• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

海が見える山の家リフォーム(6)床断熱編

海が見える山の家リフォーム(6)床断熱編

続いて、床断熱について。

 

改装部分の床は、厚み30mmの杉板を張るのだが、その下地の隙間に断熱材を入れる。

 

 

床に入れるのも、天井に使ったのと同じ、押出法ポリスチレンフォーム。

下地の都合上、ここに入れたのは、厚みは25mm〜20mmだ。

 

 

 

つづく

 

 

木神楽 もっかぐら 高橋一浩

青山高原の麓に工房を構え、三重の木と自然素材、また伝統的な木組みによる家作りを行っています。