• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

スモールハウス⑤ 木のカフェを作ろう

久しぶりにモバイルハウスのお話。

 

モバイルハウス、雑誌に載る

前回の、黒くて軽くて風に乗ったモバイルハウスは、雑誌NAGIの目に留まり、表紙を飾ることとなる。
2015年夏号、特集はD I Yだ。

 

 

ちなみに、モバイルハウスの中に写っている白い円筒は、わたくしの望遠鏡。
大きな反射鏡が付いていて、暗い天体でも明るく観ることが出来る。
詳しく知りたい方は、わたくしに直接聞いていただくか、ドブソニアン望遠鏡で検索して欲しい。

 

 

木のモバイルハウス作りワークショップ

さてさて、次のモバイルハウスプロジェクトにいこう。
今度の施主様は、美杉むらのわ市場の主催者。
注)この話は、2015年春、もう2年の前のことである。

 

美杉むらのわ市場は、毎月第2日曜に、美杉町で開かれているオーガニックなマルシェである。
そこで自分は、カホンワークショップを出店しているのだが(現在は休止中)、その市場で、イベントとして参加者と共に、モバイルハウスを作ろうということになった。

ちなみにこれがその時の、体験募集blogだ。→ モバイルハウス作り体験!

 

 

今回も、大きさはほぼ同じ、軽トラに乗せて移動できるタイプだ。
そして前回の反省を踏まえ、屋根の形状を変えたり、裏側に出入り口を設ける。
この骨組みだけ出来上がった状態で、市場へ持って行き、そこで参加者と共に仕上げる。

 

 

骨組みに貼り付けるのは、ヒノキの板。これを一枚づつ重ねて貼っていく。
なかなか根気のいる作業である。

 

 

当日は、ヨットから伝統構法まで設計する一級建築士、sigezoも駆けつけてくれて、みんなで張るのだが、いかんせん、幅の狭い板なので、ちっとも進まない。
この時は、たしか2周年記念で二日間あったのだが、とても二日くらいでは終わりそうにない雰囲気だ。

 

 

 

 

さあ、どうする?!

つづく。

 

 

 

 

 

 

古民家を修理せよ③ 熊本へ旅立つ瓦職人

 

そして、春になり、イケメン瓦職人の北村さんは北海道から戻ってきた。

 
ちなみに彼の名は、伊織くんと言い、今後はその名で表記する。

さて、伊織くんに、屋根の状況を見てもらい、あまり予算を掛けずに、直せるような提案をしてもらう。

 

ところで屋根に穴が空いてた下の部屋は、土壁が剥がれ落ち、畳にもカビが生えて、大変な状況である。

この辺りの補修も含めて、施主様にお見積りを提出、ご了承を得た。

さあ、さっそく工事だ。伊織くん、工事始めるよ〜。

 

「え、もう決まったの?来週から熊本へ行く予定組んじゃった。」

なにー!!

 

しかし、彼は熊本へ遊びに行くのではない。去年の熊本地震で大きな被害を被った家々の屋根修理に行くのだ。
何でも向こうでは職人が圧倒的に足りず、泊まり込みで応援に行くのだという。

 

それでは致し方がない。熊本の1日も早い復興も大切だ。
そしてここでも、寛大なお施主さんの理解を得、瓦屋さんが戻ってきてから工事を始めることにした。

 
早く戻ってきてね、伊織くん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家を修理せよ②スノーボーダーな瓦職人

さて、急いで見に来て欲しい屋根の改修現場なのだが、急には来れないという瓦屋さん。

「実は今、北海道にいて・・」

 

ハイ?

