小さく住む家⑭引っ越しの日を迎える

11月に入り、いつの間にか北風が吹く季節となった。

このスモールハウス、先日から内装ばかり進めていて、外部がまだ手付かずだ。

なぜなら、10月末にはお施主様の引っ越しが控えており、なんとかそれに間にあわせる必要があったのである。

かくして何とかお引越しまでに内装はほぼ出来上がり、通電し水道も通った。

 

お施主様が作った仮のポストもお取り付け。

 

とはいえ、外回りはまだこんな状態。

実はガスもまだ繋がってなくて、この後しばらくご不便をお掛けすることになる。

 

 

 

そして、ようやく我々は、外壁の工事に手をつけることになるのだが、ここからがまた苦難の始まりであった。

続く

 

高橋一浩
  • 高橋一浩
  • 大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。
    《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。