• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

四方転び踏み台を作れ(2)先ず目指すは完成

 

先日から夜ごと始まった、四方転び踏み台の講習会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この踏み台を作る競技会とは一体何なのか?6時間で作るとはどういうことか?

 

 

 

 

 

その答えはこちらにある。

 

 

全建総連全国青年技能競技大会

 

全国の若い大工が集まり、それぞれの技能を披露する場が、年に一度ある。
そこに出場するのが目的だ。
と言っても、すぐに誰でも出られる訳ではない。先ずは、三重県予選を勝ち抜く必要がある。

 

 

その予選会は8月アタマ。それまでにいかに早く、そして正確に図面を引き、加工し完成させられるか、だ。

実は、これを6時間で作り上げるのは、かなりしんどい。

過去、自分も若かりし頃出場したが、その頃は、作り方を教えてくれる講習会など無く、先に出場経験のあるI山大工に手ほどきを受けながら、ほぼ独学で練習したのだ。
結果、何とか完成はさせたものの、予選を通るレベルには程遠かった。

 

今回、講習を受けている彼らにも、無理は言うまい。まずは時間内に完成させることを目標としようではないか。

 

 

 

 

四方転び踏み台を作れ(1)講師役を仰せつかる

先日から講師をしている。

 

何の講師かというと、四方転び踏み台製作の講習指導だ。

 

四方転び踏み台

この四方転びの踏み台、若い時に自分も何台か作ったので、その実績を買われ、今回の講師役となる。
しかし、作ったのはもう10年以上前だ。作り方とか図面の引き方などは完全に忘れている。
正直勘弁してほしかったが、他に人がいなくて断わりきれずに引き受けることとなった。

 

 

講師は、このI山氏と二人で行う。一人じゃなくて本当によかった。
講習は、週に2回のペースで1ヶ月ほど続く。始まるのは、もちろん仕事が終わってからの夜だ。

 

さて、ここは、組合内の2階会議室。

 

ここで、組合について少し説明しよう。
組合というのは、どこの業界でもあると思うが、我々が所属するのは、三重県建設労働組合中央支部 
建築職人が集まり、労災や健康保険などを取り仕切っているところである。

 

そして、今回のこの講習を受ける生徒は、この同じ組合内の工務店で働く、若い見習い大工二人だ。

この四方転び踏み台を作るには、まず図面を書く必要がある。そしてそれが出来て初めて製作に入る。

目標は、7月下旬。その頃には彼らはこの一連の作業、図面〜製作、完成を6時間で出来るようにならなければならない。

 

 

なぜ6時間なのか!?
それは、これを作る競技会に出場する為だからだ。

 

つづく

 

鳥羽の土壁の家WEB内覧会(5)最終編

鳥羽の家ご紹介もいよいよ最終章。

 

ユーティリティー

 

脱衣所、洗面、トイレがリズム良く並ぶスペース。間仕切りはもちろん古建具の再利用。
壁の板張りは旦那さん施工。こういう狭い場所は、壁に体や物が当たり易いので、板張りだと使い易い。

 

ゲストルーム

 

 

天井すぐ上は屋根だが、断熱材と通気層が取ってあり、通気窓も十分あるので、暑くはならないはず。

 

照明

 

この家の電灯は、施主さんが全てチョイスした。
幾つかのもりずむ製作のもの以外は、ほとんど全て笠松電機製作所の器具だ。

笠松電機は、昔ながらの、船舶照明・電柱に付ける傘付き照明などを、製作販売している。

無骨なデザインながら、そのしっかりとした作り、素材感、そしてリーズナブルさから、一部のコアなファンからは根強い人気のあるメーカーである。もちろん私もそのファンのひとりだ。

今回、また新たに笠松電機ファンが増えて嬉しい限りである。

 

 

 

薪ストーブ

 

最後に御紹介するのは、この家の顔でもあるストーブ。

 

岐阜の鋳鉄メーカー、株式会社岡本が製作している、針葉樹も燃やせる薪ストーブAGNI
施主さんは、岐阜まで行き、その現物を見、製作ポリシーを聞いて購入を決断したという。

 

冬になるのが何とも待ち遠しい。

 

 


 

以上で、鳥羽の家の御紹介は終了だ。
更に詳しく知りたい方は、直接ご連絡いただきたい。
ただ、施主さんはもう住む準備を進めているので、現場をご案内出来るかどうかは分からない。

 

 

スモールな珈琲店を作れ(3)出来ることは自分でやる

 

さて、限られた建築費の中、いいものを作る為に、「私、何でもやります!」と言うクライアントのKさん。では彼女の奮闘ぶりをここで少し御紹介しよう。

 

其の一  塗装

 

何といっても一番やり易いのが塗装だ。当然ペンキ屋さんほど上手に塗ることはできないが、仕上がりや細かいことを気にしなければ、素人さんが塗っても問題ない。

ここでは、外壁の板材や、窓、デッキ材などの塗装は全部やってもらった。

 

これは入り口の扉の下塗り中

仕上がりは、オーナー自身で選んだスカイブルー。

この扉、実は木神楽在庫の中古である。

 

 

これらは、内部のキッチンカウンターとテーブル。ウレタン塗装だ。

 

其の二 漆喰塗り

 

内部の壁を、漆喰で仕上げる。

これは、素人さんだけでは難しいので、材料の段取りや塗り方の指導を、旅する左官、小山氏にお願いする。

でも結局ひとりでは濡れないので、小山氏と、ここの棟梁を務めた前田、そして私の3人が夜なべで漆喰塗りを手伝うことになる。

いや何もキュートな彼女が、潤んだ瞳で見つめてくるからではない。ひとりではとても終わりそうにないし、仕方がないから我々は手伝ったのだ。

 

其の三 カウンター作り

 

作ったのは、この手前のカウンター。中々の出来栄えだ。材料は木神楽提供。

これも結局、ひとりでは出来ないので、左官の小山氏が一緒になって作ってくれた。
小山氏は、ここではほとんど左官工事が無いのにも関わらず、全面的にこのお店作りに協力してくれたのだ。

別に暇だったからとか、施主さんがキュートだからとかそんな理由ではない。

 

 

つづく