そう、実は彼は冬はスノーボード、夏はダイビング、その合間に屋根工事を行うという、何とも幸せな職人なのだ。その名も北村瓦店。

彼のいい写真が無かったので、古民家調査に同行してくれた時の写真を載せる。

 

 

ちなみに、この話は、今冬の話であり、彼は北海道を満喫中であった。
しかも、スノーボード中の怪我で肋骨を折ったところだという。

ま、普通ならここでさっさと見切りを付けて、他の職人に頼むところだろう。
が、彼は単なる遊び人ではなく、とっても素晴らしい仕事をする瓦職人でもあるのだ。

 

 

北村瓦店との付き合いは非常に長い。

うちの親父が大工で、彼の親父も瓦屋。
その父親世代からの付き合いでもあり、彼には絶大な信頼を置いている。
そこまで丁寧にしなくてもいいんでないの?ってくらいに綺麗な瓦工事をやってしまう。

屋根工事というのは、実はかなり過酷な仕事だ。
夏は焼け付く瓦の上を歩き、冬は、寒風吹きすさぶ中で仕事をしなければならない。

しかし彼は、そんな屋根の上で、自然の風を感じて仕事をするのが大好きなのだという、何とも素敵な職人なのである。

 

 

だからお客様には了承を得て、彼が帰ってくるのを待つことにした。
屋根は、とりあえず雨は入らないようにしたので、まあ大丈夫であろう。

続く

 

 

 

 

 

古民家を修理せよ 雨漏り編

とある日の昼下がり、知り合いの方からのお電話。

 
「うちの家の瓦が何かおかしいので、見に来てくれ」

場所は白山町。近くなので、早速クルマを走らす。
現場は山あいの集落で、建物は、築70〜80年かくらいのこの辺りではよく見掛ける古民家だ。

屋根を見ると、たしかに棟がおかしい。

上に上がってみると、大きく崩れている。

これは、雨漏りして下地が腐っている、結構ヤバい状態だ。


実は施主さんは、ここを別荘代わりにしていて、普段はお住まいでないのである。
住んでいればすぐに気づいたであろう雨漏りも、気づかず放置すれば、ここまでひどくなってしまうのだ。
雨漏りの原因は、瓦が凍てて割れて、そこから雨が侵入していることによる。
古い瓦は凍て易く、凍てるとこのようにバラバラになってしまう。


屋根裏に上がって確認してみると、幸いまだ構造までは腐ってないよう。
これは不幸中の幸いだ。

 

 


しかし、あちこちから光が漏れていて、このまま放置するのは、大変に良くない。

 


応急処置にブルーシートを張る。

直ぐにでも工事に掛からせて貰いたいところだが、先ずはお見積りである。

棟が絡んでいるので、これは大掛かりな補修になりそうだ。

 

 

瓦工事なので、当然、瓦屋さんの判断を仰ぐべく連絡を入れる。

が、返事は、直ぐには見に来れないというのだ。

え、何で?

 

次回に続く。

 

 

 

 

松阪の土壁の家⑧ 外壁編

過去工事シリーズ、松阪編を久しぶりに書こう。

 

 

前回は、荒壁付けまで来たので、そこからの造作工事について書く。
さて、土壁が乾いてきたところで、造作が始まる。

 

まずは外壁周りからだが、外壁を張る前に、大直しと言って、荒壁の上に土を塗る。
これによって、土壁の強度が増すのだ。

 

杉の赤身板を張る

さて外壁は、杉の赤身板を縦張りにした。
張り方にもこだわったが、それは写真を見て感じてもらいたい。

名付けて、杉赤身板の底目地張り。
底の目板は、墨汁を塗った。

 

正面は、軒が深いので外壁は張らず、漆喰塗りにする予定。
予定というのは、まだ大直しの状態で仕上げ塗りはしていない。
仕上げは、何年かしてから塗るのが良い。そうすることにより、柱との隙間が空きにくくなる。

 

 

図面描きは面白い

そしていつものごとく、玄関は木製建具だ。
今回は、リビングの掃き出し窓も、思い切って大きな木製建具で作ることにした。
この辺りのいわゆる納まりを考えるのが大変だが、それをCADを使って考えながら描くのが面白い。
非常に難しい納まりでも、図面を描いていけば、どうすればいいか見えてくる。
そして上手く図面が描けると、それはもうとても嬉しいのだ。
もちろん、それを今度は現場で再現しなくてはいけないのだが、図面がしっかりしていれば、職人も仕事はし易いのだ。

