• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

速報  鳥羽の家内覧会実施中

ここは、鳥羽市幸丘。小高い丘の上にある、閑静な住宅地だ。

周りの雑木林の山々からはウグイスの鳴き声、遠くには、電車の走る音も聞こえて、とっても居心地の良い場所である。

 
さて、今日から始まった内覧会。

一年越しで完成したお客さんのお家をお借りして、今日明日と開催中だ。

別に暇なわけではない。

外は暑いが、家の中は気持ち良い風が吹き、皆んなノンビリと昼下がりの時間を楽しんでいる。

さて、昨日、プロカメラマンに撮ってもらったとっておきの写真を、少しだけ公開しよう。

 

 

 

これは、夕刻、東側から撮った様子。

施主さんが苦労して張っただけあって、シダーシェイクの外壁が素晴らしくカッコいい。

 

 

 

南面の土間を中心に外から見た写真。

何だか、ハリウッド映画に出てくる、どこか外国の別荘のようではないか。

 

 

キッチンカウンター前から、リビングを眺めた写真
どう見ても、何処かの高級ホテルのロビーと見紛うばかりである。
実物も大変素晴らしいのであるが、こうしてプロカメラマンに掛かると、全く見違えてしまう。

 

 

しかし、やはり実物の家を見て欲しい。まだ来てない方は、明日もやっているので、是非とも見に来て欲しい。
場所は、鳥羽市幸丘。詳しい場所は、木神楽 高橋 090-3385-2706 までお問い合わせを。

ピザ窯続編  移動式なのだ

注)これは2年前のお話。

 

 

そして、小山左官の手で、いちおう形になったピザ窯は、さっそく、子供会の夏休みイベントで活躍した。

 

さて、子供会イベントは、当然ながら工房でやるわけではない。作ったピザ窯を、そのイベントを開催する会場まで運ばなければならない。

土を分厚く塗って作ったピザ窯は、人力で持ち上げることなど出来っこない。

 

ピザ釜は、リフトで動かす

 

そこで、リフトの登場である。木神楽は工務店なので、材木を移動させる為のリフトがある。
ピザ窯の台にパレットを使ったのは、リフトで移動させる為だったのだ。

リフトですくい上げたピザ窯は、トラックに載せられ、会場まで運搬。
さぁ、会場についたら、その重たいピザ窯はどうやって降ろすのか?

 

答え=降ろさない。

会場は、ただの公民館である。トラックから降ろすためのリフトなどはあるはずも無いので、降ろさない、というか降ろせない。

 

トラックの荷台に載せたまま、着火だ。

 

もちろん、細心の注意を払っているが、車の荷台の上、しかもガソリン車のトラックでやる事は、もう二度と無いであろう。

 

ちなみに、台の中に空き缶を使ってあるので、そこで断熱し、下まで熱が行くことはない。
とにかく、子供達もお母さん達も楽しんでくれてよかったのだ。

 

 

ピザは、生地をたくさん用意し過ぎて作り過ぎ、とてもとても食べ切れないほどであった。
いくら美味しくても、ピザばかり、そうたくさん食べられるもんでは無い。

 

 

工房紹介④  ピザ窯を作ろう

工房紹介番外編

木神楽の工房には、ピザ窯がある。

2年ほど前に、左官屋さんに作ってもらったものだ。
では、ピザ窯の作り方をレクチャーしよう。まずは、材料の準備から。

  • 材料     赤土、空き缶、パレット、板切れ、ベニヤ、新聞紙、耐火レンガ数個

赤土は、近所の山で採ってきたものだ。パレットとは、資材を載せリフトで運ぶ台の事。
では、さっそく作ろう。

  1. 先ずは、作りたい場所に、水平になるようにパレットを設置。土の上に木のパレットを置くと腐りやすいので、要注意。
  2. パレットの上に木枠を作り、空き缶を敷き詰め、水で練っで粘土状になった赤土を敷く。
  3. その上に木とベニヤ、新聞紙などで、ピザ窯の大きさの型枠を作る。(これは、内部の大きさとなる。)
  4. 窯の入り口を、耐火レンガを使って作る。
  5. 型枠の周りに、粘土を厚く付ける。

