• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

竈の家に新たなスペースが出来ました。

20140402-182345.jpg

昨年から、少しづつ補修していた、〝竈の家〟の離れ小屋。
ここを先日、オーナーと共に片付け、そして二階に本棚を取付けました。

またまだ直すところはたくさん有りますが、とりあえず、新たなスペースが出来ました。
ここの本棚は、古書を中心に置く予定です。
竈の家公開日には、新たな憩いのスペースとして、活用されることを願っています。

————————————————
四日市のまちかど博物館〝竈の家〟
詳しくはこちらを→http://kamadonoie.net

ここは、築100年以上の大変古い民家。
色々な方の御尽力でこの民家が維持され、昔ながらのカマドを中心に、イベント等で活用されています。

木神楽では、ここの改修整備に協力させてもらってます。

Wild Art YESEがオープンします

DSC_5771

 

去年から工事に取り掛かっていた、エロン&ユウコの拠点
「芸術文化交流の家 Wild Art YESE」がオープンします。

ドイツ帰りの彼らは、ここ津市白山町に拠点を構え、その独特の感性で、ダンス・音楽・語学の教室をここで開きます。

広いダンスルームは、和室をぶち抜き、造りました。
難しい大工仕事以外の作業のほとんどは、彼らとその友人によって行われています。

まだ、全部完成しているわけではありませんが、取り敢えずスタート。
今後も彼らによって、少しづつ造られていくだろうと思います。

今日昼からは、オープニングイベントとして、そのスタジオが解放されます。
興味のある方は、どなたでも遊びにいらして下さい。

 

10015046_650682648337334_1845247708_n

詳しくはこちらを

 

2014.3.29YESE FLYER FINAL VERSION

 

wildartyese.com

 

 

ふれあいフェスタでカホン作り

昨日は、津商工会議所さんのイベント「ふれあいフェスタ」にて、カホン木工教室を開催してきました。

 

IMG_0646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、15組の親子が同時に作り始める、そして時間は1時間、という条件。
誰でも迷わず組み立てられるよう、釘を打つ位置まですべて印をつけるという、入念な準備をしていきました。

会場は、メッセウィング三重。
一階は、津の企業紹介ブースや、物産展などで大変賑わっています。
木工教室は、2階の会議室をお借りして行いました。

 

IMG_0649

IMG_0650

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、楽しみにして来てくれたようで、中にはカホンが何か知らないまま参加してくれた方もみえました。
が、とにかく自分たちで作ることが出来る、というのが大切なところです。

トントンカンカン、小さいお子さんも頑張って金づちを振ります。
その中で、やけに作るのが上手な男の子を発見。彼は将来物作りの道を歩むのでしょうか。

IMG_0652

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1394876332383

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、製作には、予定時間をオーバーして、1時間半ほど掛かりました。

最後には、皆で叩き方ワークショップをして、演奏を楽しみました。

3月の美杉むらのわ市場

3月9日(日)、美杉むらのわ市場へ、カホン手作りワークショップで、出店してきました。

場所は、美杉リゾートの火の谷ビール工場前広場。

むらのわ市場は、毎月第2日曜、美杉町のお店をメインに、手作り・オーガニックな食べ物や手作り品が出店されています。

 

IMG_0614

時間は、10時から2時まで。けっこうのんびりな感じですが、出してるお店、特に食事に関しては、本当にこだわりのお店ばかりです。

 

この市場では、市場と同時進行で、軽い講座的なものが開かれています。

この日の午前中は、お店を少し留守にし、「めぐる命のお話し会」に参加。

無農薬栽培などで知られる時芽輝農場の池添さんと、むらのわ市場の主催者でもある、きのカフェ店主と共に話しながら、料理の用意をし、食事をするという企画。

池添さんの話しをゆっくり聞くのは初めてで、農業だけでなく、生きることについてよく考え、それを実践している方だと感心。

池添さんの大豆ハンバーグ、きのカフェ特製、みんなで握ったおむすびを美味しくいただきました。

 

IMG_0616

 

昼からは、お店に戻り店番。

もっかぐらFun!で作っているカホンは、三重の杉製ですが、ここでは美杉限定、美杉の杉で作るカホンも用意してます。

 

午後来てくれた親子、弟くんがカホン小、お姉ちゃんは、美杉カホンを作っていってくれました。

ちなみに話しをしていると、お母さんは、私の友人の友人だということが判明。こういうことは非常に多いです。

こういう場所に出ていると、どんどん人と繋がって行く感じ。それはとても嬉しく、楽しいことです。

 

IMG_0621

 

ボンドを付けて、釘を打って、針金を張ったり、仕上げは、ペーパー掛け。

お姉ちゃん、なかなかいい手付きです。

IMG_0622

IMG_0620

IMG_0624
そして完成!頑張って作りましたね、お疲れ様でした。

カホン作りは、自分達で作るという経験をすること、地元の素材に親しむこと、そして老若男女、障がいのある方でも誰でも楽しめる、ということを目的にやっています。

次回のむらのわ市場は、4月13日(日)です。

明けましておめでとうございます

本年も、木神楽は、「古くなっても美しい家」作りを、

そして何よりも、「お客様の夢を叶える家」作りを、心を込めて手掛けたいと考えております。

何とぞ、宜しくお願い申し上げます。

 

2014年賀 

天井の仕上がり

DSC_4956

 

美杉町の古民家改修現場にて。

天井板を張替え、そして天井がなかったとところも、断熱材を入れて、天井板を張りました。

新たに作った部材は、元の煤けた色に墨で塗装。

無塗装にした天井板が映えて、明るくなりました。

 

 

古民家リフォーム

2013-11-12 09.27.42

 