 

注)ここで言う図面とは、細かい部分の納まり図のことだ。
一般的な平面・立面図だけで、家は作れないことはないが、細部は大工の技量に任されることになる。

 

 

何だか専門的な話になってしまったが、要するに図面を書くのは苦痛ではなく、楽しいということなのだ。

つづく

 

 

 

 

 

 

職人の心得③ 弟子への提言 仕事は段取り八分

この職人の心得シリーズ、なんか偉そうに書いてるが、実は自分に言い聞かせてることでもある。
多分、今まで自分自身ちっとも出来てない。
ここへ書くことによって、これらを意識し、実行できるようにするのだ。

 

 仕事は段取り八分

 

これは、職人なら定番過ぎる言葉である。
恥ずかしいことだが、やっぱり自分自身、今までしっかりやっていたと言う自信は無い。

 

でも、この言葉通り、仕事の進み具合は、間違いなく段取りで決まる。
早め早めの段取りが、鉄則だ。

職人や弟子に、お前が言うな、と突っ込まれそうだが、これからはしっかりやる。
これからは、がんばるのだ。

 
ちなみに、段取りは主に親方の仕事である。
が、弟子のころから段取りを意識し、自分の仕事、そして現場の段取りをしっかり意識して、仕事に取り組むようにして欲しい。

 

整理整頓③ ルーティンワークを意識しろ

整理整頓は、何も工房や事務所内のことだけではない。

仕事そのもののやり方・進め方も同じことである。

今日何をすべきか、どういう風に現場を進めるか、などなど仕事全般を分かり易くし、職人スタッフ皆で共有し、効率良く進められる仕組みを作るのだ。

その仕組み作り、つまりシステム化によって、事務から現場仕事まで、自分が指示しなくても、職人スタッフそれぞれが、自分のすることを把握し、仕事が進むようになる。

これは、どうやら一般的な会社なら当たり前のことらしい、
個人商店の木神楽では、今まで意識さえしなかったことである。

 

ルーティンワークを作る

さて、そんな仕事効率化のキーポイントは、ルーティンワーク
英語でもそのまま、Routine work 。

ルーティンワークとは、決まった手順に沿って毎日、もしくは定期的に行う定常作業のことだ。
家なら、毎日決まった時間に、洗濯機回して掃除機掛けてお買い物に行って、というようなこと。
これらをするのに、毎日考えて、悩むことはないだろう。

そう、仕事の中でも毎日、もしくは定期的にしなくちゃならないことがある。
それらをはっきりと明文化し、職人スタッフみなで共有することで、仕事が円滑に進むのだ。

 

これ、自分一人の個人商店ならあまり意識しなくていいかも。
しかし木神楽は会社なのだ。
もっとも、仕事が暇になったら、自分と弟子の二人になるかもしれない。
が、あくまでも職人・スタッフがいるということを前提にして、仕組み作りを進めるのである。

 

そう、いずれ多くの家作りの依頼が来ても、
ひとつひとつクオリティの高い仕事をこなせるように、今から準備しておくのだ。

 

 

 

 

 

工房の整理整頓② 片付けると、頭の中もスッキリする

今日ももう少し、工房の事について書こう。

実は整理整頓は、子供の頃から苦手だ。でも最近になってようやく気が付いた。

片付いてないと仕事がはかどらない、そして、頭の中もスッキリしない、という事に。まるで頭の中と3次元の空間とが繋がっているかのようだ。

事務仕事でも同じことで、デスク周りが書類でグチャグチャだと、もうダメ。頭の中もグチャグチャした感じ。

デスク周りがスッキリしていると、頭の中もクリアになり、見積りも設計もはかどる。

どうして空間と頭の中が繋がっているのか。

それは、単に空間に囚われているだけなのか。

いやそうではない。

が、整理整頓され、片付くということは、今、すべき事は何か、取り組むべきことは何か、という事までハッキリとしてくる。だから余計な事を考えなくて済み、頭の中もクリアになる。