と、まあ簡単に書いたが、あなたに出来るかどうかは分からない。

左官屋さんは、ここまで約2日。

この後、しばらく土を乾燥させる期間が必要である。

急いで乾燥させたい場合は、中で弱火を起こして、でもなるべくゆっくり乾かす。


急いで乾かすとヒビ割れの元である。何でも急激な乾燥は良くない。

この時は、急いで乾かしたかったので、火を入れて乾かした。

案の定、少しヒビ割れが入っているが、それはまた土で埋めたらいいので、それ程深刻になる必要は無い。

松阪の土壁の家⑫  地盤の話

さて、この家の地盤作りの話だが、よく考えたら、このシリーズの一番最初に書いていた。

→  松阪の土壁の家 2016年10月2日

そこに書いてある通り、地盤は、土建屋さんに頼まず、土木のプロであるお施主さんと木神楽のメンバーで、一緒に作った。

この家を建てる場所は、あまり地盤が良くなかった。だから土壁の重さはあるにしろ、屋根やその他でなるべく軽量化を図ってある。

 

 

50センチ近くかさ上げしたのは、道から少し下がっていたからだ。
また、道やその他の高いところから流れてくる水を止めて、地盤の環境をよくする意味もある。

 

かさ上げする割栗石や土は、一層ごとに叩き締め、何層にもした。

割栗を使うのは、その面の地盤を固めるのと同時に、水はけをよくする為だ。

 

 

これは、斜面の上から来る水の流れを止めて、横へそらす為の溝。
生石灰を撒き、その上に割栗石、砕石を敷きつめる。

 

そして、かさ上げした分、隣地との境には、石を積む。
普通ならブロックの擁壁になるところ。

この石積み、施主さんが器用にユンボ(ショベルカー)を使いこなし、あっという間にやってのけた。
ユンボのオペレーターとしても素晴らしい腕前である。

 

施主さんとしては、雑に積んだのであまり見て欲しくないらしいが、かっこいいので、公開しちゃう。

 

路地に面したところは、残念ながら、杉の赤みで作った土留めを作り、土で埋めた。
施主さんとしては、どうしても見せたくないらしい。

将来、杉板が腐る頃には、そこに丁寧に石を積むか、他の方法を何か考えるとのこと。

 

そんなこんなで、地盤作りは終わる。期間としては、最初に土を入れ始めてから2ヶ月ほど。実働はひと月も掛かってない。

この一連の作業を経験することによって、地盤への意識が高まった。

施主さんは、今回の自分の家作りだけでは終わらず、今後更に、自然の力を利用した、自然に歯向かわない土地作り、地盤作りを突き詰めていくことだろう。

彼の今後が、非常に楽しみである。

 

 

 

 

松阪の土壁の家⑪ 三和土工事は、ハードワークである

さて、松阪の家の玄関三和土は、小山左官が叩いて作った。
そして、玄関外のポーチの三和土は、何とお施主さん施工である。
叩いて作っていく過程は、非常に単純明解だが、中々奥が深い。
土の配合、叩き締める具合、そして苦汁の役割など、非常に興味深いものだ。

 

半田の家 玄関三和土

 

工程の写真は無いが、何層にも渡って順々に叩いていく。最後は、表面が黒光りするくらいまで叩き締める。
使う道具は、左官屋手作りの、叩き棒だ。

その棒を使って土面を強く叩き続けるのだが、それは腕にかなりの負担なのだ。
それって機械で出来ないものか、と思われるだろうが、微妙な叩き加減が、機械では中々上手く再現出来ない。

せめて、もっと腕に負担の掛らない叩き棒が作れないか、と考え中だ。
さて、ポーチの三和土を自分で作った、ここのお施主さんは、結構色々出来る人だ。
お仕事は土木系なので、土やセメントなどについての知識が半端なくスゴイ。

そして、ここの地盤はお施主さん監修のもと、木神楽とお施主さんで作ったのだ。

次回はそのお話しをしよう。

 

