• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

ラフターズカフェ制作日誌(5)店の顔を作る

ラフターズカフェ制作日誌(5)店の顔を作る

着々と造作工事が進む、ラフターズカフェ。

まずは、取り壊してしまったお店の入り口を作る。

 

外観のデザインは、FIX窓一枚と、開き戸だけのシンプルなもの。
窓ガラスは、大きいので、8mm厚のガラスを入れる。

 

外壁は、ヒゲの左官ことK山氏によってモルタルが塗られる。

仕上げは、漆喰になるか、何か塗装をするのかは、この時点では未確定だ。

 

扉は、以前の入り口を再利用。

引き戸2枚を、両開きドアに変える。

このままでは使えないので、工房へ持ち帰り加工する。
2枚の大きさを揃え、高さも少し足して、板も張り替え。

 

そして引き手にサルスベリの枝を取り付け、オーナーが色を塗ると、リユースとは思えないおしゃれな扉の出来上がり。

 

木神楽 もっかぐら 高橋一浩

青山高原の麓に工房を構え、三重の木と自然素材、また伝統的な木組みによる家作りを行っています。