さて現状の工房の様子をもう少し。


現場が動いていると、直ぐに溜まるゴミや残材類。これは仕方ない事だが、ある程度のところで速やかに対応したい。
釘金物置場の一部。


ここも何度も整理しているが、半端に余った釘類の箱がドンドン溜まってくる。捨てるのは勿体無いが、使わずに空間を占領し続けている事が、如何に無駄か。
古建具置場


ここに収まりきらず、他の場所にも積まれている。


ここはもう何だか分からない。機械や養生類、古建具、その他不明な物がゴッチャに置かれている。
何年も置かれている使われるのかどうか分からない材料


と言っても実は時々出してはみて、ちょっと使ったりしているが、場所をすごく占領している割には、大したものは無い。

奥に見えてる黒いハコは、例のスモールハウスだ。現在は、ここで某左官屋さんの物置となっている。
つづく

工房の整理整頓

長く工務店をやっていると、現場で余った材料、残った金物類など、どんどんと在庫が溜まる。
木神楽の工房は、山の中にあり、広い敷地に、工房もとても広いのだが、やはり、材料で埋まりつつある。

また、古材や古建具もいいのがあれば貰ってくるので、それの在庫もいっぱいだ。
釘や金物、ビスなども半端に余ったものなどがどんどん溜まる。
定期的に掃除し、なるべく片付けるようにしている。
在庫があるということは、買いに行かなくても直ぐにそれを使えるので、大変仕事はし易くなる。

問題は、その在庫管理である。
どこにどの材料や、どんな釘やビスが有るのか把握していなければ使えない。
また、直ぐに出せる場所に無ければ、結局新しく買うことになり、在庫をしている意味が無い。

 

因みに、上の写真は割と片付いてる所を撮っている。

他はとても写真でお見せ出来る状態ではないと言うことを付け加えておこう。

と言うことで、工房整理整頓計画を立てることにする。

トヨタ式に言うと、カイゼンか。

取り敢えず改善点を書き出してみた。

  1. 道具、機械類の置き場所を決める。
  2. 過剰な在庫を持たない。
  3. 不要な在庫を処分する。

書き出してみるが、大したことは書いていない。

とにかく先ずは、不要なもの、使いそうに無いものはドンドン処分していこう。

いっそ在庫一掃ガレージセールでも開くだろうか。

 

四日市の町家再生⑥ 不揃いな天然素材

雨の日の今日も、四日市の現場は休む事なく進む。

 


橋本君が、内部の床を張り始めている。杉のフローリングは、30mm厚だ。

天然素材というものは、元来色は揃っているものはない。

特に杉は、白太と赤味の色の差が激しい。色に非常に拘るお施主さんだが、そこはこれで何とか納得して頂くしかない。
混雑する室内。


大工三人に、電気屋2人、あと打合せに、自分と左官屋に水道屋さん、お施主さんもみえて、
ただでさえ広くない現場は大混雑である。

ま、しかし建築現場ってのは大体こんなものだ。1業種づつ入っていたら、工事はなかなか進まない。

 

 

 


中庭へと抜ける通り土間は、材料置き場になっている。
が、人も通り抜けなければならないので、そんなに置けるわけではない。

 

 

さて、前回のトイレットの解決策は、思わぬ所にあった。

水道屋さんが工事をしてくれた排水管、何故か一か所だけ伸びてる箇所があり、そこに差し込んでみた。
すると高さもピッタリではないか!