現在、美杉町で施工させていただいてる、古民家です。

以前雨漏りしていたところが、腐っていて、柱を取り替え、梁の一部を補強などしています。

この後、落とした土壁を再生し、若干、間取りも変更します。

地元の材で作り、そして土に還る材料を使って、デザイン・リフォームをさせてもらっています。

 

2013-11-05 12.58.43

以前、屋根替えをされているので、雨漏りの心配はありません。

昔のままの木製建具を残し、趣きある佇まいです。

 

2013-11-12 10.15.46

私たちが工事に入っている間に、なんとヤギがやってきました。

お施主さまは、前から飼うのが夢だったのだとか。。とても可愛い子達です。

 

 

竈の家補修工事

image

image

この夏施工させていただいた、四日市のまちかど博物館竈の家の倉庫。

屋根は、瓦が割れ、穴が空いている状況でした。
低予算に押さえるため、屋根はガルバリウムの波トタンに葺き替え。

image

足場を掛けたついでに、外壁の錆びたトタンを、杉板に張り替えたり、ストックしてあった木建具の窓を入れたりしました。

予算なりに、古民家らしいいい雰囲気になったかな、と思います。

M様邸上棟しました

DSC_2810

 

DSC_2841

 

初夏から工事に着工していた、M様邸新築が、無事棟上げされました。

暑いときで大変でしたが、職人のみんなも頑張ってくれ、無事終わりました。

写真は、お施主様も交えた、棟木収めの時と、上棟式後の記念写真です。

今回の工事は、若い衆の前田に、墨付け・刻みとすべて任せました。

間違いもほとんどなく、いい仕事をしてくれました。

若い職人が育つのは、とても嬉しいことです。

 

DSC_2605

 

今回の家では、丸太を2本使用。

そのうち1本は、加工から仕上げまで、すべてまさかり・ちょうな、といった手道具で加工しました。

手間は掛かりましたが、これがまたいい仕上がり!

詳しい内容は、順次アップしてゆきたいと思います。

荏油で仕上げる花梨の床

image

現在、工房近くのキッチンをリフォームさせていただいています。
お施主様は、実は中学のひとつ先輩。
NPO法人サルシカの仲間でもあります。

築30年ほどの家で、構造はしっかりしていますが、床が傷んできたので、張り替えついでに、リフォームすることになりました。

合板製のフローリングは、湿気で、数十年でノリが剥がれ、フワフワしてきます。床材だけでも無垢板を使うと、永持ちします。

今回のお宅には、在庫している花梨のフロアを使わせてもらいました。硬くて耐久性があります。
その上にオイルを塗ると、とてもいい色になります。
ここで使用した荏油は、自然油てすが、乾くと固まるので、建築用に使われます。

ちなみに塗ってもらってるのは、施主さんのお母様。
いい感じになりました!

〜エロン邸改修のためのボランティア募集!〜

 

DSC_2370

 

場所   Wild Art YESE!(白山町南出)詳しくはご連絡下さい。
日時   6月2日(日)9AM〜4PMくらい

作業内容 室内の壁・天井の解体
雨天決行、汚れても良い服装で。
昼食は準備します。怪我等は、自己責任なので、無理のない範囲でご参加下さい。
差し入れ歓迎!

 

エロンて誰?何でボランティア??詳しくは以下をご覧下さい。

 

—————————————————————————–

Wild Art YESE! をご存知ですか?
南アフリカ出身のパーカッショニスト、エロンと、ダンサーである妻、ユウコが主宰する、芸術文化交流を楽しむ家のことで、イベント等主催の他、今後、Artist-In-Residenceやホームステイも積極的に受け入れています。

三重県庁所在地の津市白山町に、古民家を購入し、そこを拠点として、世界中の人が集まれる場所を整備中。
現在は、老朽化した床等を解体しているところ。
今後は、ゲストルーム・ダンスフロアなどを作っていく予定。

CONCEPT 「全ての人にアートと出会う機会を」
http://wildartyese.wordpress.com
——————————————————————————–

 

文化芸術活動を行う彼らを、支援してくれる方を募集しています。
今回、参加出来なくとも、今後この家作りは続くので、玄人、素人混じりながら、楽しく作業を進めていければ、と考えています。

 

 

M様邸新築始まります

image

構造模型

このおうちは、、津市郊外で、家具工房を営んでおられる‘BROWN’松岡様の御自宅です。

躯体と外装は、木神楽で担当し、細かな内装は、お施主様自ら施工される予定です。

image

建築予定地

image

材料は、もちろん国産材の、杉、桧です。

明和の家リフォーム

昨年から取りかかっていた、大規模リフォーム現場が、2月に竣工致しました。

完成写真をギャラリーにUPしました。

 

住みながらの工事でしたので、お客さんにもご迷惑をお掛けしました。

仕事中、大変お世話になり、職人一同感謝しております。DSC_1648

明和の家リフォーム

 

 

 

施工例一覧はこちら 

カホンワークショップin手づくり市3/17

先日の手づくり市に出店したときの様子をUPしました。

たくさんの方に、物作り・音楽の楽しさを体験していただけたと思います。

 

3月17日(日)三重県総合文化センター祝祭広場にて

2013-03-17 16.08.54

 

 

四日市古民家キッチン

DSC_1816

 

投稿が遅れましたが、昨年末に完成した、四日市古民家のキッチンリノベーションをUPしました。

このお宅は、築80年余りの大きな、数寄屋普請です。

家具工房FROSCH 森下氏と、お施主様との何回にものぼる打ち合せの末、このような形となりました。

工事期間中は、色々ご不便をお掛けしました。

この建物が、地域の重要な宝と認識され、そして、お施主さまが末永くお幸せにお住まいになられることを、願っております。

四日市古民家キッチンリフォーム

 

その他施工例はこちら