• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

親方の心得@弟子を育てる事は、自分自身を育てる事

 

注)この仕事の心構えシリーズは、基本的に独断と偏見に満ちている。
書く事によって、自分への気づきとするのが、一番の目的だ。

 


 

さて、 大工になるには、何処かに弟子入りする必要がある。大工に限らず、何かのプロフェッショナルになる為には、弟子入りし、そこで技術や心構えを学ぶ必要がある。ここでは、弟子を受け入れる側からの話を書こう。

 

なぜ弟子を取るのか

 

弟子を取るのは大変だ。仕事をいちから教えなければならないし、職人仕事が出来るようになるまでは、長い時間が掛かる。それでも弟子を取る理由は、大まかに次の3つだ。

 

  1. 自分の仕事の補佐
  2. 職人の育成
  3. 自分自身の成長

 

1.自分の仕事の補佐

これがまず一番の理由だ。仕事が忙しくなってくると、自分一人では仕事は回せない。そんな時に自分の代わりにやってくれる職人がいると助かる。ただし、仕事が出来るようになるまで、長い時間が掛かるので、それまでは辛抱が必要だ。

 

2.職人の育成

いつまでも自分たちの世代で仕事が出来るわけではない。誰かが若い者へ教えて、次の世代へ引き継がなくてはならない。自分も弟子入りして、仕事を教えてもらった。

 

3.自分自身の成長

弟子を取り、育てると言うことは、実は自分こそが学び、育つ事だと思っている。

人にものを教えようと思ったら、自分こそが、まず理解していなければならない。そして仕事に対する自分自信の動かない考え、信念、というものをしっかり確立させる必要がある。親方自身がぶれぶれでは、弟子も迷ってしまうだろう。

人に仕事を教える立場になって、初めて自分の仕事にも目が向く。人にうるさくものを言って、そこで、あれ、自分もできてないじゃん、と気づく。

だから、弟子を取り、育てることは、自分こそが育つチャンスなのだ。

 

 

鳥羽の土壁の家WEB内覧会⑵ 内部編

さて、鳥羽の家のご紹介の続き。

 

この家の見せ所は、、全てだ。

全てにおいて、その時考えうる限りの設計をし、そして自分が最も信頼する職人たちが仕事をし、さらに施主もとんでもない頑張りをを見せて、セルフビルドに挑んだ家である。

 

 

先ずは、何と言ってもここだけは外せない、土間からキッチン〜リビングの大空間。

 

 

土間からリビングへと上がる丸みをつけた段。冬はここに座って、薪ストーブで暖をとるのだ。

 

 

真ん中に立つのは、大黒柱でありこの家のシンボルでもある、カイヅカイブキの丸太柱。

 

キッチンは、木神楽ともりずむ、そして施主さんとの合同製作だ。いいデザインで使い易く出来た。

 

施主さんアイデア・製作のボルダリングの壁も、この家の楽しさを表している。施工には、もりずむ理事長達も借り出されたらしい。

 

内部の建具は、全て古建具を使用。長年ストックしてきた建具たちを、やっと使えて嬉しい限り。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

鳥羽の土壁の家WEB内覧会⑴ 外観編

 

では改めて、完成した鳥羽の家をご紹介しよう。

 

撮影は、ダンディーカメラマン、加納準氏である。

 

 

 

 

まずは、外観。

北西面。風通しと明かり取りを考え窓を設けたが、西日も入るので、夏は簾をかけると良い

東北面。玄関があり、この前に駐車スペースが来る。

北東面。柿渋松煙の黒い外壁と、シダーシェイクの色の対比がきれい。

南西面。南寄りに窓を集中させた。

 

建物は、駐車スペース、小屋を建てる場所、畑など土地の使い方を考えて、配置を決めた。
屋根は切妻だが、勾配を変えて2階の部屋とベランダが、狭くならないようにしてある。


この方向が、正確には南である。
L字になった部分は、真壁(土壁)のままだ。
将来的には、漆喰か大津塗りになるだろう。

 

しかし、何と言ってもこの施主さん施工のシダーシェイクが、圧巻だ。上の方はうねってるし。
ここの外壁を張るだけに、一体どれだけの時間が掛かったのだろうか。

ちなみに横にある大きな壺は、施主さんがどこからか貰ってきたもの。雨水を貯めるようになっている。

 

南東面にある玄関

まだ玄関ポーチなどは出来ていない。
さあ、次回は、ここから中へとご案内する。

 

 

 

鳥羽の土壁の家⑫杉の木で作る照明

さて、鳥羽の家は、木神楽の職人と施主のコラボによって完成された。(正確にはまだ未完。後は施主が住みながら少しづつ作る)

 

 

それに色を添えてくれたのが、NPOもりずむだ。
この家は、99%、もりずむの杉の木を使っている。
が、材料供給だけでは飽き足らず、そこに居る職人達で、家具まで作ってしまった。

 

これは食器棚。他に下駄箱も、もりずむ製作。

 

 
そしてもうひとつ特筆すべきなのは、照明である。
来場してくれた方々は気が付いたであろう、所々に付いてる奇妙な形の電気。


これらも、もりずむ製作だ。

 

 

作ったのは、もりずむ木工担当の水町氏。

じっと目を閉じ瞑想中の水町氏

 

 

 

 

内覧会二日間とも、手伝ってくれた彼。1日目終了後の宴会では、夜中の3時まで呑んでいたという酒豪だ。
そんな彼が、施主に提案したのが、杉の木で作った、オリジナルな照明だった。

実はこれらのデザインは、施主家族のフリーハンドのスケッチを元に、加工された。

自分ならそんなの無理と断るところだが、それを文句も言わずにコツコツと作り上げてしまう彼なのだ。

 

 

ではここに、彼の作った照明ダイジェストを載せよう。

自然の木のうろを利用した照明。水町デザイン

カボチャ?施主スケッチを元に製作

蜂の巣みたいなのがいいとの要望を受け、製作

女性の体の曲線美を表しているらしい

これが一番作るのが簡単だとか。

施主さん長男デザイン。上の穴からも光が出る

杉の木目がいい感じ。

これらの照明は、これから本格的に商品化していくとのこと。
今後のもりずむの木工部門から目が離せない。

 

撮影 加納準