下水に繋がっているのでそのまま流しても問題はない。

これでトイレ問題は、一件落着だ。

四日市の町家再生⑤ 窓が付いたその日

四日市の現場、屋根が出来上がり、着々と進んでいる。
ここは、珍しく現在進行形でお伝えする。

 

板金屋さんが屋根張り中。

素材は、ガルバリウム鋼板、縦平葺き。

この葺き方は雨仕舞いが良く、かなり緩い勾配でも、雨漏りしない。

 

リビング上には、天窓を二台設置。

壊す前も、天窓が二ヶ所あった。
以前と同じような位置に、また新しく取り付けた。

 

細長い間取りなので、天窓が無いと、真ん中の部屋は真っ暗なのである。

 

古い屋根を外し、勾配を緩くして新しく作った箇所。

ここ、とっても苦労した部分。
実はバチになっていて、(つまり通りが曲がっていて)橋本君が苦労して加工した箇所である。

バスルームとトイレットに、ハイサイドライトを取り付け。


ここは水周りだし、利便性も考えてアルミサッシを利用。
換気、明かり取り用だ。

キッチン横にはめ殺し窓を取り付け。


お施主さんが、ひでしな商店で見つけてきた、センスのいいレトロな硝子戸である。
さて、現場は町屋なので、非常に狭く、もちろん駐車場も無い。という事は、仮設トイレを置く場所なんて当然無い。
街中なので、立ちションなんてもってのほか。
幸い、歩いて2、3分くらいの所に解放された駅のトイレがあるので、そこを利用することにした。

 

しかし、わがままな職人達は、もっと近くにトイレが欲しい、とのたまう。
仕方がないので、何かないかと探していたらこんな良いものを発見し、早速購入。

 

PC現場トイレ/amazon


うん、これなら省スペースだし、何処へでも置ける!

しかし、ここに溜まったそれは、一体誰が何処へ運んで処分するのであろうか。

つづく

鳥羽の土壁の家⑩ 柿渋と松煙が出会った

さあ、どんどん行きます。
お次は外壁を張る。

この鳥羽の家で使う外壁材は、杉板だ。
外壁用に、腐りにくい赤身だけで製材されているものである。

杉板の塗装は、もちろんお施主さん担当。

材料にこだわる施主さんは、自然素材だけで塗装できないか調べ、柿渋+松煙というのを探し出してきた。
何と柿渋を作っているお友達がいるとのこと。
その彼のアドバイスを元に、ほんまもんの自然塗料による塗装が始まった。

松煙とは、煤であり、ここでは顔料の役割を果たす。そして柿渋には固まり防水する性質がある。
このふたつを混ぜ合わせ、塗ることにより、色付けと木材表面の保護を兼ねる。

杉板の表面は、塗装が固着しやすいように、あえて削らず荒ら仕上げとした。
塗って乾いた表面は、何かがきらきら光っていて、とても美しい黒色だ。

一度塗って乾いた後、さらに二度目を塗ってもらい、更に深いブラックとなる。

これは張るのが楽しみである。
つづく

鳥羽の土壁の家⑨ 土壁の外に断熱材を入れる理由

鳥羽の土壁の家、続編。
施主さんが、頑張って塗った荒壁。

施主様ブログはこちら→ 自然と共に

荒壁土が乾いてきたところで、さあやっと大工さんの出番だ。

と、言いたいところだが、実はまだまだ土塗りは続く。
荒壁の上に貫伏せ、そして大直し、というさらなる左官仕事が待っているのだ。
荒壁の状態では、土壁というのはそれほど強くない。そして貫という構造体も見えたまま。
その上にさらに土を塗っていく事によって、壁の厚みを増し強度を出すのだ。

 

 

この作業は、外壁を張る前にしなければならない。ここも、もちろんお施主さん施工。
セミだろうが何だろうが、セルフビルドである以上、お施主さんに休む暇なんてない。

 

 

そうして、外部周りの大直しが出来たら、ようやくここで我々の登場である。
先ずは窓を取り付け、そして外壁下地を作るのだが、この現場では断熱材も入れる。

 

 

