• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

傷みにくい塀を作るには?〜塀の修繕工事その1

傷みにくい塀を作るには?〜塀の修繕工事その1

雨が切れやすく、乾きやすく作る

塀は、基本雨ざらしであるので、木で作る場合は大変傷みやすい。それをどうやって長持ちさせるか、であるが、雨に濡れても乾きやすい構造を作ることがポイントである。ここでは、塀の修繕の実例を見ながら説明していこう。

とある御宅の塀が台風で倒れたので、補修させていただいた。この時の強風では、ここ三重県でもかなりの被害が出たので、覚えてみえる方も多いだろう。

柱のホゾが折れて倒れた塀

この塀は、おそらく作られて15年程度。強風が当たらなければ傷みながらも、もう少し長持ちはしただろう。

石垣の上にある塀が倒れている。ここは川沿いで、周りも開けていて、風が当たりやすい立地だ。

柱の根元のホゾが折れて、外れてしまっているのが分かる。この部分に雨が溜まって傷んでいたのだ。
よく見ると、腐ってきているところも見受けられる。

最初は、何とか補修しようと考えていたのだが、腐っている部分が多く、最終的には新しく作り直すこととなった。

赤身材で作る

辺材である白太部分は、どうしても腐りやすい。檜であっても白太部分は腐りやすい。ここでは杉の赤身材を使った。

刻んだ材料に塗装する。塗料はプラネットカラーのウッドコート。これらは柱。
これは土台と天端の笠木。

水が溜まりにくい構造にする

写真は、土台部分。ここの上部は勾配を付け、さらに板金を被せて水が中に入理にくいようにした。柱のホゾ穴部分は下まで突き抜いて、水が排出されやすくなっている。

組み立て途中の様子。
この後、天端の笠木にも板金を被せた

大和張りの塀が完成

大和張りとは、板を表と裏と交互に張ったもの。風は抜けるが、視線は遮るという優れたデザインだ。これらは元あった形を踏襲した。前と変更したところは、土台周りに板金を被せたことと、土台の穴を貫通させておいたこと。これで今度は、どれだけ長持ちしてくれるだろうか。

そうそう、この御宅では他にも倒れた塀があるのだ。

玄関の両脇に立つ塀が倒れた

これも直させていただいたが、その様子は次回にお伝えしよう。

アバター
木神楽 もっかぐら 高橋一浩

大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。 《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。