• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

スモールな珈琲店を作れ(1)4畳半の佇まい

注)この話は2015年秋のことである

 

 

さて、久々のスモールハウス、新シリーズ。

 

今度の依頼は、「小さなお店を作りたい!」というもの。待ってましたとばかりに設計にかかるが、スモールなのは、建物だけでなく予算も同じ。設計に長い時間を掛けるわけにはいかない。

更には、数週間後にはお店をオープンしたいって!?
ほぼ突貫工事だが、小さいから出来るだろう、ということでお引き受けする。

 

4畳半で作る

 

そのお店を建てる場所は、クライアントのお家の駐車場。車一台置くスペースがあれば、スモールハウスは建てるのには十分だ。

 

作るのは、予算他色々あって、4畳半の床面積。基礎は作らず、駐車場に積んであるブロックを利用して、高床式とする。これは見晴らしも良くなるし、湿気も寄せにくい、など我ながらグッドアイデアである。

 

ここでは書けないくらいのスモール予算なので、手持ちの古材をなるべく利用することにする。あと、すぐ隣に住まいがあるので、そこから電気や水道が引けるのも、コストダウンとしては大きい。

もちろん、クライアントにもしっかり労働してもらうのだ。

 

 

 

つづく

 

 

鳥羽の土壁の家WEB内覧会(4)自然の木は美しい

 

この家では、所々の造作に、自然のままの丸太を取り入れた。自然の造形は、そのままで美しい。

 

玄関の引き手に使った丸太。樹種は不明。

 

 

土間にある大きな戸の引手。これだけは、もりずむ水町氏によって表面が加工されている。樹種は榎。

 

 

玄関下駄箱の帽子掛。もりずむ製作。

 

階段手すりには、グイッと曲がった根曲がり杉を。

 

 

キッチンカウンターの支えに使った枝。樹種不明。

 

 

 

何といっても、メインの柱、カイヅカイブキ。
この家の墨付けをした前田が、丁寧に加工したものだ。おそらく紙一枚入る隙間もない。

 

 

丸太を加工するのは手間が掛かる。四角い材料は機械で加工出来るが、丸いとそうはいかない。
しかし、丸太が入ると、直線基調の家が、グッと柔らかく感じられる。
自然木なら、なおさら自然を感じられる家になるのだ。

 

つづく

 

鳥羽の土壁の家WEB内覧会(3)眺めは抜群

 

鳥羽の家、ご紹介つづき

踊り場

2階と1階の階段途中にある踊り場は、色々な使い方が出来る。とりあえずは子供達スペースになるのかな?

 

秘密の小部屋?

踊り場下の収納スペース。
天井も低く狭いが、こんな部屋は嫌いじゃない。

 

 

空間の有効活用   憧れのロフトスペース

屋根裏空間を利用しないなんて、もったいないし、何よりこの非日常の屋根裏空間が、ワクワクするではないか!

 

ロフトは、ベランダに面していて、冬は日差しが入ってポカポカ、夏は深い軒と風通しの良さで、きっと涼しいはず。

 

屋根からの眺めは素晴らしい。

普通、屋根には上がらないが、この家は煙突掃除用に、屋根への出入り口が付いている。

 

だから、こんな風に、星空を眺めたり、風景を楽しむ事が出来るのだ。

 

つづく

親方の心得@弟子を育てる事は、自分自身を育てる事

 

注)この仕事の心構えシリーズは、基本的に独断と偏見に満ちている。
書く事によって、自分への気づきとするのが、一番の目的だ。

 


 

さて、 大工になるには、何処かに弟子入りする必要がある。大工に限らず、何かのプロフェッショナルになる為には、弟子入りし、そこで技術や心構えを学ぶ必要がある。ここでは、弟子を受け入れる側からの話を書こう。

 

なぜ弟子を取るのか

 

弟子を取るのは大変だ。仕事をいちから教えなければならないし、職人仕事が出来るようになるまでは、長い時間が掛かる。それでも弟子を取る理由は、大まかに次の3つだ。

 

  1. 自分の仕事の補佐
  2. 職人の育成
  3. 自分自身の成長

 

1.自分の仕事の補佐

これがまず一番の理由だ。仕事が忙しくなってくると、自分一人では仕事は回せない。そんな時に自分の代わりにやってくれる職人がいると助かる。ただし、仕事が出来るようになるまで、長い時間が掛かるので、それまでは辛抱が必要だ。

 

2.職人の育成

いつまでも自分たちの世代で仕事が出来るわけではない。誰かが若い者へ教えて、次の世代へ引き継がなくてはならない。自分も弟子入りして、仕事を教えてもらった。

 

3.自分自身の成長

弟子を取り、育てると言うことは、実は自分こそが学び、育つ事だと思っている。

人にものを教えようと思ったら、自分こそが、まず理解していなければならない。そして仕事に対する自分自信の動かない考え、信念、というものをしっかり確立させる必要がある。親方自身がぶれぶれでは、弟子も迷ってしまうだろう。

人に仕事を教える立場になって、初めて自分の仕事にも目が向く。人にうるさくものを言って、そこで、あれ、自分もできてないじゃん、と気づく。

だから、弟子を取り、育てることは、自分こそが育つチャンスなのだ。