土壁にも断熱作用は有るが、あまり期待は出来ない。どちらかと言うと、蓄熱、蓄冷するものだ。

そうした時、土壁の外側に断熱材を入れることによって、土壁自体が外部の温度変化の影響を受け難くなり、室内温度も一定に保ちやすくなると考えている。

 

 

ここで使用した断熱材は、フォレストボードという、杉皮とパルプを固めたものだ。
この材料は、透湿性があり、土壁の吸放湿性能を損なわないし、天然素材100%である。

このように、土壁に密着させ、この上に胴縁という下地を打ちつけ、外側に通気層を設ける。
通気層とは、文字通り空気が通り抜ける層である。
断熱材内部に侵入した、雨や湿気を乾かせるために必要である。

そして、次は外壁だ!

つづく

 

四日市の町家再生⑤ 解体始まる

さあ、四日市の現場の続きに戻る。
工事に先立って、先ずは中の荷物の片付けと、改修部分の取り壊しだ。
ここは、お施主様が頑張って行われた。
沢山あった荷物や家具は、ゴミに出したり、不用品引取り・お友達に貰ってもらうなどして、処分。
解体もお施主さんが中心となり、御手伝いを含め、進行。
普段デスクワークのお二人にとっては、大変な作業であったと思われる。

奥の離れ屋。プリント合板などの建材は全部剥がす。

中庭の下屋根部分は、作業性を考え、両側の壁と、風呂周りのコンクリート壁を残して、あとは解体。


そして、いよいよ我々の工事が始まった。
工事する場所は、主に中庭に面した水周りの部分。3尺巾の通り土間を抜けなければ、ここへはたどり着けないのだ。
どういうことかというと、大きな機械での作業は出来ないということ。
よって、基礎工事から、手で穴を掘ってコンクリートも手で練って、という人海戦術なのだ。

そしてさらにそこからが難しい所だ。既存のコンクリート壁や梁の上に柱を立て、屋根を掛けるのに難航する。

何故なら、古い家は、ちっとも真っ直ぐ建っていないし、高さも下がっていたり、カネも出てない(いわゆる90度でない)。

よって寸法を出すのに時間が掛かる。が、リフォームとはこういうものだ。


この複雑な増築の棟梁を務めたのは、叩き上げの大工、橋本君だ。そこをある時はボーダー、ある時は大工の坂下さんが補佐する体制で進めた。

 

そして、いよいよ屋根まできた。


この日は、鳥羽の現場で仕事をしていた弟子の桝屋も呼び寄せ、自分も参加していっきに屋根を仕上げる。

ここまで来るのに苦労したので、皆嬉しかったと思う。
もう、建前みたいに屋根から餅まきしたかったくらいだ。

これでようやく、中の造作工事へと進めるのだ。

つづく

 

 

静岡遠征日記② 富士で土壁を塗る

さて、この北山さんの現場でも活躍するのが、流浪の民ならぬ、流浪の左官、小山氏だ。

 


髭のクマさん小山さんと、ハンチング帽がトレードマークの北さん。

 

 

ここでも当然ながら、荒壁は、1年以上藁を漉き込み寝かしてある。もちろん編み上がったえつり竹も自分達で切ってきたものだ。

 

 

今回は、公開イベントなので、参加者が続々と集まってくる。


子供たちも来ていて荒壁付けの講習のあと、一緒に土塗りをする。

 

ちなみに子供達が塗っている場所は、土壁が見えなくなる箇所だから、まあちょっとくらいデコボコでも問題ない。

 

 

 

 

さて我々三重組は、せっせと荒壁塗りのお手伝い。前田は、左官屋顔負けのコテさばきでドンドン壁を塗り付け、sigezoは、せっせと荒壁を運び、自分は、主に土差しをする。土差しというのは、土を塗っている人に、土を受け渡す役割りのことだ。



お昼を挟んで、夕方迄お手伝い。

土塗りイベントは、翌日の日曜こそが参加者も多いメインの日だ。
が、次の日予定のある我々は、涙を飲んで帰宅するのであった。

おわり。