松阪の土壁の家⑩ 三和土とは

松阪の土壁の家は、施主さんのこだわりが半端ない。

 

そのひとつが、コンクリート、セメントに頼らない家作りを追求している、というところだ。
通常の家作りにおいては、コンクリートやセメントを使わないなんてことはあり得ない。
実は、木造住宅程度なら、必ずしもコンクリート基礎は必要でないと自分も考えている。もちろん、それには、それなりの条件はある。

その条件とは、地盤、間取り、そして構造だ。
さて、昔から建っている伝統的な建築には、コンクリートやセメントは使われていない。それは当然で、その頃はそんなものは無かったからね。
先人の匠達は、工夫を凝らし、その地にある自然から採れるものだけを使い、地盤を固め、基礎を作り、家を建ててきたのだ。

 

ここで言いたい事は、コンクリートやセメントに頼らなくても、長持ちする家は作れる、ということだ。

問題は、じゃあそれで地震に強い家が作れるのか、というところだが、それはまた別のところでお話しする。

 
さあ、前置きが長くなったが、松阪の家の話に戻ろう。

 

 

ここの玄関土間は、三和土である。

三和土とは、読んで字の如く、三つのもの、土・苦汁・石灰を混ぜて作る土間を言う。当然ここではセメントは使用されない。

完成した三和土は、普通の人が見たら、おそらくコンクリートと勘違いするだろう。それほど固く締まった土間を土で作ることが出来る。

 

 

しかし、この三和土作りは大変だ。なめて掛かってはえらい目にあう。もしくは失敗する。

ひと現場、三和土仕事をやると、さすがの小山左官も数日間寝込むほどの労力が必要なのだ。
ま、それは大げさにしても、本当に体力を消耗し、身体を壊すほどである。

 

つづく

工房紹介② いちおう事務所

さて、そんな木神楽の工房を、写真付きでご案内しよう。

 

 

入り口は、前回にも載せたが、林の中の道路に突然現れる看板が目印。
ここをぐっと奥へと上がっていく。

 

上がった入り口付近は、父親の遊び場なので、そこへ行かず奥までぐっと進んでもらうのがよろしい。

鹿や猪のこと、山菜のことなどが知りたかったら、父親の方へ行くのが正しい。

周りはごらんのように木々が覆いかぶさるように茂っている。

 

 

では事務所をちょろっとお見せする。

 

事務所入り口の看板。
建設業を営む者は、この看板を掲げるのが必須だ。
手作りなのは、別にお金が無かった訳ではない。板は柿渋で色を付けてある、こだわりの看板なのだ。

 

事務所の中へ一歩入ると、リビング、じゃなかった、打ち合わせ場所がる。
建築関係を中心に色々本は取り揃えてあるから、のんびり本を読みに来てもらうも良し。

 

 

 

使っているストーブは、北海道の新保製作所のものだ。  → 新保製作所
安価だが、シンプルで使い易い。

 

 

奥には、ほんとの事務スペース。
日々の事務仕事、設計はここで行われる。

 

事務所内はこれでおしまい。
これ以上は、乱雑な様をお見せすることになるので、止めておく。

次回は、いよいよ工房の方をご紹介!

 

 

鳥羽の家、内覧会お知らせ 6/10,11日

 

つ、ついにこの日がやって来た!

 

 

鳥羽の家に、お施主さんが引っ越すことになり、その前に内覧会を開催することとなったのだ。
ここで、ざっと鳥羽の家作りの経過を見てみよう。

 

建て前をしたのは、ちょうど一年前

 

この現場、建て前をしたのが、ちょうど一年前の6月アタマ。
それから、お施主さんによるセルフビルドと木神楽との協働作業にて、ようやく、完成まで漕ぎ着けたのだ。

この現場は、美杉町の新月伐採の杉を使い、伝統的な構法を多用した住宅。
しかし、現代的な設計(の、つもり)により、新しく、しかし懐かしい、そして長持ちする家を目指して作られた家だ。

 

