• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

鳥羽の土壁の家⑧ 土壁を付ける

鳥羽の土壁の家⑧ 土壁を付ける

鳥羽の家、現在もうほとんど完成している。連休中に、施主様セルフビルドの最後の追い込みで、仕上げまでいくのではないだろうか。

さ、話は去年に戻り、建て前が終わったところから始めよう。

建て前が終わり、いよいよ本格的にセルフビルドの始まりだ。土壁は全部セルフビルドだ。
左官屋さんにアドバイスを受けながら、えつり掻き、そして荒壁付けへと進む。

はい、お施主様ご夫婦登場。
基礎工事から始まり、土壁の準備や施工まで、ほんとに良くがんばりました!

 

木神楽メンバーも、荒壁を付ける初日に、お手伝いに行った。

土を練り直し、藁すさを足して、固さ加減を調整。
そして、施主様が編んだ竹小舞に、荒壁を塗りつけていく。

皆、泥だらけになるし、土は藁を入れて発酵しているのでとっても臭いのだが、それは全く苦にならない。
何でか、荒壁付けって楽しいのだ。大人の泥んこ遊びってもんだろうか。
こういう作業で、家が作られていくっていうのは、何度経験しても気持ちが良い。

 

 

アバター
木神楽 もっかぐら 高橋一浩

大工歴30年、小さな工務店大工社長が綴る独断と偏見のBlog。 《木神楽》青山高原の麓に工房を構え、木と土の家・古民家再生・タイニーハウスなどを主に手掛ける。お役に立てることがあれば、何でもご相談を。