• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

東京探訪に出掛ける、の巻

《四日市の町家再生 Part2》

 

さて、そんなこんなで、チーム古民家の面々で、四日市H様邸の町家再生のお手伝いをすることになった。

いつものごとく、図面・見積り作成に四苦八苦するのだが、今回は設計に強力な助っ人、sigezoさんが居るので心強い。彼は、伝統構法だろうが海に浮かぶ船だろうが、どんなものでも構造計算してしまう、プロ中のプロなのだ。

そんな彼の手助けを得ながら、図面は進む。

今回は、お施主さまが、インテリアデザイン関係ということで、具体的な間取りのイメージ、家具・器具から照明に至るまで、素晴らしく綿密な指示図面を作ってくれた。

おかげで、打ち合わせは非常にスムーズ。今後、他の現場でも、是非インテリアデザインをお願いしたい。

 

そして、いよいよ今回のお題の東京探訪。

東京にいい古建具屋があるというので、見に行くことになった。
このH様邸の町家再生においては、ほとんど全て、古い木建具を利用する。

アルミサッシという、便利で気密性が良くて、施工性の良いものなんて使わない。
これはあくまでも古民家再生なのだ。隙間風が吹こうがガタピシしようが、何より古民家に見合ったデザイン、質感が何より大切である。うん、素晴らしい!

木神楽では、この日の為に軽ワゴン車を購入。そう、うちには今までトラックしかなかったのだ。今後各地への移動に活躍してくれるであろう。
そして、sigezoさんを隣に乗せ、いざ東京へ。
お施主さんは東京住まいなので(町家再生が出来たら、こちらへ引っ越し予定)お施主様宅を目指す。

東京へ行くのは何度目かな、という自分は結構ワクワク。

sigezoさんは、なんと昔東京に住んでいたそうで、かなり詳しい。
そして、着いたその日の夜は、施主さんに案内してもらい、神楽坂とかいうおしゃれな街へ。ここは古い路地がたくさんあり、古い町家を利用した飲食店が密集している。その中の、もちろん町家を利用した何とも雰囲気のいいお店で、旨い酒を料理を頂く。

神楽坂の写真は撮ってないので、ネットから拾ったイメージ写真をどうぞ。

石畳の続く、ほんとに素敵な町だった。

 

さて、泊まりは当然車の中。この車中泊が出来るのも、ワゴン車を買った理由のひとつである。
ご覧のように、二人までならホテルのスイートにも劣らない。

 

翌朝起きてみると、隣には異様な建物。

 

 

此処に住んでいる人がいるらしい。何とも東京とは恐ろしいところである。

つづく

四日市で古民家再生はじまる

最初にお話を頂いたのは、去年の夏頃。改装したい古民家があるので、相談に乗って欲しいとの依頼。

 

そこで、我ら古民家好きにより結成された“チーム古民家”が出動する事となった。

チーム古民家のメンバーは、リーダーのsigezo(設計)、K山(左官)、丹羽(大工)、そしてわたくしの計4人のメンバーからなる。今回は、大工の丹羽君が、アメリカへお堂を建てに長期出張中なので、その他の3人で向かった。

 

 


場所は、すぐ近くに全国的に有名なコンビナート地帯がある四日市市中心部。周りはマンションやビルが多いが、ポツポツと古い家も残る所だ。

 

敷地は、間口非常に狭く、いわゆるウナギの寝床。ニ間半の建物が幅いっぱいに建っている状況。ま、町家ではよくあるパターンだ。そして町家の特徴である、入口を入って中庭までの通り土間、そして裏庭、奥に離れが建っている形式。

建築年式は、それほど古くはなく昭和の戦後になってからなので、約80年く らいか。

ここのお父さまもお爺様も大工で、手前の母屋はお爺様、離れはお父さまが建てたとこの事。

さて、その建物、なかなかいい感じの古さだ。物置き場所として使われているので、沢山の荷物があるが、おおよそこんな感じ。

裏側から見た、の図。片流れ屋根、いい感じにやれて錆びた波とたん。

中の一部は、洋間に改造されている。

母屋2階から、中庭を望む。複雑な増築により、水周りが作られている。

離れ二階から母屋を見たところ。

 

 


母屋一階の座敷から中庭方向を見る、の図。

 

母屋二階は、落ち着いた和室になっている。

最後にオマケの1枚。こんなごきげんなヒノキ風呂があるのだ。

モデルはSigezo
つづく

職人の心得について

《仕事の心構え Part1》

 

