• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

伊賀の石場建ての家(7)石を据える

伊賀の石場建ての家(7)石を据える

新年明けましておめでとうございます。

さて、いつから止まっているのか分からないくらい、ブログ更新が滞っていたが、またボチボチ再開したいと思います。

まずは、伊賀の石場建ての家。

現在の工事状況についてお知らせしましょう。大工工事は粗方終わり、左官屋さんが、壁の仕上げ塗りに入っているところです。

ここまでの工程は、かなり工期が掛かっています。昔ながらの家づくりは時間が掛かるものです。

前回のブログはこちら → 伊賀の石場建ての家(6)環境負荷の低い石場建ての家

ここでは、前回からの工程の続き、石場建ての石を据えるところから書き始めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、石を据え付ける場所に穴を掘り、そこに焼いた木の杭を打ち込みます。この杭の役割は地中に有機的環境を作り出すことです。その上に割ぐり石を密に敷き、礎石を据えます。

玄関と風呂は、延べ石を据えます。これらは下の土を掘り、高さを調整し、石の天端が揃うようにします。

これらは全てコンクリートを使わず、土と石、それに石灰を混ぜるなどして地盤を固めています。

続く

木神楽 もっかぐら 高橋一浩

青山高原の麓に工房を構え、三重の木と自然素材、また伝統的な木組みによる家作りを行っています。