• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

松阪の土壁の家⑧ 外壁編

過去工事シリーズ、松阪編を久しぶりに書こう。

 

 

前回は、荒壁付けまで来たので、そこからの造作工事について書く。
さて、土壁が乾いてきたところで、造作が始まる。

 

まずは外壁周りからだが、外壁を張る前に、大直しと言って、荒壁の上に土を塗る。
これによって、土壁の強度が増すのだ。

 

杉の赤身板を張る

さて外壁は、杉の赤身板を縦張りにした。
張り方にもこだわったが、それは写真を見て感じてもらいたい。

名付けて、杉赤身板の底目地張り。
底の目板は、墨汁を塗った。

 

正面は、軒が深いので外壁は張らず、漆喰塗りにする予定。
予定というのは、まだ大直しの状態で仕上げ塗りはしていない。
仕上げは、何年かしてから塗るのが良い。そうすることにより、柱との隙間が空きにくくなる。

 

 

図面描きは面白い

そしていつものごとく、玄関は木製建具だ。
今回は、リビングの掃き出し窓も、思い切って大きな木製建具で作ることにした。
この辺りのいわゆる納まりを考えるのが大変だが、それをCADを使って考えながら描くのが面白い。
非常に難しい納まりでも、図面を描いていけば、どうすればいいか見えてくる。
そして上手く図面が描けると、それはもうとても嬉しいのだ。
もちろん、それを今度は現場で再現しなくてはいけないのだが、図面がしっかりしていれば、職人も仕事はし易いのだ。

 

注)ここで言う図面とは、細かい部分の納まり図のことだ。
一般的な平面・立面図だけで、家は作れないことはないが、細部は大工の技量に任されることになる。

 

 

何だか専門的な話になってしまったが、要するに図面を書くのは苦痛ではなく、楽しいということなのだ。

つづく

 

 

 

 

 

 

職人の心得③ 弟子への提言 仕事は段取り八分

この職人の心得シリーズ、なんか偉そうに書いてるが、実は自分に言い聞かせてることでもある。
多分、今まで自分自身ちっとも出来てない。
ここへ書くことによって、これらを意識し、実行できるようにするのだ。

 

 仕事は段取り八分

 

これは、職人なら定番過ぎる言葉である。
恥ずかしいことだが、やっぱり自分自身、今までしっかりやっていたと言う自信は無い。

 

でも、この言葉通り、仕事の進み具合は、間違いなく段取りで決まる。
早め早めの段取りが、鉄則だ。

職人や弟子に、お前が言うな、と突っ込まれそうだが、これからはしっかりやる。
これからは、がんばるのだ。

 
ちなみに、段取りは主に親方の仕事である。
が、弟子のころから段取りを意識し、自分の仕事、そして現場の段取りをしっかり意識して、仕事に取り組むようにして欲しい。

 

整理整頓③ ルーティンワークを意識しろ

整理整頓は、何も工房や事務所内のことだけではない。

仕事そのもののやり方・進め方も同じことである。

今日何をすべきか、どういう風に現場を進めるか、などなど仕事全般を分かり易くし、職人スタッフ皆で共有し、効率良く進められる仕組みを作るのだ。

その仕組み作り、つまりシステム化によって、事務から現場仕事まで、自分が指示しなくても、職人スタッフそれぞれが、自分のすることを把握し、仕事が進むようになる。

これは、どうやら一般的な会社なら当たり前のことらしい、
個人商店の木神楽では、今まで意識さえしなかったことである。

 

ルーティンワークを作る

さて、そんな仕事効率化のキーポイントは、ルーティンワーク
英語でもそのまま、Routine work 。

ルーティンワークとは、決まった手順に沿って毎日、もしくは定期的に行う定常作業のことだ。
家なら、毎日決まった時間に、洗濯機回して掃除機掛けてお買い物に行って、というようなこと。
これらをするのに、毎日考えて、悩むことはないだろう。

そう、仕事の中でも毎日、もしくは定期的にしなくちゃならないことがある。
それらをはっきりと明文化し、職人スタッフみなで共有することで、仕事が円滑に進むのだ。

 

これ、自分一人の個人商店ならあまり意識しなくていいかも。
しかし木神楽は会社なのだ。
もっとも、仕事が暇になったら、自分と弟子の二人になるかもしれない。
が、あくまでも職人・スタッフがいるということを前提にして、仕組み作りを進めるのである。

 

そう、いずれ多くの家作りの依頼が来ても、
ひとつひとつクオリティの高い仕事をこなせるように、今から準備しておくのだ。

 

 

 

 

 

工房の整理整頓② 片付けると、頭の中もスッキリする

今日ももう少し、工房の事について書こう。

実は整理整頓は、子供の頃から苦手だ。でも最近になってようやく気が付いた。

片付いてないと仕事がはかどらない、そして、頭の中もスッキリしない、という事に。まるで頭の中と3次元の空間とが繋がっているかのようだ。

事務仕事でも同じことで、デスク周りが書類でグチャグチャだと、もうダメ。頭の中もグチャグチャした感じ。

デスク周りがスッキリしていると、頭の中もクリアになり、見積りも設計もはかどる。

どうして空間と頭の中が繋がっているのか。

それは、単に空間に囚われているだけなのか。

いやそうではない。

が、整理整頓され、片付くということは、今、すべき事は何か、取り組むべきことは何か、という事までハッキリとしてくる。だから余計な事を考えなくて済み、頭の中もクリアになる。

さて現状の工房の様子をもう少し。


現場が動いていると、直ぐに溜まるゴミや残材類。これは仕方ない事だが、ある程度のところで速やかに対応したい。
釘金物置場の一部。


ここも何度も整理しているが、半端に余った釘類の箱がドンドン溜まってくる。捨てるのは勿体無いが、使わずに空間を占領し続けている事が、如何に無駄か。
古建具置場


ここに収まりきらず、他の場所にも積まれている。


ここはもう何だか分からない。機械や養生類、古建具、その他不明な物がゴッチャに置かれている。
何年も置かれている使われるのかどうか分からない材料


と言っても実は時々出してはみて、ちょっと使ったりしているが、場所をすごく占領している割には、大したものは無い。

奥に見えてる黒いハコは、例のスモールハウスだ。現在は、ここで某左官屋さんの物置となっている。
つづく