これは、お客様には直接関係ないことだが、弟子育成の為に考えて、書き出してみた。

心得とは、つまり仕事をするにあたっての心構え。職人の心得は職人であれば当然のこと。弟子の心得は、見習いとしての心構えだ。内容については、思いついたことがあれば増やすし、また変更したり、削除することもあり得る。

(ここでの職人とは大工のことだが、どんな職人についてもおおよそ共通することだろう)

 

 

 

職人の心得
  1. 休む場合は、よほどのことがない限り、前日までに伝える事。
  2. 仕事時間に遅れる、もしくは早退する場合は、なるべく早く親方に伝える事。現場に親方が居ない場合は、現場の同僚にも伝える事。
  3. 施主様がいつ見に来ても気持ちの良い現場を心掛けること。(常に現場の整理整頓を心掛ける、養生をきちんとする、下地においても雑にしない、挨拶、などによる。)
  4. 帰りは必ず仕事場を綺麗に片付け、掃除を行う事。
  5. 見えなくなるところでも、雑にせず、丁寧に仕上げる事。
  6. ノミ、鉋などの研ぎものは、なるべく休み時間や、家でやっておく事。
  7. 特に手道具の手入れ(研ぎもの等)は、怠らない事。
  8. 道具は直ぐに使えるように、常に手入れをしておく事。
  9. 仕事をすることによって、近隣を騒がして迷惑をかけている事を忘れず、施主様だけでなく、近隣にも感謝の気持ちを持って挨拶する事。
  10. 施主様はもちろん、近隣の方々にも大きな声と笑顔で、積極的に挨拶を行う事。通りすがりの人には、軽い会釈でよい。
  11. 仕事の間違い、失敗は、残業・早出して直す事。もしくはそれにて遅れをカバーする事。(不可抗力を除く
    親方には直ぐに報告する事。
  12. 常に切磋琢磨し、今より綺麗な仕事を、今より早く出来るようになるよう目指す事。
弟子の心得
  1. 挨拶・返事は、大きな声でハキハキ行う事。
  2. 人より早く来て、現場の開錠、養生めくり、冬なら火を炊いておく、ゴミ処分、先輩職人が出て来たらスムーズに仕事を始められるような段取りをしておく事。
  3. 仕事中においても、現場・工房の掃除、片付けには常に氣を配る事。
  4. 帰りは最後に出て、現場の施錠を行う事。
  5. 休憩時間は、率先してお茶・休憩場所の準備を行う事。
  6. 些細な事でも、親方、先輩職人への報告・相談を行う事。

 

目指すは、世界にひとつだけの家

《家作りについて Part2》

そして現在、様々な家が世界中で建てられている。その地域の特性、気候、そして調達できる資材によって様々な家があり、また民族の違い、歴史の積み重ねにもより、多種多様な家が存在する。現在ではテクノロジーが発達し、民族・地域の垣根を越えた家の標準化が進んでいるように思う。

それは、日本においても例外ではなく、ハウスメーカーなどに代表されるように、全国何処へ行っても同じ仕様の家が建つようになった。我々はそれに必死に抵抗し、この地域の特性を生かし、この地域の材料を使った、個性ある家作りに挑戦し続けている。

代表である高橋は、各地の建築関係の勉強会などに顔を出し個々の家の設計や、工務店経営についての勉強に余念がない。(と、自分で言ってみるのは余り説得力はないが)

大工職人は職人で、また各地の職人と交流し、自社だけでは覚えられない技術の上達を図る。今は技術についての様々な書籍もでていて、youtubeなる動画でより分かりやすく学ぶことも出来る。

そうして少しづつではあるが、日々研鑽し、家作りのレベルを上げているところだ。

さて、木神楽が取り組んでいる家作りの特徴は、以下のようなものだ。

  1. 手刻みで作る
  2. 地元の木と土を使う
  3. 伝統的な構法による
  4. 土壁をつける
  5. パッシブデザインを意識する
  6. オリジナルなデザインを追求する
  7. 自然素材で造る

ざっとこのようなものだが、全ての条件の頭には、“なるべく”の文字が付く。絶対的な条件は無い。とにかくいい家を造る努力をする、そしてもちろんいい家の定義も少しずつ変わっていくのだ。

もひとつ、他の工務店・メーカーと違った家作りをする、というのも常に念頭においているところ。もちろんクライアントである施主さんの意向あってのことだが、他と同じものはつまらないし、同じではうちの存在意義も無い。

誰かの歌の歌詞じゃないけど、世界にひとつだけの家作りを目指すのだ!