たらの助成金でやろうかと、申請して、あえなく申請却下、というところで、現在停滞しているところだ。

 

 

 

速報、古材レスキュー隊出動する

それは、とある日の夕方、一本の電話から始まる。

「高橋くん?あたしよあたし!設計の大森よ」

電話の主は、この三重県の設計業界の重鎮、知る人ぞ知る大森設計室主宰の大森女史。

ここで少し、大森女史の説明をしよう。あ、興味無い方は読み飛ばして貰ってオッケー。彼女は、当然の事ながらこだわりの家を設計し、さらには家の設計だけでは飽き足らず、「みえもん」という三重の木を使ったオリジナルブランドを立ち上げたり、更には、津のヘリテージマネージャーズ達をまとめ指揮する(他にも色々ある)など、とにかくよく動くバイタリティ溢れるお方である。

さて、そんな彼女からの話の内容は、何でも貴重な古民家が解体されるので、明日朝イチに、古材や古建具を引き取りに来てくれ、というのもの。

何とも急な話だが、大森女史からの依頼を断れる筈もなく、急遽翌日の予定を変更し、弟子の桝屋と、現場に向かう事にした。


かくして、今回の古材レスキュー隊は、木神楽から2名に、大森女史、そして今回の情報をくれたこれまた津建築士会の重鎮、島村氏の4名にて編成された。

現場は、津市近郊、旧伊賀街道沿いにある、うちからも近く、抜け道でよく通る道沿いだった。

今まで気付かなかったが、なるほど屋根の造りからして、ここら辺の民家とは違う。年代はハッキリしないが、藤堂家の何とかかんとかで、かなり由緒ある建物らしい。移築であるということだが、移築してからも100年以上は経っているだろう。

因みにご近所周りからは、御殿と呼ばれていたくらい、周囲とは別格の建物である。


とにかく立派な造りで、武家屋敷かそういうものに近いか。何と既に解体が始まっており、建具も畳も取り外され、瓦をめくっている段階だ。

解体屋さんの手を止めてはいけないので、とにかく急いで、外してある建具の中から良さそうなものを引っ張りだし、大森女史リクエストの書院の床板を外し、後はそこら辺の目に付いたモノを積んで来た。

それが最初の写真。

左側が障子、その下には板戸もある。右側は簾戸。どちらも漆塗り。

あ、簾戸というのは、葦を入れた戸で、夏の間は襖などの代わりにそれを入れて、風通しをよくする。いい座敷のあるとこにしかない、滅多に見ることのない戸だ。

障子のこの仕口を見ても、いかに良い仕事がしてあるかが分かる。


あとは、やたら程度のよい長持や、外した書院の床板、その他諸々。解体処分を逃れたこれらは、今後の古民家再生などに利用するべく、うちの工房で保管する事になる。