• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ラフターズカフェ制作日誌(10)Web内覧会その1

ラフターズカフェ制作日誌(10)Web内覧会その1

さて、厨房機器も搬入され、2月あたまにお店はオープンすることになる。

さあ、ここでは完成した店内をご案内。

まずは、お店の外観。

ここはビルのテナント、スペースは限られている。そこを生かすべくデザインは慎重に。

オーナーの希望イメージを睨みながら、なるべくシンプルに、そして外から中が見通せる窓と扉の配置にする。

外壁は、モルタルにペンキを塗装。格安でできる工法である。

大きめのfix窓は、割れないように厚さ8mmものガラス。

入り口扉は、解体前のここに付いていた引き戸を再利用。

板を張り替えたり、寸法を変えたり、色を塗ったりと手を掛けたら、見違えるようにいい雰囲気になった。

お店のロゴは、デザイン業を営むオーナー様(兄)制作。

この看板も、余った材料でオーナーが自作する。

入り口扉の取っ手は、鳥羽の現場でも使ったサルスベリの枝を利用。

そして、その扉を開けると、まず目に飛び込んで来るカウンター。

このカウンターも、こういう雰囲気でこういうデザインにしたい、というオーナーの強い希望があって形にしたものだ。

天板は、ガルバリウムの無塗装板、腰板はチップボード。高価な材料ではないが、センス良くまとまったと思う。

こちらのロゴとそれを照らす照明はオーナー制作。

このカウンターも、実は前のお店の棚を再利用したものだ。

前のお店に付いていた吊り戸棚を外し、それを適当な大きさにカット、そこにチップボードと天板を張って製作したのだ。

つづく

木神楽 もっかぐら 高橋一浩

青山高原の麓に工房を構え、三重の木と自然素材、また伝統的な木組みによる家作りを行っています。