セルフビルドとの協働作業で家作り

何といっても、お施主さんによるセルフビルド(土壁、その他多数箇所)があるというところが大きい。

頑張れば、ほらこれを読んでいる貴方にだって出来ちゃうのだ。

 

 

鳥羽の土壁の家 内覧会 6月10日(土)、11日(日)

場所は、鳥羽市幸丘。小高い丘の上にある、静かな住宅地。
海も山も程近く、遠くに電車の音が聞こえる気持ちのいいところ。
見学希望の方は、詳しい場所をお知らせするので、木神楽高橋までお問い合わせを。

ちなみに、近鉄船津駅から、徒歩6分です。電車でノンビリ来るのも良いかも。

高橋連絡先→電話090-3385-2706
もしくは、お問い合わせページまで

 

富田の古民家を見る

古民家好きの仲間で結成された、チーム古民家。
→ チーム古民家についてはここをご参照あれ 四日市で古民家再生はじまる

 

 

この日の視察場所は、四日市市富田。
依頼内容は、受け継いだ古い民家があるのだが、再生出来るか見て欲しい、ということである。

現在工事中の四日市の現場から近いではないか、ということで、チーム古民家の面々で第一次調査に赴く。

この地域へ来るのは初めてであったが、この付近は、古い町並みがたくさん残っていることを初めて知る。

この町全体を見てないが、 この様な町家住宅が並ぶ道が、何本もあるようだ。

海に近いことから、昔の漁師町、そして東海道沿いであることから、宿場町としても賑わっていたのか。


駐車した場所から目的地まで歩いて行く道すがらも、興味深い町家が並ぶ。


 

 

 

さて、道草をしつつ、ようやく辿り着いた目的の家がこちら。

 

 


こぢんまりとしつつ、中々良い佇まい。典型的な町家住宅である。

 

 

お施主さんに話を聞くと、明治期に建築されたという事なので、築100年以上だ。


裏に回って見ると、二階が増築され、そこにまた屋根を掛けたり、何度かの増改築が行われている様子が見て取れる。


中へ入ってみると、永年空き家だっただろうせいか、荒れた感じはあるが、しっかりした構造でそれほど傷みも見られない。


裏側の方は、やはり瓦が傷んでいる。そして水周り部分も地盤が沈下しているようだ。

 

 

 

 

さてこれをどう保存するのか、どう活用していけるのか、 それは今後、施主様と相談していくことになる。
ここでもやはり屋根瓦が傷んでいるので、先ずは屋根の補修が必要である。

そして色々付いてる増築部分は、いっそ取り壊して、明治期建築の建物だけにするのが、今後の家の管理もし易いのではないだろうか。

四日市の町家再生⑦左官工事始まる

さて、現在の四日市の現場の状況をお知らせしよう。

 

外壁に焼杉を張る

四日市の現場の外壁は、焼杉だ。
焼杉とは、読んで字のごとく、杉の表面を真っ黒な炭になるまで焼いたもの。


焼かれて炭化した部分は、腐らないので、耐久性が増す。そして見た目もシックなブラックになる。

ここで使用しているのは、焼いた後に表面をブラシで擦ってある。そうする事によって、表面を触った時に、手に炭が付きにくくなる。

 

タイル張りの風呂

 

 

ここの風呂はユニットバスは使わない。

昔ながらに、壁や床にタイルを張って仕上げるのだ。

そしてお風呂を作りに、左官屋さんがやって来た。


いつもの小山さんと、そして最近いつも小山左官の手伝いをしに来てくれるケンちゃんだ。

この風呂を作る場所は、以前もお風呂があった場所である。昔のコンクリート壁を利用して、また新たに風呂を作る。

そして、お施主様が選んだとっておきのタイルがこれだ。

 

 

その名も、ニューヨークヘキサゴン。


何だこれは?6角形?
そう、ヘキサゴン=6角形 である。

これを貼るのは大変そうだよ、小山さん。

 

Small House COLUMN 発表

 

さて、現在進行中のスモールハウスの提案図面をちょろっとご紹介しよう。

 

 

 

Small House COLUMN!

英語で書いただけで、訳すると、円柱型スモールハウスである。
下が立面イメージ。上にあるのがUFO、じゃなくて、平面図だ。

こんな感じの家は、モンゴルとかアイヌの家で見かける。
さてここからが重要。
実は、宇宙での標準形は、何事も丸なのだという。
地球上で、しかも唯一人間だけが、四角い家を作り、住んでいるというのだ。
丸いと、何かとデッドスペースが生まれる気がするのだが、、
いやいや、よく考えてみると、それは実は、現代のあらゆる住宅機器や家具が、家が四角いことを前提につくられているからである。

 

 

しかし、人間、真っ直ぐなものを作るのに慣れている。それが今のこの世界では作るのが楽だからだ。

でも、楽ばかりしていてはダメだ。
本当に真実なるものを追求して、この丸い家を提案するのである。

 

 

ただ今のところ、細かいところまでの作り方は決まってない。あくまでもイメージのみである。

そして、実際にこの計画が了承され、晴れて着工されるかどうかは分からない。

しかし、きっと実現すると、固く信じているところである。

 

 

木の家ネットとの出会い

さて、そもそも話つづき。

そうして会社を作ったはいいが、さして仕事が増えるわけでもなく、それでも何なりと大工仕事をやっていた。

そして、ある日、いつものごとく、友人大工の建て前応援に行った先で、それは起こった。
なんだか変な大工と出会ってしまったのだ。

やたら愛想のいい大工と出会う

職人って、普通は初対面ではムスッとして、あまり愛想良くない。が、彼は違った。
やたらと人懐っこく、面白いことを言っては人を笑わせたりして、直ぐに友達の輪を作ろうとする。

案の定、自分もそれに巻き込まれて、友達となる。
それがH峯建築設計のI山大工だ。
(本人の了承を得てないので、ここでは匿名とさせてもらおう)

ご本人のイメージ図。ギターを弾く彼の影響で、自分も音楽を楽しむようになる。

 

 

そんな風に、どんどんとネットワークを広げていく彼。
そして、そんな彼に紹介されて一緒に入会したのが、「職人がつくる木の家ネット」だ。

 

全国の職人のネットワーク、木の家ネット

 

木の家ネットでは、全国にいる様々な職人、工務店の経営者、そして素晴らしい設計者と出会い、勉強させてもらうこととなる。
木の家ネットでは、顔の見える関係を大切にしている。
そして、それぞれがいい仕事、いい家作りが出来る環境を整えようとする場でもある。

 

 

まだ見たことないかたは、是非とも木の家ネットのサイトを覗いてみて欲しい。
全国には色々な職人がいて、みんな、いい家作りを行っているのだ。

 

 

なぜ大工になったのか

そもそも話。

今日は何で自分が大工になったのか、何で工務店を経営しているのかを書こう。

 

父親が大工だった

 

そう、大工になったのは、一言で言うと父親が大工だったから。
小さい時から、自分は大工になるもんだとずっと思っていたのだ。

 

だから高校へ行く時も工業高校の建築科を選ぶ。
そして、卒業と同時に、大工の見習いを始めた。

仕事を習ったのは、隣町で工務店を経営している大工さんだ。
その親方は、地元の入母屋造りの立派な家を1年間に1〜2軒建てるペースだった。
そこでは、市場で丸太を仕入れ、製材して柱にするところから始める。
ゼロからの家作りを学ぶ、良い場所であった。

そこで、約6年の修行のち、父親の大工仕事を手伝い始めることになる。
そして数年のちに代替わりして、法人にしたのだ。

 

会社をつくる

 

ちなみに、大して仕事もないのに、法人を立ち上げる必要があったのかどうかは、あまり問題ではない。
会社を作りたかったから作った、ただそれだけなのだ。
その時、お金は無く、時間はたくさんあったので、会社の作り方マニュアルみたいな本を買って、自分で登記する。
でも会社にしたからといって、仕事が増えるわけではない。
最初は、父親の代からのお客さんや、トイレリフォーム専門とか色々と経験させてもらう。

 

つづく

 

松阪の土壁の家⑨ 漆塗りの床

いつまで経っても終わらない松阪の土壁の家のはなし

 

ここの現場はこだわりの固まり。自分もとことん考えて設計したし、職人もとことんやったと思う。
しかし、やり過ぎて、採算が取れているのかどうかは分からない。
そんなやり過ぎてしまった、こだわりポイントを少しづつ紹介しよう。

 

 

トイレの床に漆を塗りたい

実は10年以上前の現場で、トイレの床に漆を塗ったことがあった。 → 半田の家
それを見た施主さんが、うちの床も漆にしたいと言い出した。
「それはいいアイデアですね!」
と乗り気な私。漆は、天然である上に、最強に強い塗料である。そして素晴らしい色艶が出る。

でも普通の家には塗らない。なぜなら漆は大変高価。そして何より手間が掛かる。

 

漆は簡単には乾かない

正確に言うと、塗料のように、水分や揮発性の溶剤が蒸発して乾くのではない。
空気中の水分と化学反応を起こして固まる。だから乾燥したところに置くと、かえって乾かない。

漆を乾かすためには、湿度の高いムロを用意してその中へ入れなければならない。
何より、漆はかぶれる!取り扱いが大変要注意なシロモノである。

 

 

かぶれにくい漆を見つける

そんなこんなで、弱気になっていた私だったが、そこは最強こだわりニストな施主様。
インターネットで調べつくして、かぶれにくい漆、というのを見つけ出した。
しかもその漆は、ムロの中へ入れなくとも乾くのだという。でも少々お高い。

そこで、お施主さんからありがたいお言葉が。

「それ、僕が購入しますから、是非塗ってください」

ありがとうございます!ということで、そのかぶれにくい漆を買っていただき、杉の床板に塗ったのだ。

漆はチューブに入っている。販売しているのは、鈴鹿の伊勢型紙おおすぎさん

 

丁寧に下地処理をして、一回目の塗装。

 

 

そして一晩置いて、二回目の塗装。今回はこれで終わりとした。
このように薄く塗るのを、拭き漆と言う。薄いが、塗膜は中々強い。
木目が出て、大変美しい。

 

塗っている過程で、素手で触ってしまった弟子の桝屋が、かぶれてしまった。
私も手についたが、なぜだか平気。ま、かぶれにくい漆ですから。

 

そして、この漆を塗ったトイレの床は、素晴らしい仕上がりとなった。
もう、このスペースで暮らしたいくらい。

 

 

この他にも、このトイレのカウンターや、キッチンカウンターなどにも漆を塗った。
詳しくは、作例を見てもらって、どこに塗ってあるのか確認してもらいたい。

→ 松阪の石場建ての家

スモールハウス⑥ そして市場で公開

モバイルハウス、木のカフェの続き。
二日間のイベント期間中に完成しなかったので、持ち帰って工房で続きをやることにする。

ご覧のように、車輪を付けて、動かせるようになっている。
側面全てに板を貼ったので、かなり重い。

 

 

工房で、あと残りの板を張り、扉や開く屋根の部分とかを細工し、完成。
もちろん、軽トラに乗るサイズだ。

 

 

そして、次のむらのわ市場にて、いよいよお披露目。
もちろん、実際にお店として利用した。

その時の様子を、加納カメラマンによるダイジェスト写真でご紹介。

 

美杉むらのわ市場は、ご覧のように自然豊かな山の中で開催されている。
出店が許されているのは、オーガニックと手作りにこだわったお店のみである。

 

 

 

さて、このお店のオーナーを紹介しておこう。

むらのわ主催者でもあり、この店のオーナーでもあるピーさん。
何でピーなのかは、直接聞いてもらいたい。

彼女は、手作りのおにぎりやお味噌汁などを出店。
また、うちにいた大工の前田とコラボして、手作り、完全オーダーの下駄を提供している。

現在は屋号を木花と名前を変え、活動中だ。

 

このモバイルハウス木のカフェ号は、作例紹介のところに写真があるので、詳しくはそちらを見てもらいたい。

 

モバイルハウス 木のカフェ